新月のチャネリング 

April 07 [Mon], 2008, 23:10
私がチャネリングをする時に、現れてくれる存在は、必ずしも知っている存在ではない。
最近、私に話しかけてくれる存在でhelius helious ヘリオス ヘリウスという存在がいる。
これは一体誰なのだろうか?聞き間違いなのだろうか?と思っていた。つまりネットで検索してみないとわからないからだ。ドリーン・バーチューの本やカードにも載っていない。自分の空想・幻想なのだろうか?としばし思ったりするが、時間が出来た時に調べてみた。ギリシャの神、太陽神heliousであった。様々な神の父であり、相当パワフルな神はローブのような布を豊かに使った衣をまとい、虹色の光のオーラを放射している大きな男性のようであった。彼の言葉は、忘れてしまったが・・・私は見ず知らずの神様が話しかけてくれて、ある意味光栄である内容を忘れてしまっているので、お会いできて光栄とだけ記しておく。

この新月にチャネリングをすると、Tianaというまた見知らぬ存在、女神が現れてくれた。
彼女はどうもロシアと言われていた地域の女神であり、月の影響について、今、地球の私達が気づくことについて、自然について一人一人が少しでも感謝をすることで、私達の現実の生活が救われるということを事細かに30分位チャネリングしてメッセージを伝えてくれた。すべて録音しているのだが、再生して打ち込むと時間がかかりすぎるので、やめておく。水について感謝すること、温暖化について、雨や水害について考える事、海川の近くに住んでいる人だけが水害に遭う危険性が高いというわけではなく、山の上に住んでいる者についてもがけ崩れ・地盤沈下等、同じ危険があるという認識を持つ大切さを伝えてくれていた。

また月の満ち欠けを人間社会にもっと活用すること(農業や物事の進め方、判断のタイミング)で、より繁栄や豊かな現実が引き寄せられるということを教えてくれていた。

ECOがもてはやされるこの頃であるが、ECOを大きく打ち出している企業、ECOを謳っているリーダーという人々を妄信することなく、一人一人が自分の気づきにしたがって、自然に感謝しながら工夫をして、生活をしたりしていけばいいと言う。有名な人、リーダー格の人々を妄信することなかれと。何事も現実的なバランスを取ることが肝要であり、偏ったもの、強制的なものは意味がないと言う。

すべては気づきから始まるということがメッセージだった。ここ2日間の大雨・強風にも驚いているが、これも神様からの「気づきなさい」メッセージであるのかもしれない

WEB上でTianaを捜してみると、クロアチアのある地域の女神であるということ。豊かさ・繁栄の女神であった。ケルトの女神ANAという女神と同一視されているような傾向もあるらしい。すべては英語サイトである。私は本当に外国の神様・女神様とご縁が深く、調べるには英語が不可欠であるこの頃です。




初めてのブッダ様 

March 17 [Mon], 2008, 23:01
昨夜は友達の誕生日プレゼントにチャネリングをした
すると初めてのブッダが登場・・・そして、心の平和・安定について色々と述べていた。
私は自分のためのチャネリングではないので、友達のチャネリングで初めてブッダが出現されて、
「ええっつ?何?何?初めて」に驚きつつ、彼の真意をそのまま伝えていった。
彼は長い髪を頭の上でシニオンのように1つに丸めていて、上半身は裸で若い青年のようにみえた。
ハンサムであったということも付け加えたい。

チャネリングはほとんどが英語なので、それを日本語に訳して伝えると、
よくハワイに居る日系人の人のような日本語になってしまう。動詞と形容詞が
逆だったり、外人がしゃべる日本語のようになってしまうもちろん私は
フルトランスではないので、ほとんど自分の自覚と意識の中でコンタクトしている
のだが・・・先に口走るのは英語で、それを訳すという作業が発生する。

友達の私生活・心の中を覗き見したいとまったく思わない私としては、友達が深くうなづいて
いる姿を見て「そうなの?そうなんだ、ふ〜ん。」みたいな乗りで自分の発言も添える。

ドリーンの本でチャネリングの後で調べてみると、まったく同様の主旨の事をドリーン本人が
チャネリングでブッダと交信した様子が書かれていた。

そして、次にマザーマリーが出てきて、私に対するメッセージと全く異なる主旨のメッセージを
くれたのだが、本人は深くうなづいており、私自身が「ええっ?これを伝えてしまっていいのか?」
と戸惑ったのだが、そのまま伝えた事により、相手に驚きを持って、他の霊能者さん達にも同じ
事を言われた事がある・・・とか、で確信めいてきたようだとても喜ぶ友達
見て、まったく相手の事を違った観点で見ていた事に気づいたりした。チャネリングの深さを思い
知ることとなった。

またドリーンの本で確認してみると、まったく同様メッセージが盛りだくさんであり、自分が
クリアなチャネルとしてチャネリングしているんだという確信を得られたことに感謝したい

私が一番気にしているのは、間違ったところチャネルに接続したり、正確でない情報を流してしまうことが
一番怖いし、失礼だと真摯に考えているからである。



オープンチャネリング 

March 11 [Tue], 2008, 22:51
穴口恵子氏のオープンチャネリングのワークエクスチェンジで無料で参加する代わりにちょっと働くということをレインボーエンジェルマジックという店舗でしてきた。参加者の方に穴口氏の新刊をお薦めしたら、皆さん買ってくださったありがとうございました

久しぶりにお会いした穴口さんは相変わらずの多忙ぶりで、time is moneyの様子で、雑談などはする場合ではない。話した内容はたった一つ「今日来ていたのはレインボーエンジェル?って、何ですか?」という私の質問。「うん、うん。このお店に住み着いているレインボーエンジェルね〜」と。なるほど、中目黒のお店の名前はいずれもレインボーエンジェルが付いている。彼女が最近始めた独自のセミナーもレインボーエンジェルと名づけてあるし。私の場合は、女神に繋がることが多いので、エンジェルはある意味新鮮であった。

私は週末に大量の電磁波に触れる生活をしているせいか?これは整体に行くしかないか?位に思っていた。お風呂の中で毎晩、クリアリングの瞑想をしているけど、追いつかない。水晶にチャージした方がいいかも

フラの練習と瞑想でおかしな様子は取れるのだが、今回は整体に行く前にこのオープンチャネリングに参加できたお陰で、金色の光で自分を浄化したり、レインボーエンジェルの光に包まれる瞑想のお陰で自分の全身をくまなく浄化と凝りや歪みを取ることができた。身体のメンテナンス完了今回の注目は松果体をクリアにする瞑想であった。松果体から関係するあらゆる腺の詰まりや汚れをクリアにすることにより、自分をより健康に、クリアにしていくということだ。

昨年まで花粉症重症患者だった私は、自分の意識とエネルギーの変化変容で、今年は鼻づまりも経験していないという幸運な現実ただ、あまりの外部との出入りで花粉を撒き散らす人と締め切った室内で会うと、くしゃみが出るし、目も痒くなる鼻の中は花粉を吸っている証拠に血だらけだけど

私が最近感じるのは、人間とはイメージしただけで、自分の感じている凝りや歪みさえも軽減できるという瞑想は(これは誘導瞑想だから出来ること、誘導の仕方、声、テンポ、内容も重要ではある)凄い癒しツールであるとつくづく思う。

今日も目の前で昼食を取っていると、後輩に「本当にCREAさん、沢山よく食べてますよね。おやつもしっかり食べてるし。びっくりです」と言われた。フラの前に、最近は東京ミッドタウンの中の平田牧場でカツご膳をついつい毎回食べてしまうので、満腹で踊り始めるわけだが、昨夜も「先週も行ったのに、また平田牧場に行ったのあり得ない。食べすぎ」と指摘されたけど、へっちゃら〜代謝しちゃうから。快眠・快食・快便

