シューズブランドBROOKS(ブルックス) ヒストリー

March 14 [Mon], 2011, 12:21


1914年にひとつのシューズブランドが誕生しました。

そのブランドは、世界初のソールを開発し、ランニングシューズの
歴史を変えました。

それがBROOKS(ブルックス)です。

足のことを考えた機能性は、衝撃吸収や軽量化、そして丈夫な
シューズを作り、アメリカでは高い支持を得ています。


努力は惜しむことなく、テクニカルデザイナーをトップランナーの
マーティン・リオクル氏にし、1972年からEVAスポンジソールの
作成を始めました。

これは、足の衝撃軽減をする、ランナーのためのソールなのですが、
出来上がるまでに、3年もかかりました。

そして、このEVAスポンジソールが完成し、「BROOKS VILANOVA」を
発表することで、ランニングシューズは劇的変化をするのです。

これで有名になったBROOKS(ブルックス)は、ランナーズワールド誌の
ランキングに2位となったのです。


しかし、これで終わらないのがBROOKS(ブルックス)です。

1978年には「BROOKS VANTAGE430」で、ランナーズワールド誌の
ランキングで「5STAR」に。

2年連続選ばれ、人気と名誉と実力の結果を出したのです。


そしてその歴史は、今もなお認められ、日本でウォーキング協会の
推奨モデルともなっているのです。


⇒BROOKS(ブルックス) 靴の詳細はこちらから