怒らない

June 29 [Wed], 2011, 5:30
連日猛暑ですが皆さんいかがお過ごしです?

こう暑いと何気ないことでおこったりしていませんか?

人からいやな事をされたて、腹を立てたり鬱になったり

人はそんなあなたの姿をみてくすくす笑っていることでしょう。

真理を知る人はどんなことをされても平常心を保つ

皮肉ですが、その平気な顔を見て、嫌がらせをする人は悔しがるでしょう。

今年も後僅か。

December 19 [Sun], 2010, 7:12
おはようございます。

ここ数日、夜明け前の星がものすごくきれいに見えました。

護摩行も今月は残りわずか。

21日が終わると寺は師走で大忙し

よい年が来るようにもう一踏ん張り。

日々の護摩供その2

September 15 [Wed], 2010, 15:51
どうも、真明です。

やっと気温も落ち着きだいぶすごしやすく
なってきました。

毎日の護摩供も汗のかく量が少なく体も楽に
なってきたようにおもいます。



最近気づいたんですが天井の煙が生きてるみたい?

そんなわけないか

日々の護摩供

September 12 [Sun], 2010, 23:30
お久しぶりになります。

今年の夏はトンでもなく暑い日が続きましたね。

まだまだ残暑厳しいですが、

もっと熱い護摩供をご覧ください。

お大師さん

June 26 [Sat], 2010, 21:08
仏画色紙 弘法大師【仏像の天竺堂 仏教美術 中】


どうも、ボンクラ真明です。梅雨ですね



ちょっと箸休めに



この方、お大師さんの呼び名で御馴染の弘法大師空海。今日は
その密教最大の聖者について少し御話しを。



宝亀5年(774)〜承和2年(835)に歴史的実在した人物であります。



名を真魚(まお)と与えられたそうです。



この名はやがて「空海」という僧名を持つ
ようになるひとりの人間の俗名だったそう
です。



死に物狂いで密教というものを体得されてるんですけど、



現代でそれほどまでに自分が惚れる事に出会えることって?



羨ましくもあり、希望に満ち溢れていたんだなと思います。




来月、2回目の八千枚護摩っす。



空手バカ一代ならぬ密教バカ一代!  なんてね












損か得か

May 20 [Thu], 2010, 13:42
どうも、どうもボンクラ真明です。

先日からこちらは大雨が続いています

そして、梅雨を感じさせるくらいジメジメした空気。

夏場に体調を壊される方、けっこう多いですよね。うつ病とか。

あれは梅雨時のジメジメ感を引きずってますね

そんな中、今日護摩行で感じたこと言っていいですかね?

損か得かで人間は動きますね。

仏画ポスター 不動明王【仏像の天竺堂 仏教美術 中】


だけど、お不動さんは嘘かホントで動きます。

自分に嘘つかないで生きれるホントの意味わかったきがします。

明日で今月の護摩行も終わり。

ちょっと淋しいな。

最近、お不動さんが恋しいです〜




雨の日も風の日も

May 11 [Tue], 2010, 15:48
今日は雨です。

雨の日は護摩行に使う檀木が湿気って燃えにくくなって

和尚さんもご機嫌ななめな日

けど、がんばって明日の檀木割った、削った、出来上がり


この木は、山間部の森林組合の方にお願いして

低価格でいただいています。

それを弟子で切ったり、割ったりしてこのサイズまで細かく割り

毎朝の護摩行にお供えしています。

ちなみに、大きさで言うとギネス級。

熱いよ。

特別御開帳

March 07 [Sun], 2010, 16:09
はい、どうもどうも山寺の真明です。

前回お伝えしましたように、この度この山に沢山の方々のご協力のもと、

仮護摩堂が完成いたしました。

その記念としまして今回、特別御開帳を行います。

では、どうぞ

最奥に鎮座していますのが不動明王です。

これからは毎月1日から21日まではこの場所で護摩行が行われます。

なぜか元気になるんですよねって当たり前でした、ははは。

お不動さんですものっ

毎日、うちの和尚さん筆頭に私も含め何人かで修行しているのでございます。はい。


護摩行に身をまかせ

March 07 [Sun], 2010, 15:42
お不動さんという名で日本人にはなじみがあるとは思いますが、そのお不動さんを感じる修行がありまして、

せっかくこんなに素敵なパワースポットがあるのに始めなきゃウソでしょ?って事で、

うちの和尚さんが護摩行を始めることになりました

ただ、まだ何もない山でどうやって修行するの?って思っていたら

みんなでどうにかしようってことで、はい仮護摩堂完成


いや、はい、どう見てもお寺じゃないよね?

でも心配ご無用、あくまで仮護摩堂ですからはい

じゃあ次回は仮護摩堂完成記念として特別御開帳です。

乞うご期待


この山に竹があったから

February 10 [Wed], 2010, 15:19
この寺建立予定地には、かぐや姫が出てきそうなほど立派な竹が生い茂っていました。

そこで、砂利のままだとあまりにもってことで、何人かで竹の塀を作ってみました。


竹って面白いことに凄くしなって簡単には折れないんだけど、縦には簡単に割れる!
竹を割った性格とはこのことだ。

ただ、この塀を作るのにもう何本の竹を切ったことか?っと途中で心が折れかけるんですけど
切った竹は無駄にはぜったいしないよと、竹に独り言を漏らした今日この頃でした。(爆)