自分がいつも体験している事を、将来的に他人にも提供・シェアするつもりであるが、スピリチュアルに興味・活用をする相手(クライアント)にはとても協力して、一緒に創造をしていきたいと思うが、依存しているお客様を見ると・・・考えさせられる。占い師・サイキックの人にこう言われたから私は仕事を止めている・・・とか。誰々がこう言ったけど、どうもピンとこないから、他のサイキックの人に聞きにきた。みたいな。。。自分の直感やひらめきを感じられないほどになっている、判断力・思考力を使わない人に対しては、有効なのか?疑問である。かえって害になるような場合は、私の場合ははっきりそう答えてしまうと思う。お金の無駄ですよって。無駄使いばかりしていて、グラウンディングできてないなら・・・同情するから。

2008年3月20日(春分)は、とても重要な日だそうだ。特に春分〜夏至に自分が何に意識を置いて、どう過ごすかが今後の人生に大きく影響するようである。深い意味はまったくわからないけど、宇宙からの恩寵が降りてくるとか・・・どうゆう意味なのか?体験しないとわからない。”アセンション・グリッド”にアクセスするポータル(入り口)が開いて、アセンションのための意識の変容が、ここで明らかに行われていくらしい。このポータルを開かれているときに、自分自身がどんな状態でいるかで、2008年のステージが思いがけないほどワープ(進化)していくそうだ

時が過ぎるのが早すぎて、困るほどなのに、もっと促進されるなんて、びっくり・・・

2008年初めての高次元の存在 

January 03 [Thu], 2008, 22:31
今朝も素晴らしい眩しい朝を迎えた。多くの友達がこの休暇を満喫している様子。ドコモ携帯からのパリの空港からの年賀メールや成田に着きましたとベニス帰りの友達、富士山で新年を迎えた人等、皆さん楽しんでる私は地味に静かに、お家ライフを楽しむ普段、外出・出張・旅行が多いから、お家でノンビリする事が一番のお気に入りで私にとっては最高の贅沢に思えるこの頃

昨日、私に話しかけてきた厳かでちょっと尊大な話し方をする女性はユーノスとかユノース?とかの存在は一体なんだったのだろう?と存在の確認をしたかった。ネットで日本語で調べていても一向にユーノス・ロードスター位しかヒットせずあきらめかけていた・・・。

ら・・・ユというのはEから始まるとは限らない。ラテン語圏では、Juでもユでしょう
そして・・・歴史番組を見ていて、発見びっくり仰天
居た・・・存在していた・・・ユノー、ユーノス、ユノース・・・その時代の読み方、発音でも色々な表記になるだろうが。。。6月のJuneを現す、女神JuniusまたはJunonius。ギリシアではHeraという神として知られているらしい。結婚を意味する女神でもあることが、Juneーbrideの有難さを広めたらしい。闇(夜)が一番短い、明るい時間が一番長い、夏至を司る女神でもあるらしい。とにかくありがたい、新年におめでたい女神様がコンタクトしてくれたようだ。

実際、自分でも知らない女神・神に出会う事が多く、疑い深い私は・・・自分の直感を信じるよう、自分のvisionを信じるように、何度も言われているが・・・。本当、master channelingを勉強したとはいえ、気にしてない時のぼ〜っとしている時(半覚醒状態?)の方が多くの、気づきを得られる。多忙で仕事に追われているときには、まったくそのような存在はやってきてはくれない。人生、生活にも常に余裕が必要だ

RomaのCapitoline Hillに今でも祀られているそうだ。Roma・・・もまた行かなきゃ

本当、世の中には、というか目に見えない世の中には、いかに沢山の高次の存在が存在しているのか?計り知れない。そして、日本語だけでは、確認しきれないし、対応できないことも再確認した。古代エジプト、古代ローマ等、古代文明に実際存在していた聖人のような人が神様や女神として高次の存在になっていることが、多い気がしているが、実際に日本語で話しかけられることは少ない。

相手(高次の)の使っている言語は、ほとんど私の場合は英語だったり、イタリア語のようなラテン系の言葉だったりする。自分の中で一瞬、日本語で!とか日本語に置き換える時があるのが、ちょっと面倒くさい。日本語でお願いしたい。

