地霊の祟りか.. 

2006年02月15日(水) 16時03分
なんて書かれたら手が出ますよねー踊らされて読んで(・(ェ)・)ガックス。

『撓田村事件』 小川勝己
まずサブタイトルで踊り・・
「iの遠近法的倒錯」
オビで踊り・・
「横溝正史へのオマージュに彩られた衝撃のミステリ大作」
さらにオビで踊りつづけ・・
「厄災の記憶が封印された撓田。
新たな連続殺人は怨念の連鎖か、地霊の祟りか。」

おおーう!これは読まないとー!と思ってペラペラやりはじめると、犬使いの口碑なぞがでてきてワクワク(*´∀`*)主人公が中学生ってゆーのがどーも青臭えなーと思いつつも読み進んで・・・

・・・もう読みたくないなあ・・と思うまで10分とかかりませんでした。ずーーっと青臭いままなんですもん。探偵が探偵らしく働くのも後半からで演出が足りないし、中学生の性衝動だの淡い恋だのかなりどーでもいいことに頁さきすぎだし、主人公を取り巻く空気が乾きすぎ!軽すぎ!オマージュすんな!こんなんで大横溝に!やるならトコトンやってほしいですよもーー
結局みんな血がつながってました。ふーーん。という血縁オチってだけで横溝の名を語るかふつー作中に横溝作品の初版がでてきたり、推理小説マニアっぽい刑事がでてきたりしますが、そんだけ?マニア刑事もそこのシーンのためだけに登場しているかのようでとってつけ感がぬぐえないし、全ての演出がブチブチと唐突で、よんででおちつかない〜唯一おもしろいのは中学生のドラッグ中毒と悪魔崇拝について語る探偵のシーンかな。
だめだだめだなんて読了してしまいましたが、巻末解説で「童貞的」とゆう言葉がでてきてなんか納得。女性を畏怖すること=童貞的という意味なのですが、ほんとに青臭い作品でした。別に新人作家じゃないのにね。解説のほうがずっとおもしろかったよ(´ー`)
童貞的なものと猟奇殺人ってしっくりくるはずなのにここまでうまくいかないのは舞台が現代だからなのかなあ・・現代ミステリに横溝的なものを望むのは無謀なのか。チェ

ニックさんのヅラとクラウドの苦悩A 

2006年02月15日(水) 16時02分
FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN
DVD
これを映画んとこに仕分けするのもアレかなあーとか思いますが映像化作品なのでね。
セブンのオチが観れるんだーと思って購入したのに永らく寝かせておいたのは
セブン自体がどーも..ならやるなよーーと言われるとアレなんすけど、暗いじゃん!
セブン!主人公の苦悩ばっか描きすぎててツライ〜
セフィロスとのアレな関係もふーん( ´_ゝ`)だな。なんかさあFFってこんなんばっかなんだもん、ゲームやってて精神的に辛いなんてイヤだようー
まあ、ツラーイ。・゚・(ノД`)・゚・。っておもうくらい移入してるんだから批判しちゃいけませんよねトホホン。で、ちょっと納得いかない終わりだったので気にはなってました。ヴィンセントゲームも出たし、じつはオチが3部作だってきいてオウ(  Д ) ゚ ゚ と思いましたがついに鑑賞させていただきました。
・・前置きなげえ〜
うんうんおもちろかったですヨ。カクカクしていたゲーム時代が信じられないくらいに滑らかなCG・アクションにホエー( ゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)゚д゚)カッコイイ!クラウドが一皮ムケて精神的におちついてくれてあんしんしました。エアソスありがとうー!プチセフィロス三兄弟のショートのひとがアフォでオモチロかった。
そんでアクション〜OPのナナキに感動。あとバレットのガトリング砲〜こんなにかっこよかったなんて〜ヴィンセント好きなんですが、露出が多いのはCMとしか思えない。ので萎えた。しかしほんとCGってスゴイですね、FFはぜんぶDVDにすればいい。ゲームはもおいい。ムダが多いからなー
結局アレですねセヒロスとの決着はついてないのでまた繰越ですねー
しかしおもってたよりおもしろかったー(・∀・)一応ハピーエンドでほんとに安心。

ニックさんのヅラとクラウドの苦悩@ 

2006年02月15日(水) 14時58分
NATIONAL TREASURE
DVD
なんでニック映画をリアルタイムで観なかったのか...
それはあまりにもロードショー期間が短かったのヨ!結構プロモしてたのに
いかに動員悪かったかがうかがえますなーだってチンプなんだもん。
フリーメイソンの宝・トレジャーハンター一家・ちょっとダメな助手
というベタな設定はダイスキ!おとーさんとニックのやりとりと、仲直りするとこ
でウフフ(´∀`*)なんだかんだいって宝探しにはまってるおとうさんがカアイイ〜
こーいうベタベタにB級な設定にキャアキャア言うのはB級好きだけなので
興行的には失敗ですよねアハハ。かあいそーニックさん。
ニックさんがこーいうオタク的な役を演じてるのステキよねーロックのときの
レコードマニアもかあいかったなー
もっといっちゃっててバカなニックさんが観たい!
でももう完全にヅラですよねアレは...カミングアウトしてほすい(´・д・`)
続編は2008年ですって?ずいぶんと先のおおはなしですなどーも。

字数制限があるのでクラウドの苦悩編はつづきに。

大塚まつり。ワショーイ 

2006年02月13日(月) 20時16分
大塚英志(原作)三部作をイッキによんでみた。
アア!このひとも!このひともでてくるー!キャッホーーーウ(´∀`*)
とゆうシリーズ。
柳田國男・小泉八雲・折口信夫の御三家をモチーフにした
いんちき民俗学好きにはたまらないマンガ。
くもはちと木島日記は小説もでてます。

北神伝綺(上下)
原作・大塚英志 絵・森美夏
柳田國男門下、裏民俗学者(で山人ハーフ)兵頭北神カコイイ(n'∀')η ヤァーッホォー
これだけ小説になってないのでドキワク度78%。
北神ステキですハァハァ...
くもはちの柳田(デビュー前)がかなりステキだったので、こっちの柳田には
ちょっとガックシ。
いもうとがカアイイですよー

くもはち 偽八雲妖怪記
原作・大塚英志 絵・山崎峰水
小泉八雲ことラフカディオ・ハーンのとりかえ仔であるくもはちと
のっぺらぼうむじなのちょっと軽めのおはなし。
パンキッシュなくもはちがイイです。
小説版の夏目漱石のはなしがのってなかったけど、これじゃよくわかんない
んじゃないかなーと、思いました。ネタバレだから?だったら最後にのせれば?
くもはちのビジュアルはサイコーですが、小説のほうがゼッタイおもちろい。
これに出てくる面々は比較的好意的に描いてあって安心できますねー
国家権力とか思想とかむつかしーことがでてこないので楽しいですよ!
はちみつくさいあのひと!の話ははなぢがでそうですよ、小説のだけども。

木島日記(いまんとこ4巻)
原作・大塚英志 絵・森美夏
ダメ男折口信夫が、いろんな権力にひたすらふりまわされるかあいそーなおはなし。
木島日記はコミックのほうがよいかな・・
津山事件とかあって幸せ度89%
小説よんだのずいぶん前だからちょっと新鮮だったのかなー
ともおもいますが、折口のダメ具合がコミックのほうがよくわかる。
軍とかてんのうとかいろいろむつかしいけれども、北神より丁寧に
描いてあるので理解しやすかも。
土玉氏がだいすき゚+.(・∀・)゚+.主役?
仕分け屋とはよくかんがえたものですねーこおいうの読むと
大塚天才!っておもうけどデブだからなー

というわけでそれぞれおもしろかったです。

B級とゆうくくりはー 

2006年02月08日(水) 21時39分
ワタシが中2のときに母が「全てのSF・ファンタジー・ホラー・アクション映画は
なべてB級である」みたいなことをゆってて「ホホウ」と納得しちゃった。
とゆう個人的な理由でくくってるんですけど、たしかに前述のジャンル作品には
どこかでかならずB級臭がプンとくるシーンや設定があるよな気がする。

でもまあ2時間ドラマがだいすきです!
とゆえばおのずとワタシのレベルがわかるかと、そのてーどの人間のくくりなので
たかが知れてるよーな・・

はじめましてバットマン 

2006年02月06日(月) 22時39分
BATMAN BEGINS
DVD
DVDは気のむくまま買って、観たいときにちんたら鑑賞する派。

なんだかエアコンのききがわるくて、ベットの上で毛布を頭からかぶって
観ました。おかしはドリトス+サワークリーム

バットマンができるまで..とゆうストーリー
モーガンとゲイリーが良いひとで幸せ、とくにゲイリーがイイモンだと
ものすごく安心するのはなぜか..
前半はスターウォーズかと思いました。パダワン時代のバトマン..これは
カンペキなパクリでしょうか、渡辺さんは何語をはなしていたのでしょうか
チープな設定に感動!忍者だもんね!あ、NINNJA?SHINOBI?
まったくハリウッドの忍者ときたらおもしろすぎですサイコー
なんかわたしの記憶ではバトマンはあの井戸におちてこうもりの神様に遭遇して
超人になった。とゆう設定だったよーなきがするんですけど
夢かな?コミックのはなしかな?
あーでもマーヴェルコミックのキングダムカムで人間だったからやっぱ妄想か..
自分であの手裏剣とかつくったり、ペンキぬったりしてハンドメイドなところが泣けた
Do it yourselfの精神ですね、ホームセンターとか執事がいってたりしてなー
お金持ってイイナーイイナーとゆうのが正直な感想
あのマントは量産してほしいものです。
そういえばデアデビルのひとは弁護料だけであんな装備をそろえられたのでしょうか
と、ふと思ってしまった。まあベンは顔が長すぎるからどおでもいいんですけどー
ヒロインはあれでいいのかなーどうなのかなースパイダーマンのヒロインが微妙って
みんなゆうけど、わたしはビジンだなーとおもいますよ、バトマンのよりは。
検事だから知性でカバーか..最後の屋敷の焼け跡シーンでノーブラでしたねー
気になってしょうがなかったチクビ。
そいでもアメコミ映画は夢と希望とヘンな設定がもりだくさんでどれもすきです。
バトマンとスーパーマンはやっぱ別格だなーカコイイナーとつくづく思いました。
バトマンのあのマント!なんてカコイイの!それだけでも見た甲斐がありました

2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bqnikki
読者になる
Yapme!一覧
読者になる