多田のあやっぺ

May 07 [Sat], 2016, 11:23
妊活中や妊娠初期に必要不可欠な葉酸ですが、いくら必要不可欠な栄養素だと言っても、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。サプリによって葉酸の補給をしている方も多いと思います。ですがサプリには普段の食事の数倍にも及ぶ葉酸が配合されています。ですから葉酸の過剰摂取にならないよう、決められた用法と容量を必ず守ってください。葉酸が過剰に体に蓄積されることで、胃が荒れるため、食欲不振や吐き気といった副作用があらわれる場合があります。それに、胎児は喘息にかかりやすいという話もありますから、過剰摂取は禁物ですね。なんとなく不妊を疑いはじめたら、まずは基礎体温計を購入することをおすすめします。たかが体温と思うかもしれませんが、基礎体温表をつけると、体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。基礎体温表を作るには、経過をみるために「毎日」、活動量の影響を受けない「起床時すぐ」に測るというルールもあるので、それに従って毎日続けるのが大切です。もし旅行などで飛ばしても、できる日から再開しましょう。妊婦にとって必要な栄養素はたくさんありますが、そうしたものをまとめて摂取できる総合サプリの代表的なものは、育児や赤ちゃん製品で有名なピジョンのサプリでしょう。ピジョンの葉酸サプリは数種類の葉酸サプリが売られていますが、葉酸だけを配合したサプリもありますが、ほとんどの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠にまとめて詰め込まれています。複数のサプリを飲む必要が無いので、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。管理も楽なので、おススメです。ピジョンの葉酸サプリは、葉酸以外に含有した成分に特徴があるので、ご自身の生活や状況に照らし合わせ、不足しやすい栄養素を補給できるサプリを選択するとより効果が高いです。葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。ですが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。葉酸は、それ単体では体内での吸収率が悪いために、サプリの利用を考える時には、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。妊娠しやすい体になるために、妊娠を計画している女性は今から飲んでおくと安心です。大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。健康だし、体温も測ってタイミングを逃さないようにしたのに、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに二周期ほどで妊娠できました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのは間違いでした。もっと早く来たかったですね。野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜系の葉菜が多いようです。妊娠後、なるだけ早く、こうした食材を積極的に食べた方が良いと思います。葉酸の摂取で、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するという報告があります。とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。そんな時には他の食材で補っても構いません。例えば納豆や貝類を食べるのをおススメします。妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。葉酸は、ビタミンのひとつです。その効果は十分な摂取によって、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の健やかな成長を促し、先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生労働省が勧告しています。実際に補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、妊婦に特に利用されているといったこともあるようです。妊婦にとって、十分な葉酸を摂取することで得られる効果には、さまざまなものが認められています。その中でも先天的脳障害を発症する可能性を抑える効果は重要な効果です。ですので、妊娠中に限らず、妊娠の計画を考えている女性は、普段の生活の中で、十分に葉酸摂取を心がけることが良いと思います。とはいえ、毎日大量の野菜を食べることは難しいですよね。サプリを利用すれば、毎日の葉酸摂取がそこまで負担にはなりませんので良い方法ではないでしょうか。妊活中や妊娠中の多くの方が、葉酸の名前を耳にしたことがあると思います。それもそのはずで、妊娠と葉酸はとても関わり合いの深いものですよね。なぜなら、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。言うまでもありませんが、妊娠中に限らず、妊活中の女性にも大切な栄養素であることは変わりありません。実際に妊娠が発覚した後で慌てて葉酸を摂ったとしても、葉酸が最も必要な受胎直後に戻ることは出来ません。ですから、十分に栄養のある母胎で育てることの出来るように、出来るだけ早い妊活中の時期から、葉酸をたっぷり摂取する事をするのが良いでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Rin
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる