1日25時間になる?? 

July 05 [Wed], 2006, 23:54
本日は東京大学名誉教授・アゲハナマハゲ先生にお越しいただきました。

始めまして、アゲハです。皆さんは地球が24時間で自転しているのはご存知だと思いますが、最近の研究によると地球の自転が速くなってきているとの事です。このままでは20年後には1日25時間になるとの結果が、アメリカNASAの研究で分かっています。原因としては我々人類が、乗る自動車・バイク・自転車が原因と言われています。みんなが使用している乗り物のほとんどが、タイヤが付いている。そして地面との摩擦により前に進んでいるのですが、その摩擦があまりにも大きすぎるために地球が回り始めているとのこと。その為に地球の自転が速くなってしまいます。アメリカのCIAの極秘調査によると、このままでは40年後には地球の一日は28時間になるということです。これを防ぐには、地球環境にも体にも優しい徒歩を優先的に使用すべきとの声が、先進国会議でも叫ばれています。しかし、インターネット接続会社の池田社長によると、徒歩を使用してもこの現象は防ぐことが出来ないとのこと。池田社長の考えによると、自動車は今まで通り使用しても良いが方向を逆にすべきだと言っている。今まで通勤で西に行っていた人は、東に行くことにより、地球の自転が抑えられて24時間を守ることが出来るとの考え。

肝心の地球が25時間になったら、どんな問題が出るのかをアゲハ先生に伺ったところ。労働時間が今よりも一時間長くなるのは避けられないとのこと!!みなさんも明日から、逆方向に歩くことをお勧めします。

NHK受信料回収も命がけ!? 

July 05 [Wed], 2006, 23:23
2006・07・05日 NHKの受信料回収の現場に居合わせた記者による話

NHK受信料の回収をしていた、Aさんは不払いを二ヶ月連続でしているBさん宅に伺った。最初は何気ない会話からスタートさせたAさん。このあたりの技術は長年の苦労を感じさせる。しかし、Aさんが受信料の話を出すと、Bさんの顔の表情が見る見ると変わっていった。そして、話し合いは罵声が飛びあう。しかし、後でAさんに聞くと罵声は良くあるとの事。Bさんは家にはテレビはない、だから受信料を支払う義務はないとのこと。しかし、Aさんもプロである。なら、確かめさせて欲しいとBさんに懇願。潔くBさんは、室内にAさんを招く。この時、記者は危険を感じながらも同行した。そして、Aさんが部屋の中をくまなく探す。しかし、テレビは見当たらない。法律上、テレビ番組を受信できる機器がない場合は受信料は発生しない。焦るAさん、ほくそ笑むBさん。しかし、Aさんはプロ中のプロである、Bさんの行動を見逃しはしなかった。Bさんのポケットの携帯が鳴ったのである、そしてメールをチェックするBさん。その時、Aさんが唸った!!あなたその携帯テレビ受信機能があるんじゃない?Bさんはすかさず、ないよ、そんなわけない!と反論。運命とはいつもいたずらである。AさんとBさんの携帯はくしくも同じもの、そして機能の中にテレビ受信あり!!Aさんがこのことを告げると、Bさんの目から涙が出てきた。Bさんが財布を取りに行って戻って来たその時である、手にはなんとナイフ!!記者は凍りついた、Aさんは冷静だった。バックから拳銃を取り出し、Bさんの足元に向かって発砲。これに観念したBさんは、ナイフを捨てた。

後日、Bさんは殺人未遂で逮捕。Aさんは殺人未遂と武器不正所持の現行犯で逮捕されたとの情報が記者の耳に入ったとのこと。

最新パソコン 死角はなし!! 

July 05 [Wed], 2006, 22:57
今回は日経平均有限会社の副部長、大田きび団子先生にお越しいただきました。

始めまして、大田です。わが社では最新鋭のパソコンの開発に1922年から取り組んできました。そして2006年、ついに完成に至りました。この最新鋭のパソコンの名前はフリーダム!!早速ですが、機能説明をしたいと思います。CPUは秒速100mを超します!!ハードディスクにいたっては要領はギガバイトの上をゆくテラバイトのさらに上、カミバイトに達しています!!これにより、外付けのハードディスクは過去の遺産になるとのこと。そしてメモリは常に脱着式!!使うときだけ、パソコンに指して使うのでパスワードの役割を果たすとの事。肝心のOSはマイクロット社の物ではなく、独自に開発したリアルタイムというOSを使用との事。特徴としては起動までコンマ0.001秒を切り、どのソフトでも使用可能。完全なる互換性を持たせたOSとのこと。わが社のテストでは動作をしなかった、ソフトはなし。完全に全て動いたとの事。また、一部ではPS2やPS3、PS4のソフトまで動いたとのことでソニーが冷や汗を流しているとのこと。そして周辺機器にいたっては、動作をしなかった物は1980年製の手作りプリンターのみと脅威の互換性を誇る!!また、機能だけでなく外観も凄い。大きさはA4ノートながら、重さはわずか200gと給食で出る牛乳瓶よりも軽い!!ダメージにも強い。同社のテストによると、登山家のピーター・モングリット氏がエベレストの山頂で自身のブログを書くのに使用したのが、このパソコンだ。その時の気温は氷点下89℃とまさに映画なみ!しかも、ピーター氏の不注意により、高さ120mにも及ぶ断崖から落ちたにもかかわらず、破損箇所はUSBポート一箇所のみと驚異的な頑丈さを誇る!!肝心の価格は35万円と、頑張ればサラリーマンでも購入できる価格帯になっている。そんな驚異的なパソコンだが、断崖から落ちてUSBポートが一箇所壊れた事に腹を立てた小熊社長の命令により、販売延期となりました。あしからず。

朝飯抜きが地球を救う!! 

