Hit the Road Jack

April 10 [Tue], 2012, 1:16
前回の記事がきょねんだなんて…!
油断するとほんとうに書かなくなるものですぬん


さてこのタイムラグのあいだに
いろいろ環境も変わったわけですが
肝心なわたしはというとなにも変わっていない

心待ちにしていたはるやすみを浪費し
来るひも来るひもだめにんげん生活を送っていたのでありました


不思議なことにあまり本を読む気になれず
月に一冊読むか読まないかという軽い異常事態

おまけに映画もぜんぜん見ていない
これはいったいどうしたことか





_____






そんなこんなで塵芥のような生活を送り
ひさしぶりに本を読むとやたらとおもしろい


さいきんは例のごとく
またもや江國作品強化期間に入り

「泣かない子供」と「泣く大人」
それからかれこれ何年かぶりに
「冷静と情熱のあいだ Rosso」を読んだです


さいしょのふたつはエッセイで
わたしはどちらかというと「泣かない子供」のが好み

「冷静と情熱のあいだ」は
ついこのあいだ衛星放送で映画が再放送していて
なんだか読みたくなってしまったので再読

この本は最後に読んだのは
もしかすると中学の終わりごろとか
そんなころに読んだきりだったので
あらためて読むとおもしろかったですぬ

内容もけっこう忘れていたりして
でも印象的なシーンは覚えていたり

また何年かしたら読み返したいなー


この次は「ホリー・ガーデン」を読むか
児童文学の積読を崩さなくては…

「モモ」と「はてしない物語」はもちろん
「クローディアの秘密」とかも読んでおきたい

カフカとかケストナーも読まなきゃなあ
為すべきことは山積みでありまする

夢なら既に醒めた

December 31 [Sat], 2011, 0:59
日々の暮らしにかまけているうちに
もうことしが終わるだなんて
時間の流れのなんて残酷なことかしら

ことしは例年よりもすこしだけ忙しくて
やりたかったことがあんまりできなくて心残り

もっとたくさん本読んで映画観たかったぬ





_____





ついこのあいだ
ジェイミー・フォックス主演の「Ray」を見て
レイ・チャールズの音楽が聴きたくなった次第

エディット・ピアフもそうだけれど
幼い頃に眼が見えなくなったりすると
その分聴覚が冴え渡ったりするものなんですぬん


輝かしい栄光をつかみつつも
ドラッグに溺れて妻を裏切るレイ・チャールズの
幼い頃の罪の意識に焦点を当てた
たいへんおもしろい映画でありました


次は何を観ようかと迷っているのですが
こんど衛星放送で
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の
「シチリア!シチリア!」が放送されるので
とりあえずそれを楽しみにしてるです


あとほんとうに「カティンの森」を
いいかげん見ないとまずいのだけれど
さいきんなんだか気分が落ち込んで
そういう重たい映画を観る気になれなくてつらい





_____





さて年明けは元旦からバイトなのですが
年末年始はやたら人が多くていやんなるですねー


はるやすみはあんまりシフト入れないようにして
好きなことして過ごしたいなー


そんなわけで
読みたいのに読めてない本リスト


「無銭優雅」山田詠美
「巷説百物語」京極夏彦
「ユングの心理学」秋山さと子
「無意識の構造」河合隼雄
「封印再度」森博嗣
「綿菓子」江國香織


3年生になったらゼミ始まるし
致命的な知識不足をなんとかしたいのだけれど
いざおべんきょしようとすると
どうしても集中できなくてほんとだめにんげん!

目下の心配は
希望のゼミに入れるかどうかと
そのゼミのメンバーがどうなるかでありまする

不安だなあ

甘いキャンディーのことも忘れて

December 05 [Mon], 2011, 0:10
前回の記事からすでにひと月経っているだなんて
その上ことしももうひと月もないだなんて

じわっと忙しくしているあいだに
季節にすらおいて行かれた気分でありまする




_____





さて最近は
なんだか本が読めていなくて
いい加減活字中毒の禁断症状が出そうなのですが
長期休暇はまだですか


とりあえず先生にお借りした
「こちらあみ子」はなんとか読破

主人公のあみ子は間違いなく発達障害なのですが
その特異な世界観を
三人称の形で上手に表現していて
なかなかおもしろい短編でありました

地の文は淡々としているのですが
せりふの広島弁がアクセントになっていておもしろい


あみ子の世界と現実の世界は隔絶していて
悪意のない行為が嵐を呼ぶのですが
それがなんとも切なくてかなしい

読んだ後はなんとも言い難い気分になるです


この本は作者の初めての本なのだそうですが
いちばん最初にここまでのものを出してしまうと

どうしても次の作品が霞んでしまいがちなので
またいいものが出せるといいですぬん



そして江國香織の新刊もなんとか読めたです

このひとの作品は
決して後味のいいものばかりではないので
読んだあとたのしくなるような感じではないのですが
やっぱりこのひとの文がすきなので読んでしまう

「ホリーガーデン」も
「薔薇の木 琵琶の木 檸檬の木」も
また読み返したいなー




_____





授業の合間を縫って
「海の上のピアニスト」を観たです

ティム・ロス主演の
生まれてから一度も船を降りなかった男の話なのですが

風変わりな1900の数々のエピソードを
その親友が思い出話として語るというストーリーで

軽快なピアノの音楽と相まって
最後まで退屈せずに見られたです


個人的には
1900が船を降りようとして
それでも降りられなかったシーンが
なかなか印象深かったですぬん


そしてやはり忘れられないのが
ラストの親友と1900のやり取りから爆破まで

船で生まれて
船とともに滅ぶことを決めた1900は
不器用だけれどものすごく魅力的


ジュゼッペ・トルナトーレ監督の作品は
これと「題名のない子守唄」しか見たことがないのですが

かの有名な「ニュー・シネマ・パラダイス」が
まだ残っているので見るのが楽しみ


最近は家で映画を観れていないので
なんとか暇を作ってひきこもりたい


Here in yesterday

November 03 [Thu], 2011, 23:06
レポートやらバイトやら学祭やらで
何とはなしに忙しくしていたら
もう11がつだなんてあなおそろし

気がついたら年が明けていそうでこわい





_____





ここ最近映画も本もあまり見れてなくて
すでにふゆやすみがたのしみで仕方ない

「カティンの森」もまだ見れてないし
「こちらあみ子」もまだ読めていないので
貸してくれた先生に会うたびに申し訳なくなるですよ


さいきん読んだ本といえば
講義中にちまちま読んでいた
川上弘美の「どこから行っても遠い町」くらいなので
もっとたくさん読まなくちゃなー


この「どこから行っても遠い町」は
あるひとつの町を舞台にした群像劇で
町の人の話をいろいろな人の視点で書いているのですが

それぞれのお話が別のお話とリンクしていたりして
あとからもういちど読み返したくなる本でありました

とても読みやすくておもしろいので
ちょっとした読書におすすめです


ほんとうはこういうたのしい本ばかりでなくて
もっとためになるような新書とかを読むべきなのだけれど
どうもああいう本はなかなか進まなくてだめね

せめて読みやすい河合隼雄くらい読もう





_____





学校で空いた時間に
「LEON」を観たのですが
やはり何度見てもラストがやるせなくてかなしい

マチルダが復讐を諦めていたら
レオンとどこか遠い町で暮らせたのかしらと
考えるだけでせつなくなるです


ジャン・レノがおそろしくかっこよいのはよしとして
マチルダ役のナタリー・ポートマンが
あまりにもかわいいので
それだけでも見る価値はあると思う

あと若き日のゲイリー・オールドマンが
かっこよろしすぎてつらい


つぎは同じ監督の
「グレートブルー」か
「ニキータ」が見たいのだけれど

どっちも完全なハッピーエンドではなさそうで迷う

あとルイス・ブニュエルの
「アンダルシアの犬」が見れそうで
ちょっとわくわくしてるけれど
きっと見て後悔するんだろうなー




_____





ちなみに写真はこのあいだ
友人のおたんじょうびにつくった
生チョコバナナクリームタルトさん(仮称)

早々に連れ去って

October 17 [Mon], 2011, 0:05
10がつももう半分を過ぎたですねー
どんどん涼しくなってきて
わたしはうれしい限りでありまする

夏のあいだに荒れまくったお肌を
そろそろ労わってあげないといい加減死ぬる





_____





秋学期と同時に始まりました
レポート攻勢にさっそく死にかけております

やりたくないからと
なんだかんだ後回しにしてしまって
あとから死にたくなるといういつものパターン

しんどいけれどこれがいつか
快感になる日がくるのを待ってる…





_____





江國香織の新刊を買ったのだけれど
なかなか読めなくてかなしい

山田詠美の無銭優雅もとちゅうだし
エンデのモモも読みたいし
あとドイツ語の先生に借りたDVDも観たいし

しばらくひきこもりたい なー


すこし前に買った
川上弘美の「ざらざら」を読み終えたです

ごく短い短編集で
さらっと読めておもしろかったです

このひとの不思議な世界観がだいすきなのですが
じつはあまりたくさん読んでいないので
これからもっと読む予定

とりあえず最近文庫化した短編集を買ったので
講義中にちまちま読もう

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:黒砂糖
  • アイコン画像 性別:女性
読者になる
ひとの顔となまえがおぼえられない欠陥製品
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
アイコン画像ちか
» Here in yesterday (2011年11月06日)
アイコン画像ちか
» 壮大なプロローグ浮かべて (2011年08月27日)
アイコン画像みなみ
» 暗闇がオーロラになる (2011年04月26日)
アイコン画像とみた
» 晩餐会に間に合わない (2011年02月17日)
アイコン画像ちか
» 晩餐会に間に合わない (2011年02月16日)
アイコン画像キッタ
» ノワール・ノワール・ノワール (2010年04月29日)
アイコン画像ずなたん(やぁ)
» 愛だけは込もってますよ (2010年03月08日)
アイコン画像かずな
» 蝶よ花よと (2010年01月08日)
アイコン画像ずなたん(やぁ)
» おねがいよわかって (2009年12月26日)
アイコン画像キッタ
» ずっとあなただけをまってたの (2009年12月03日)
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる