リングピローを作ってみましたA

June 16 [Sun], 2013, 23:26
前の記事ですでに造花のリングピローを作ったのですが、
街の手芸屋さんでとってもかわいい作品を見つけたので、
さらに作ってみることにしました。


出来上がりは





まち針山のような感じなので、実際に針を装飾して作ります。




所要時間:器用な人だと、30分くらい

用意するもの


A(本体部分)

・好きな布15cm×15cm 2枚
今回はヴィンテージ感がほしかったのでシャンタンの紺にしました。

・手芸用 綿  ちょっと。

・縫い針、糸

・グルーガン(セリアにて購入)

・好きな色のタッセル

・ガラスの器(セリアにて購入)

・レースパーツ(セリアにて購入)

・ワイヤー


B装飾針

・針 2本

・好きな色や形のビーズ(穴が貫通しているもの)

・接着剤





 ガラス容器

 布

 タッセルとレースパーツ




@まずAから行きます。


布を、ガラス容器のふちの大きさ2枚に切って、
表を中にし、
端っこを縫っていく。
2cmほどのこして、表に返し、綿を詰める。

小さな丸いクッションを作る感じです。


結構、綿はつめつめにしてもらってOKです。

ほどよく丸まったら、空いたところも糸があまり見えないようにして縫います。



Aガラス容器にぐいっと押し込んで、上から見てアウトラインの円さが均等になるように位置を決める。


B位置が決まったら、グルーガンで、ガラス容器と、クッションの真ん中を固定する。


広範囲でやると、下から見えてしまうので、ピンポイント、かつ、
クッションの座りの良いところで!

グルーガンをやったら、ギューッと押し込んで3秒固定!


Cレースパーツと、クッションをグルーガンで止める。

私は一番丸みが足りないところに、隠す感じでつけましたw
レースパーツも丸ではなく、四角などいろいろ形があるので、
お好みで☆彡






大方のガラス容器のところは終了。



DBの針の装飾に取り掛かります。

針の上の部分にビーズを通し、さらに接着剤で止めていく。

接着に10分ほどかかるものだと、動かすことも可能なので、やりやすいかも!

接着は、まち針に差して待ちましょう。







EAに戻って、ガラス容器の足の部分にタッセルをくぐらす。


Fタッセルが落ちないように、ワイヤーでひと結びして、固定




G接着してビーズがくっついた針をクッションにさして完成!







工程はとっても簡単ですね。

ガラス瓶や、タッセルとクッションの色合いを変えるだけで
雰囲気もガラっと変わります。



一応これを本命のリングピローにしようと思います!!







P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ブライダル戦士
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる