RORY PHILLIPS

2010年10月12日(火) 14時08分

RORY PHILLIPS(ローリー・フィリップス)
Rory Phillipsは、「Durrr」や「Our Disco」、「Trash」といったロンドンの名高いパーティでのDJを通して、10年間にわたってロンドンのナイトライフを彩り続け、現在はヨーロッパや北米、アジアにも活動の場を広げつつある。彼は、90年代後半の地方での活動を経てロンドンに移り、Erol Alkanによって、その常に新しい音を見つけ出すエクレクティックなセンスと知識を見い出された。Erolの抜擢によって、ロンドンの伝説的パーティ「Trash」のレジデントDJとなったRoryは、続いてすぐにイースト・ロンドンの名高いミュータント・ディスコ・クラブ「Our Disco」のヘッドラインの座も獲得している。新しい音を発見するための「Trash」と、古い音を掘り起こす「Our Disco」の双方での活動から、彼の独自のDJスタイルは産み出されたと言ってよい。RoryのDJプレイにおいて、ポスト・パンク、ロック、エレクトロ、ディスコ、シンセポップといった多様な音楽がミックスされるが、彼は、それらの差異を強調するのではなく、類似性を引き出すことによって、ジャンル間の点と点を結び付けていく。そのスタイルは、DJプレイだけに留まらず、彼のプロダクションにも色濃く反映されており、
The XXの"Crystalised"、RitonのプロジェクトEine Kleine Nacht Musikの"Feuerprobe"、Unitsの1982年のクラシック"High Pressure Days"といった代表的なリミックス・ワークは非常に高く評価されている。その他にも、Golden Filter、New Young Pony Club、Scissor Sisters、Gossip、Chromeo、Of Montrealといったアーティストのリミックスを手がけ、2009年末には、Codekから自身の名義によるラック"Solar Breakfast"をリリースした
(In Flagranti 監修のコンピレーション"Electric Fling"に収録)。現在のクラブにおいても彼が手がけたトラックは人気が高く、Aeroplane、Erol Alkan、A-Trak、Joakim、Mylo、Alex Metric、Rob Da Bank、Annie Mac、
Simian Mobile Disco、Soulwax、Andrew Weatherall、Tiga、といった数多くのDJ達にプレイされている。

■http://roryphillips.com
■SoundCloud
■Twitter



  • URL:http://yaplog.jp/breadista/archive/116
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:BREADISTA!!
読者になる
プロフィールはコチラ
http://yaplog.jp/breadista/index1_0.rdf