July 05 [Wed], 2006, 22:45
今回は世界食品危機連合会長のアラン・アラ・モードさんにお越しいただきました。

私は常々、危機をいだいている。そして、今回は素晴らしい作戦を思いついた。それは、朝食を食べずに1日2食にするという画期的な作戦だ。私たちの研究員が調べた結果によると、3食食べる人と2食しか食べない人では一ヶ月に食費が1万円変わってくるとのことだ。また、食料の消費量も30%もカット出来るとの報告を世界各国からデータとして、送られてきている。これは非常に素晴らしいことだ。これで日本の食糧危機は少なくとも200年は心配いらないとのこと。また、一日に1食に減らすことにより、もっと食料の消費量を抑えることが出来るとの事。これにより、食糧危機の80%の問題は簡単に解決可能との見方が世界各地で、高まっている。

しかし、一方で肥満協会取締り役の高木会長は、栄養面での心配が出る。また、心身共に破滅をもたらす愚かな行為だとして、ひどく反論と批判そして憎しみを込めて発言しているとのこと。この食料危機に関する問題はこれからも続く模様。

モンスターハンター 

July 05 [Wed], 2006, 22:28
今回は特別ゲストのモンスターハンターのシュウさんのお越しいただきました。

始めまして、シュウです。自分がやっていることについて詳しく話していきます。自分は世界政府と協力して世界中を巡り、モンスターを退治しています。つい最近も、体調不良のスライムを締め上げたばかりです。基本的にモンスターは現代の武器では倒せません。武器があるとしたら、それは気持ちでしょう。またまた、最近ですが中国に行った時なんかは、政府にキョンシー退治をよく頼まれます。一体あたり3万円です。キョンシーはあごを狙いやすいから44マグナムで打ち抜きます。この間も、トライアングル海域を泳いでいたら案の定、東京タワーと同じ大きさのオクトパスが出てきました。倒し方は簡単です。自分は魔法を多少使えるので、たこの大きさを手のひらぐらいの大きさにして、食べちゃいました。

過去に戦ったモンスターの中で一番強敵だったのは、やはりナッパでした。彼はサイヤ人の中でも最強でしたね。ただし、攻撃が力任せでしたので単調で2,3日戦えば見切るのは簡単です。とどめは、ローキックでした。いかに肉体的には最強のカカロットでも、足がダメージを負えば自然と、パンチ力とエネルギー弾も威力が落ちますからね。

もっとたくさんの武勇伝を話したいですが、時間ですまたの機会に。


ちなみに記者の話によると、前回のシュウさんとは同姓同名ではなく、本人の可能性があるとのことです。

テポドン発射!! 

July 05 [Wed], 2006, 21:50
テポドンについて詳しい、テポドン研究家にして、テポドンの事をミサイルぐらいという情報しか知らないシュウ氏に、テポドンのことについて詳しく伺いました。

まず、テポドンはミサイルだ。しかし、それは別にどうでも良い。問題は北朝鮮だ。何故テポドンを発射したのか??必ず理由があり、そしてメリットがあるハズなのだ。多分、簡単に考えると話し合いを少しでも、少しでも優位に進めたいという考えなのだろう。

経済制裁だーーーーってなっているけど、北朝鮮の悪玉はそうなっても困らない。毎日の食事も日本人と同じように困らない。でも、北朝鮮の国民はどんどん困る。それは俺も嫌だ。でも、ヒーローでもない限り無理。本当に悪い奴は困らない。関係のない国民だけが困る。経済制裁。でも、それをしないと日本の国民から反発を受ける。どうすれば良いんだろうね。アメリカのお偉いさんは戦争大好き。国民の世論を操るのは世界一うまいから、いつでも戦争出来ます。好きな時にね。今だって、日本海に落ちたミサイルを理由に攻撃をしないとも限らない。イラクの時もそうだったでしょ?本当に戦争するのかなって思っていたらしやがった。まったく信じられない国と大統領だ。演説があるたびに、イラクを悪の中枢だとかね。どっちが人を殺しているんだよっていいたくなるよ。

私の考えで言えば、本当の悪人は殺してもいいと思う。なら、どういう人間なら殺してもいいのか??判断は簡単です。男同士の喧嘩で相手を殴って殺した、これは罪を償える。しかし、性犯罪目的で女性を殺した。これは死刑もしくは終身刑。よく殺した後に反省文をマスコミに弁護士をとうして、出す犯罪者がいるが、あれは駄目。反省していようが、反省しまいが問題なし。要は何をしたかが、大切。だって後から反省するならどんな犯罪もOKになるわけ??そんな馬鹿な。悪いことをしたら、その罪と対等なことをされるべき。もちろん、犯罪者だって小さい頃に幸せじゃなく、辛いことを味わったと思うけど、だからといって犯罪は不可。私は帰る!!

シュウ氏はインタビュー中に帰っていった。テポドンのこと全然聞けてないじゃん。ってかあの人、テポドン専門家??聞いたのが間違いだった。。。
2006年07月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:boxbox1982
読者になる
Yapme!一覧
読者になる