震度とは

May 20 [Sun], 2012, 3:36
震度とは地震が起きた時、その場所での揺れの大きさが

どのくらいかを10階級に分けて表した数字です。

マグニチュードとよく混同されますが

マグニチュードはその地震の規模を表す数字です。


ここでは各震度における状況を纏めてみました。

震度0

震度計でゆれを観測されるものの人はゆれを感じない。


震度1

屋内にいる人の一部がかすかなゆれを感じる。


震度2
電灯など吊り下げているものがかすかにゆれ、屋内の多くの人がゆれを感じる。


震度3

棚の食器類が音をたてたり、電線が少し揺れたりするので

恐怖感を覚える人がいるくらいのゆれがある。


震度4

吊り下げ物は大きくゆれ歩いている人や車を運転している人もゆれを感じる。

眠っている人も殆ど目を覚ましかなりの恐怖感がある。


震度5弱
棚にある食器や本棚の本が少し落ちてきたり、電柱が揺れたりするのがわかる。

耐震性の低い建物は壁や柱に亀裂が入ったり破損したりする場合もある。


震度5強

多くの人が行動に支障をきたし非常に大きな恐怖感を覚える。

棚にある食器、本などの多くが落ち、箪笥などの重い家具が倒れることもある。

補強されていないブロック塀や墓石が倒れ、車を運転することも困難となる。

一部の地域で電気、ガス、水道が止まり、地盤のゆるい地域では亀裂が生じ始める。


震度6弱

立っていることが困難で箪笥などの家具の多くは転倒する。

ドアが開かなくなったり壁のタイルや窓ガラスも破損、

落下し始め多くの家屋に亀裂が入ったり、多くの地域で電気、ガス、水道の供給が止まる。

地割れや山崩れも発生し始める。


震度6強

立っていられず、這わないと動けない。

殆どの家具が倒れ家屋のタイル、窓ガラスが破損し多くのブロック塀が倒れる。

耐震性の低い建物は倒壊し始める。


震度7

立つことも動くことも出来ず、殆どの家具が倒れたり、

大きく移動したり、飛んできたりする場合もある。

耐震性が高い建物でも大きく傾き破壊されることもある。

家屋の倒壊も増え、地割れ、地すべり、山崩れが発生するし壊滅的な被害となる。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:hideki
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bousaitaisaku/index1_0.rdf