川や海でおぼれたらどうする?

August 25 [Mon], 2014, 17:25


川に落ち、流れが速かったり、深かったりしたらおぼれてしまいます

もし立っても岸にたどり着くのが難しいようなら、浅いところに流れ着くまで

流されましょう。背中に何かを背負っていたら、両手でギュッと持って

浮力で浮くことができるので流れに任せましょう。

何もなければ、服のえりを大きく開けて空気を入れたらえりもとを押さえましょう

そうすることで、服の中の空気が浮き輪代わりになって、浮きやすくなります

靴も水によく浮くので身を任せましょう

浅いところに流れ着いたら、立ち上がって川から逃げましょう

海では突然沖の方へ流されることがあります。

このときあせって浜辺に戻ろうとすると、潮の流れに逆行することになれば

疲れて溺れてしまいます。

こういうときは、流れに身をまかせましょう

数百メートルくらいいけば流れは止まるので、浮いたまま救助を待ちましょう

自力で戻れる人は数十mほど真横に泳ぎ、流れのない場所まで戻りましょう

泳げない人は立ち泳ぎしたりしながら、時々あおむけになって休みましょう

海の中に足を引きずり込まれるのは海の底に離岸流が流れているからです

あわてず、タイミングを見て息つぎをしながら流れがとまるまで待ちましょう


離岸流の速度は水泳選手よりも早いので、体力を消耗しないように

あおむけになって浮き、呼吸を確保しましょう。

離岸流は、地形によって発生するものです。

離岸流があるところは、浜辺から沖に向って、海水の色が細く白っぽく

変わっています。

海水浴場の遊泳区域は、このような危険のない場所に設定されていますから

遊泳区域内で泳いで下さい。

海水は3%の塩が混じっているので浮力が強いので簡単に浮きます

怖がらずにやわらかいベッドで寝てるイメージで体を海に投げ出して下さい

頭を上げず足を下げずにプールなどで練習して置いてください。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:めろん
読者になる
防災が起きて直後の10秒間にすること。これが命を分けます
冷静に判断するために何をしたらいいのか、日頃から考えましょう
2014年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bousai110/index1_0.rdf