【 更新情報 】

スポンサード リンク

忘年会のゲーム 景品

忘年会シーズン真っ只中。
うっかり幹事になってしまった人は、週末に迫る忘年会のために、余興のゲームのネタ仕込みに必死になっていることでしょう。

もはや頭の中は、仕事のことより余興一色。どうしよう、何も決まってない〜。ああでも仕事もしなきゃ……なんて、あたふたしてませんか?

しかもやっとゲームが決まったと思っても、もうひとつの悩みのタネが。
それは、ゲームにつきものの景品。

とくに会社の忘年会ともなると、年齢層がバラバラなので、誰にあたってもウケのいい景品ってほんとに難しい!
そんなときは、余興のネタサイトなどを探してみてください。

人気の景品がリストアップされていたりして、「へぇ〜」「ほぉ〜」と、かなり参考になると思います。
なかには、景品をまとめ買いできて、しかも全部ラッピングして会場まで届けてくれるなんてサービスもあるので、これは利用しないテはない!?

ただでさえ仕事で大忙しの師走。少しでも無駄な時間をかけずに、忘年会を成功させたいですね。

忘年会 大人数向けのゲーム

忘年会の季節になりましたね〜。
会社などの忘年会では、余興としてゲームをやるところも多いと思いますが、大きな会社の忘年会ともなると、大人数のうえ年齢層もバラバラで、取り仕切る幹事さんも大変です。

そこで大人数で楽しめるゲームは…と言えば、やっぱり定番はビンゴゲームではないでしょうか。
座ったままできるので、年配の人にもウケがいいと思いますよ。

○×クイズとかだと、途中で脱落した人はあとは我知らぬでおしゃべりに興じちゃったりして、最後まで盛り上がりを保てないこともありますよね。
その点ビンゴならずっと可能性が残されるので、最後まで大人数を引っ張れるというわけ。

それに大人数だと進行に苦労することも多いですが、ビンゴの場合、カードさえ配ってしまえばあとは進行もラクチン。

「出た!おきまり!」とか言いつつも、なんだかんだけっこうみんな楽しんじゃう。それがビンゴなんです。
目新しさはないけど、失敗もないので、手堅くいきたい人にはおすすめですよ☆

簡単で盛り上がる忘年会のゲーム

忘年会が近くなると、幹事さんが頭を悩ませるのが余興のゲーム。
できれば簡単で低予算で、かつ盛り上がるものがいいですよね。

で、おすすめしたいのが「ホンモノ当てゲーム」。
例えば、麦茶の入ったグラスのなかに、ひとつだけウィスキーのグラスを紛れ込ませ、誰がウィスキーを飲んだか当てる、というゲームです。

回答者を引っ掛けるために、さまざまな演技をするのがポイント。
「笑っていいとも」なんかにもありそうなカンジで、盛り上がること間違いナシですよ☆

しかも必要なのはグラスと麦茶とウィスキーだけなので、準備も簡単です。
あと、単純で盛り上がるのが「ハリセンバトル」。

2人でジャンケン → 勝った方が相手の頭にハリセンを振り下ろす → 負けた方はヘルメットでガード、というアレです。
やってみると、簡単なようでけっこう混乱するんですよね。

忘年会などではお酒の勢いもあって、まわりも大爆笑になるみたいです。
宴会向けの余興を紹介しているサイトを探してみると、ほかにも色々なゲームが紹介されていますので、忘年会の幹事さん、一度チェックしてみてはどうでしょう?
P R
カテゴリアーカイブ