眞賢でももそっと 

2006年05月11日(木) 0時20分
 轍は森を行く。凹凸の多い道はそれを跳ね上げ、或いは泥濘へと誘った。不気味に翠掛かった濃霧の立ち込める森である。その中程にある湖畔へと、俥は辿り着く。
その車内より、まろび出る者があった。二つの黒をその身に宿す、男である。見た所、二十半ばか、若しくはより高いのか。兎角、若く見せる顔立ちである。彼は文字通りまろぶように御者台から転げ落ちると、諸足を絡ませ車内に腕(かいな)を突っ込んだ。
2006年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:breaking_p
読者になる
Yapme!一覧
読者になる