【 更新情報 】

スポンサードリンク

貿易実務検定対策

貿易実務検定とは貿易の自由化により多くのエキスパートが必要とされ、実務能力・知識がどの程度あるのか確認できる検定試験になります。

A級の貿易実務検定試験は年1回です。貿易関連や通関関連業務に携わる型や通関士・貿易実務に興味を持っている方など、限定せずに貿易実務検定を受験することができます。

貿易実務検定はC級、B級の次に準A級があり、A級が一番難関の検定になります。

主催は日本貿易実務検定協会です。級が上がると試験問題が増えていきます。

B級では1〜3年以上の実務経験レベル、
A級では3〜5年以上の実務経験レベルの方の実力を証明できる検定試験となります。

合格率は貿易実務検定B級で約36%、貿易実務検定A級で約7%とかなり難関です。

この検定は実務経験のレベルを証明することを主としていますので、通関士のようには就職に有利とはいえないかもしれません。貿易商社や物流会社などの輸出入にかかわる仕事に就きたい場合は有利になる可能性があります。

本屋でも参考書・テキストは多く販売されていますし、過去問題もあります。
通信講座等でもありますので、ご自身にあった勉強法を見つけて下さい。

難易度は高い資格ですが、勉強・対策をきっちりすれは、だれでも合格することは可能です。

貿易実務検定の勉強法

貿易実務検定の勉強法としは、まず一番最初に貿易実務検定協会の貿易実務ベーシックマニュアルというのを購入することをおすすめします。

貿易実務検定を主催している所が出しているテキストのようなものですので、近道と言えます。
この貿易実務検定のもので独学で合格される方も中にはいるようですが、普通は通信講座や問題集などを購入し何度も復習するうちにかなり覚えていけるようです。

大学生のうちに受験されるかたもいますが、この検定は「貿易実務経験者」の検定という向きが強いので貿易事務などの経験がまったく無い方は流れなどが判りずらい場合があります。

あと英語は、ある程度できないと難しいと思われます。貿易実務用語の勉強もしていたほうがいいでしょう、テキスト本などがインターネット通販などでも購入することができますので参考にされてみてください。
独学では難しいと思われる方は国際系のビジネス専門学校でもこの検定の講座を開催している所がありますので調べられてみてください。

どんな資格でも同じですが、テキスト・参考書だけで勉強するのではなく、過去問題も多く解くようにしましょう。
過去問を勉強していくうちに、ある程度出題の傾向などもわかってきます。
貿易実務検定は難易度がけっして低くない資格ですが、もっているとそれだけ価値のある資格です。

合格発表の日に笑えるように、計画をたてて対策勉強にはげみましょう。

貿易実務検定の試験

貿易実務検定の試験はA級のみ年1回の開催、準A級・B級・C級は年2回の開催になります。

全国17ヶ所で開催され、お近くの会場で受験することができます。
受験料は振り込みのみでのお支払いになります。貿易実務検定準A級で8500円・B級6900円・C級5800円です。

併願での受験の場合は金額が変わります。
受験申し込みをして、受験料を支払い、受験票が送って来るという流れになります。会社単位などの団体での受験も可能です。

詳しくは貿易実務検定協会にお問い合わせ下さい。また通信講座やレベル別の講座なども開催されていますので参考にされてください。

貿易商社や輸出入関係の仕事に就きたい方、また、就職や実際貿易実務のお仕事をされている方にはとても有利な検定試験になります。
私も色々な資格を持っていますが、最初から問題がすらすらと解ける人なんて絶対いません。難しいからと簡単にあきらめず自分の力を信じて頑張ってください!貿易実務検定で自分のめざす未来を勝ち取ってください。
難易度の高い資格で、合格率もそれほど高くはありません。
もっているとかならず為になりますし、勉強する価値はものすごく高い資格です。

最近では通信講座などの独学でも多くの参考書や過去問題が販売されていますので、ぜひ貿易実務検定の合格を目指してください。
P R
カテゴリアーカイブ
  • seo