薔薇物語 

January 12 [Mon], 2015, 20:59
            「夢と現実ーわたしの夢」

 夢で見るのは〜
この世に生をうけて20年目、《愛の神》が若者から通行料を取り立てる年齢のころ、ある晩わたしはいつものように床に就き、深い眠りに入っていった。そして夢を見た。とても美しく、わたしの気に入る夢だった。そこにでてきたものは、あとになってすべての夢のとおりにそっくりそのまま実現したのだった〜〜〜から始まります。記号で表せば、🔺三角的な物語であると、題名からの推測が確信めいたものに変わります。

             「壁の肖像」

しばらく先へ進むと、大きくて広い庭園が見えた。銃眼を備えた高い壁で周囲を囲まれ、壁の外側には装飾がほどこされ、銘がたくさん刻まれていた。わたしは描かれた肖像と絵に興味深く見入った。これから記憶のよみがえるままに、それらの肖像のようすを皆さんに語ろうとおもう

/憎悪と悪意/
中央には 憎悪 の姿を見た。怒りと不機嫌の塊といった感じの人物である。とげとげしく喧嘩腰で、底意地の悪さをかんじさせる肖像だった。 続いて 悪意  の姿は、身を飾りはせず、むしろ気の狂った女のように見える。むっつりと眉を顰め、鼻は天井を向いている。醜く、垢まみれで、襤褸きれを不恰好に体を巻きつけていた。

/下賤/
 

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まりも
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画
    ・読書
    ・音楽
読者になる
記号的なものよりも数学的なもの・矛盾・映画・鳥・本・たまにPC関連
2015年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる