オギノ式で妊娠できる?

June 14 [Tue], 2016, 18:36
不妊治療(まずはタイミング法から行うケースが多いでしょう)で検査結果に特に大きな問題を見ることができない場合、まず、真っ先に行うのが、オギノ式かもしれません。精子や卵子に明らかに問題がある場合、別の手段を講じなければなりませんが、そういったことがない場合には、最初に自然妊娠を試みるのが普通です。オギノ式とは、排卵前から女性(消費の鍵を握っているともいわれていますね)の体温(最近は低体温の人が増えており、体温が1℃下がるごとに免疫力が約37%低下するといわれています)が上昇すると言ったリズムを利用して、基礎体温(女性は記録しておいた方がいいといわれていますね)をきっちり計った上で排卵日を割り出し、その排卵日にあわせて性交を行うというもの。勿論、これで成功する人もいるのは事実のようですが、なかなか成功しない人も多いのが現実です。不妊治療(冷え性の改善が良いとされますが、男性が熱すぎるお風呂に入るのは良くないようです)に訪れる女性(ヒット商品やブームを生み出すには、ウケを狙う必要があるでしょう)の多くが、キッチリ基礎体温(女性は記録しておいた方がいいといわれていますね)を計らずとも、ある程度はそういうことを実践してきている人が多いものです。結婚(人生の墓場なんていわれたりもしますが、実際にこんなはずじゃなかったと思うことも少なくないようです)したのが年齢の高い場合をのぞいては、結婚(人生の墓場なんていわれたりもしますが、実際にこんなはずじゃなかったと思うことも少なくないようです)直後から不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)に訪れることはまずません。大抵は、結婚(最近は婚期が遅くなっている傾向にあります。昔は女性は24歳を過ぎると・・・なんていいましたよね。)後、数年間。最低でも1年間、子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)に恵まれない人が診察をうけるのが一般的ですから、基礎体温(舌の下で測るのが一般的ですよね)を計ってオギノ式をとりいれたとしても、なかなか妊娠にはいたらない人が多いものです。また、オギノ式は病院側から性交の日付を指定され、いままでの期間は性交を控えるよう指導されますから、夫側が納得しないこともしばしば問題といわれているようです。一般的に、オギノ式での治療(有効な方法が確立されてないことも少なくありません)は1回と言う訳ではなく、半年から1年程度続ける場合もあるため、次第に夫の理解が得られなくなると悩む女性も多いみたいです。いずれにしても、本格的に不妊治療(高額な費用がかかることも多く、女性の体に負担がかかることも少なくありません)の第一歩と軽く考えたほうがいいのかもしれないですね
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:カナデ
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/brchamfehrlase/index1_0.rdf