まことのことばはここになく     修羅のなみだはつちにふる

2006年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:brutalsmile
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
ミッドナイトサマー / 2006年06月02日(金)
みんなは奇跡と言う物を信じるだろうか?

俺は奇跡なんて一度も信じた事なんてなかった。
奇跡なんて事があるとしたら
今頃、俺は奇跡が起きて、
俺の街で迷子になり困ってるアラブ辺りの石油王を道案内して
お礼に一生遊んで暮らせる位の謝礼金をもらって
青と白のコントラストの南の島で金髪の美女とトロピカルなカクテルでも飲んでるだろう。

しかし奇跡なんて起きてはいない。
俺は今日もこうして缶ビールを飲みながら
誰が読むかもわからない文章を書いている。


だがこの湿った街の中で爽やかな風が吹いた瞬間
俺は生まれて初めて奇跡を体験したのだ。
自分に降りかかる奇跡。
それも同時に二つもだ。
同時に起こってはいけない奇跡。

夢が叶うのだ。
ふたつの夢が叶いそうなのだ。
しかしこれも奇跡の妖精のいたづらだろうか。
叶えれる夢はどちらかひとつ。
まるで湖の中から可愛い妖精が出てきて
『貴方の夢はこの金の夢ですか?それともこの銀の夢ですか?』
と俺に聞くのである。
どちらかを叶えれば、どちらかの夢はまた奇跡のように消えてしまう。
そして妖精はもう二度と俺の前に現れることはないだろう。

俺の人生を変えた人と音楽
俺の人生を変えた場所
どちらを叶えても俺は幸せになれる。
だがどちらを叶えてもきっと俺は後悔する事になるだろう。
せっかくの奇跡だ。
俺は夢を叶え、幸せを手に入れ後悔しようと思う。

そしていつの日か
今度は奇跡なんかではなくて
自分の力でもうひとつの夢を叶えてみせたいと思う。

そして人生を変えた人に逢いに行って
『奇跡なんて起こらないぜ。
奇跡なんて事が起こるなら
お前は今頃、困ってるアラブの石油王を助けて一生遊んで暮らせる謝礼金をもらって
南の島で金髪の美女とトロピカルなカクテルでも飲んでるだろう?』
って笑って缶ビールでもおごってやろう。
 
   
Posted at 01:58/ この記事のURL
コメント(0)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!