それから、別件ではあるが、古代エジプトの神官というのは、その当時、政治を司る等のある種の権力を持った人々だったと認識はあったが、なんと・・・王様に助言・進言を意見として言うばかりではなく、
王と政治の相談、話をするというより、神官が莫大な権力を有していた理由は・・・何と

偉大なチャネリング力を備えていたから。政治の動向、戦争の動向等、その当時は占いを王様の判断に利用していただろうが、強力な権力を握っていたのは、チャネリングをして、神ラーの神託として、王様に助言していたからだ。神官は色々な役割があるだろうが、チャネラーが強い権力を握っていたと思われる。なるほど・・・と思った。神託・・・悪用されたなら、高次のチャネリングを乱用されたものとして、罰が当たるに違いない。

宇宙はいつも見ているという宇宙の法則を破ると、必ず己にしっぺ返しが来るのだから。
私はしっぺ返しも罰にも当たりたくないので、宇宙がいつも見ていると肝に銘じて生きている。

下記が英語でヒットした文章の一部を貼り付けた。

The sixth month of the year derived its name from the Roman junius, a gens or clan name related to juvenis, meaning young. The Roman writer, Ovid, in Fasti, his work on the Roman calendar, writes: Junius a juvenum nomine dictus (v, 79). Another possibility is that it might derive from the goddess Juno – perhaps both explanations are correct.

Juno was the Roman Mother Goddess, known to the Greeks as Hera, and her original name to the Romans was Junonius. Among her attributes, she is queen of heaven, approximating Frigg in the Northern Tradition, and Mary in the Christian. She is ruler of the high point of year, when there is maximum light and minimum darkness (in the Northern Hemisphere). On about June 21, the northern Summer Solstice will occur, and here in the south, we will have our shortest day.

Juno is a counterpart of Janus and the divine watcher over the female sex, so this month is considered the best time to marry. As Juno Moneta, guardian of wealth and money, she had a temple on the Capitoline hill in Rome where the empire’s coins were minted. The folklorist Nigel Pennick writes, “This theme of wealth can also be seen in the runic year cycle: the half-month of Feoh, the time of wealth and abundance, begins on 29 June”.

チャネラーとしての心構え 

December 05 [Wed], 2007, 15:52
これはBright−Lifeの部屋の前の畑を朝に激写したものです。
あまりに家の前が輝いていて、草や木が金色に輝いていたので、携帯で激写最近の太陽・空は光が強く、雲の流れも早く、とても色々な表情を見せてくれますね。空を見るのは大好きです。今日は雲が多くて、広い青空にぽっかりと浮かんでいる雲にうっとり自然って素晴らしい

チャネリングをするようになって、自分の生活変わりました。毎朝、起床時に10〜15分は瞑想を欠かさないようにしているから。普段より早起きしないといけません。しかし、この瞑想なくては、自分のエネルギーフィールド(オーラ)を高く保つために必須なのです。色々とやる事が増えたな・・・というのは実感。だけど、それをおろそかにできないというのも実感

このマジカルな瞑想のお陰で、他の人や場所に影響を受けにくくなりました。瞑想の威力と
以前から自分は他の人よりかなり敏感な感覚をあらゆる場合において持っていると薄々感じていましたが・・・そのお陰?でエネルギーの悪い場所、人に接すると自分も具合が悪くなったりしたものでした。日本の霊能者と言われる人には「霊媒体質だから」と一言。これは、何をどうしたら?解決できるのだろうか?と具合が悪くなる度に考えていたわけですが・・・神経質なはずなのに、具合が直るとすぐにそれを忘れてしまうので、特になにか、対策を取る事をできなかったわけです。

霊媒体質だから?といって、私の場合は幽霊を見たり、声を聞いたりする事はなく、日本的な霊的な世界には馴染めない体質だったので、日本のスピリチュアルリーダーでもある穴口恵子さんにチャネリングセッションをしてもらった機会に、急に「あっつ!この穴口さんに師事しよう。」と急に思いつきました。

