ブライダルエステの雑誌

September 13 [Tue], 2016, 22:38
少しして、妙に明るいところに出たので光源を見やると、
砂利だらけの狭い駐車場のようなところにひとつだけ、
古くさい自動販売機が置いてあった。
なぜか商品を確認するためのプラスチック製の窓に銀紙が貼り付けてあり、
うっすらとしか中が見えない。
これは男のロマン(笑)こと、ブライダルエステの雑誌の自販機ではなかろうか?
飲酒喫煙の許される年齢にあって、今さら雑誌もないわけだが(笑)
けっこう酒が入っていたのと、こういう自販機が今だ存在するという爆笑的発見に、
我らニセバンドマン探検隊は大いに盛り上がってしまったのだった。
「買おうよ!記念だよ!」
なにが記念だっつうの。しかしその時のその場所では大爆笑。
酒が入っていると何でも面白く思える年頃なのだろうか。
さっそく小銭入れを出す私に、連れがサッと制止の手を上げた。
「買うなんてもったいないよ。もらっちゃおうぜ。」
はいー?
さすがにそれはマズいでしょ。そもそも物理的に持ち出すのは不可能だし。
「キタにぃ、我々にはコレがあるじゃないですか!」
なぜか全員いっせいに、ズザッと携帯式の工具を取り出していた。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ブライダルエステ通
読者になる
ヤプミー!一覧
読者になる