ロストワールド 

2005年04月02日(土) 0時42分
林真理子著
バブルの時代に華やかに生き、今はバツ一子持ちの脚本家というのが主人公の話です。バブルをテーマにしたTVドラマの脚本を書くことになるんだけど過去の思い出と現在が同時進行している感じで流れていく。当時華やいだ生活を送ってそして今は子供との生活のために脚本家としての道で生きていくことになった主人公が魅力的です。私はバブルの時代は小学生〜高校生だったので実際どんなだったか経験してないけど興味はすごくあるので読んでいて楽しかった。いーなー、そんな時代。経験したかったなーと思う。(でもこの主人公くらい華やかな生活をしていたら普通の生活には戻れなそう・・・) byきな

あみねこ 

2005年03月26日(土) 21時45分

すんごいカワイイ!いろんな色のあみねこが、いろんなポーズで撮影されてて、まるで生きてるよう。見てるだけで幸せになる。本屋さんで見て(すごい長い間見てた)欲しかったけど、今すぐ買う必要性がなかったので我慢しました。

私たちは繁殖しているシリーズ 

2005年03月23日(水) 1時00分

内田春菊著
だいぶ前に古本屋でピンクを買い(100円だったし)、なかなか面白いなあと思ってたら、イエローとブルーも100円で発見。ノンフィクションっぽいけど、ご本人曰く実はフィクションなんだそうだ。自由奔放、でも子供はしっかり愛する!その姿勢が素敵で、「一生子供いらないかな〜」などと思っていた私だったのに「子供も面白いかも」と思い始めた。主人公=著者本人???は、金銭的にかなり余裕があるからここまで奔放生活ができるんだろうな。一般人にこの生活は難しそう。でも、何も考えずに楽しく読めるし、ある意味、ストレスなく子育てするための参考書にもなりそうな気がする。今度、レッド読みたい。byひめ

砂のクロニクル 上下 

2005年03月02日(水) 23時13分
 船戸与一著
すごく良かった!素晴らしかった!中東の民族、宗教、政治の歴史的背景を元にしているので、はじめは小難しいなあと思っていたけど、途中からそんなことは全く気にならない。ニュースや学校では教えてくれないけど、きっと戦争、革命、蹶起を私利私欲のためではなく起こそうと考える人たちの心情は本当にここに書かれている通りなんじゃないかと思えてくる。個人的には、どんな争いごとにも反対だけど、それでも彼らの心情が全く理解できない訳ではない。過去がある分、歴史もあって、歴史があるから許せないこともたくさんあって・・・結局堂々巡りを繰り返してるこの世界から争いがなくなることは、人間の欲望が完全になくなることと同じくらい有りえないのかもしれない。誰もが誰に対しても親切なことしかしたことがないところまで歴史をリセットできればいいのに。それでも結局は同じなのかな・・・。いろいろと考えさせられた本でした。byひめ

キレイと元気をつくる! DVD de ヨーガLesson 

2005年03月02日(水) 23時10分
 千葉麗子
ずっと前からヨガには興味があって、エグザスに入って週一のクラスでも行こうかなあなんて考えたことも。最近、友達がヨガをはじめたと聞いたり、いつもは見ない時間にたまたまテレビをつけたら千葉麗子のヨガ番組放送中だったり、本屋に行ったらこの本がたまたま目についたり・・・と偶然が重なってこの本購入を決意。本とDVDがセットでこのお値段¥1365。本は正直あってもなくてもいいんだけど、DVDが良い!とっても分かりやすいし、できなくてもこ〜すればいいよと丁寧に教えてくれてる。もちろんテレビをビデオに撮れば買う必要ないんだろうけど、買うと「やろう!」という気になるもんね。ひめも毎日ちょっこっとずつ実行中。ヨガ初心者には超おすすめ。byひめ

笑うな 

2005年03月02日(水) 23時06分
 筒井康隆著
友人にもらって読んだ大ヒットの本です!不思議な短編集。もーー筒井康隆天才!こういう人のことを天才っていうんだきっと。そんなことを思いました。奇想天外っていうかたちまち笑うなワールドに引き込まれてしまいます。こんな本初めて!ぜひ読んでみてください。私はほんとつぼにはまった感じですがほかの人が読んだらどう思うのかというところにもとても興味があります!byきな

血塗られた神話 

2005年03月02日(水) 23時02分
 新堂冬樹著
なんで星2つなのに・・・そうですねーなぜこの本を載せたかというと新堂冬樹という作家を紹介したかったからです。他にもっとお薦めがあるのですがまずはこれを読んでみてください。これ、大丈夫かどうか。何が言いたいかというと内容がえぐいんです。このえぐさがだめな人は他のはもっとだめでしょう。だからまずこれで試してみください。闇金をとってもリアルに描いています。あーー借金しようかななんて思っている方、新堂冬樹の著書を読むことをお勧めします。間違いなく思いとどまれると思います。byきな

百舌の叫ぶ夜 

2005年03月02日(水) 22時55分
 逢坂剛著
私自身が、ハードボイルドに初挑戦した本。 友達が「絶対面白いから読んでみて」と、貸してくれたのではなく、私に買い与えてまで薦めた本。 読み終わって、買い与えてくれた意味がよ〜くわかった。はじめから終わりまでドキドキハラハラしっぱなしなんだもん。大人が読むエンタテインメント本という感じ。 逢坂剛著の百舌シリーズは、確か5部作(「百舌の叫ぶ夜」「幻の翼」「砕かれた鍵」「よみがえる百舌」 「のすりの巣」)…間違ってたらごめんなさい…なんだけど、どれもこれも傑作。 それまで決まった著者の作品を読むことが多かったのだけど、この本が私の読書世界を広げてくれた・・・と言っても過言じゃない。もう一回、全部通して読みたくなってきたっ。byひめ

記憶スケッチアカデミー 

2005年03月02日(水) 22時48分
 ナンシー関著
この本を目にする度に、日本はなんて惜しい人を亡くしてしまったんだろうと思う。 「提示されたお題を記憶のみに頼って描く=記憶スケッチ」というアイディアも然ることながら、全国から寄せられた「記憶スケッチ」を冷静に、かつ正確に分析するナンシー関の才能教祖さまと呼びたいくらい素晴らしい。 ちょっと体調悪い時に読んでも笑えるし、一度ならず、何回読んでも笑える。 抱腹絶倒とは、まさにこのことだと実体験できる絶品。 ※「ナンシー関の記憶スケッチアカデミーU」が出版されたけど、こっちはいまいち。 ナンシー関が亡くなってしまってからの出版だったからだろうか・・・。byひめ
 

コスメティック 

2005年03月02日(水) 22時44分
 林真理子著
コスメ業界の裏側を描いた話題作です。Wowowでドラマ化されました。(業界裏側を詳しく描いているので民放だとスポンサーの問題でドラマ化できなかったようです)ちなみに主演は葉月里緒菜さんでした。仕事も恋も手に入れたい。そんな主人公は自分に正直でとっても魅力的です。byきな
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:boxthree_books
読者になる
Yapme!一覧
読者になる