穴口さんはプレアデス星人と公言している方ですが、常にテンション高く保ち、元気で明るく楽しいうえ、抜群の実力・能力をお持ちのパワフルスピリチュアルリーダーでした。

チャネラーと自覚してからは、現実的に生きることの大切さ、グラウンディングを大切にしています。また、同時に自分自身とエネルギーフィールド(オーラ)をクレンジングして、浄化を常にしています。すべては自分の頭の中、第3の目の中、イメージの力で行います。不思議なものですが・・・浄化をしつづけていると、オーラの中の余計な汚れ・濁りがなくなり、自分本来の姿に戻るせいか?どんどん痩せてきます。
霊媒体質の人はとかく自分にも関係のない人々の念や想いを引き寄せてしまいます。影響されて具合が悪くなる事態も起こったりしますが、それはなくなりました。それは喜ばしい事でもあります

そして驚いたことに、自分のエネルギーが変化しています。高次元の存在達と常に会話やコンタクトをしていると、自然とハイエナジーになっていくのかもしれません。そして、時々、突然の高熱に襲われたりします。高熱後はすっきりとして、また新しいエネルギーフィールドの本当の自分にどんどん戻っていくようです。


チャネリングのBright−Lifeです。 

December 04 [Tue], 2007, 17:47
はじめましてスピリチュアルコネクションBright−Lifeです。
高次の存在専門のチャネリングを提供します

チャネリングとは・・・私自身がチャネル(媒体)となり、
宇宙の高次の存在達とアクセスし、メッセージを貰います。
私自身は何の意図もエゴも交えず、そのまま降りてきたメッセージを
お伝えします。慈愛に満ちた深遠なメッセージは、その時にその意味が
わからない事があっても、後々気づきが深く得られたりしますので、
体感されるとより前向きで、より幸せな扉が一つ開くと思います。

アクセスする高次の存在達とは・・・過去に人間として生きていた
聖人もいらっしゃいますが、ほとんどが人間であった事がなく、
光の存在であり、高いエネルギーの存在で、女神、天使、マスター、
ガイド、ハイヤーセルフと言われる存在です。あなた自身の事をよく
知る、導いてくれている存在が現れてくれるでしょう。ハイヤーセルフ
かもしれないし、女神かもしれません。あなた自身のインナーソース
と言われる存在(チャイルド等)にもアクセスできます。

私達人間は、宇宙の一部であり、どなたも宇宙のパワーと恩恵を享受
しているので、自分だけでなく、少しでも他の皆様のためにお役に立
てることがあるのでは?と信じています。

Bright-Lifeではチャネリングのほかに、ラディアントレイキマスター
ですので、レイキ伝授、レイキヒーリングセッション、レイキ遠隔
ヒーリング、Angel Card Readingをご提供させて頂きます。
また必要に応じた場合のみヒプノセラピーを提供します。今後は
コーチング手法も交えながらのチャネリングセッションも展開して
いく予定です。

私のチャネリングの師は日本でも屈指のスピリチュアルリーダーの穴口恵子さんです。
チャネラーであり、様々なスピリチュアル分野に造詣の深い、ヒーラー
でもあり、起業家でもある方です。
穴口恵子チャネリングスクールの公認マスターチャネラーです。

ただ今、モニターを募集中。遠隔でも対面でもOKです。
give&take方式で、貴女の得意な技術との交換でもOKです。
バランスを保つ方針です。詳細はHPへお進みください。下記を
クリックしてもHPへ飛ばないので、コピーをしてアドレスバーに
移してから検索してみてください。

HP:http://www3.ocn.ne.jp/~brightup/

では、どうぞよろしくお願いします。

感謝

Bright-Life



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Crea
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 現住所:神奈川県
  • アイコン画像 趣味:
    ・占い-チャネリング&ヒーリング
読者になる
宇宙の高次元の存在限定でチャネリングするチャネラー。
2008年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる