「ぼっちてんと」を使った人の感想はどう?〜その2〜

September 26 [Fri], 2014, 12:00
話題の逸品、【ぼっちてんと】を紹介しています。

商品イメージは、おおむねご理解いただけたかと思います。

前回の投稿では、商品レビューを紹介しましたが、今回も、購入者の方々の評価を紹介しますね。



仕事がはかどるから、と知人に勧められて買いました。

安かったので、失敗しても話のネタにはなるだろうぐらいのつもりで買いましたが、買ってみて大当たりでした。

狭さがちょうどよく、パソコンに集中できます。

軽いし、移動が簡単でいいですね。

壁に収納袋がついていたらもっといいと思いました。



楽しいですね。

子どもたちにとっては、隠れ家、隠れ部屋として最高の空間になるでしょう。

私の場合は、自分がワンルームで一人暮らしをしているのですが、妹が泊まりに来るということで購入しました。

妹が「ぼっちてんと」で寝ました。

届いた商品は、予想していたよりも大きくてビックリ。

開くのも、折りたたむのも簡単です。

最初は、たたみ方がむずかしかったんですが、YouTubeに方法がアップされていたので、すぐに解決しました。

----------


※気になるポイントも指摘されていますので、参考にどうぞ。


設営の練習で、たたんだり、広げたりしていたら、骨組みが入っている部分がちぎれてきました。

使い捨てと思わないと、損した気持ちになるかもしれませんね。



縫製が、雑に感じられます。

そんなに深く気になるほどではないですが。

----------


「ぼっちになりたい」「勉強や作業に集中したい」「パソコンに没頭したい」「子どものために」

用途も豊富な「ぼっちてんと」。

なんだか楽しそうじゃありませんか?

適度な狭さが魅力なんですね。

子どもの頃の、押入れの中や秘密基地ごっこのワクワク感の再現も。

お一人様ライフを快適に実現するなら、「ぼっちてんと」ですね。


⇒ 「ぼっちてんと」の詳細はこちらから


「ぼっちてんと」を使った人の感想はどう?

September 25 [Thu], 2014, 12:00
「ぼっちてんと」を購入した人の声を聞いてみましょう。

ぜひ、参考にしてみてください。


▼▼

これはすごいグッズです。

詳細にレビューしますね。

設置してすぐに「あれ?外に出たくない・・・」という心の声が。

子どもの頃に感じた、押入れの中の安心感に似ています。

守られているという感じがいいです。

テントにこもり、ゲームや動画視聴に熱中できます。

設置についてですが、5分ぐらいで簡単にできました。

そして、メーカーが推奨する120cmの机とイスを置いてみましたが、内側でイスをリクライニングできる余裕があります。

閉めきった状態だと、やはり暑いです。

私は、天井をすべて開放して、空気の流れを良くし、パソコンはテントの外に置くことにしました。

こうすることによって、ふだんの室温と変わらなくなりました。

空気清浄機を併用したら、よりいっそう快適な環境になりました。

冬は天井を閉め切って、パソコンの熱や電気座布団で乗り切れるのではないかとも思います。

節電にもいいかもしれません。

光についてですが、遮光カーテンほどの遮光力はありません。

生地が薄めなので、明るい部屋では光が透けます。

明るい部屋であれば、テント内は薄暗く、薄暗い部屋であれば、テント内は暗闇、という感じです。

全体的な感想ですが、良い意味で「未完成」です。

シンプルだし、安価で手に入りますし、ユーザーのアイデアで、いくらでも完成度の高いプライベート空間を作っていけますね。

私のように、一度入ったら出たくなくなる場合があるので、人間をやめる覚悟がある人だけ、購入してみるといいでしょう(^^)

▲▲


これ以外でも、好意的なレビューが多いですよ。


⇒ 【ぼっちてんと】の詳細はこちらから

「ぼっちてんと」はパソコンルームとしてだけじゃない

September 24 [Wed], 2014, 22:08
通勤電車・バスは人で混み合い、会社にも人、帰りも人。

飲み会に誘われて、人。

あたりまえだけど、路上に人。

ああ、もう人疲れ〜。

人間関係は大事です。

大事だけれど、常に人と会っていられるものではないですね。

家族には申し訳ないと思いつつ、家にいるときだけでも、ちょっとでもいい、ひとりきりの時間がほしい。

これが、あなたの本音のはず。

でも、「ひとりぼっち」の一時を実現してくれる「壁」や「間仕切り」が我が家にない!

そういう事情で、これまでずっとガマンを続けてきたあなたにこそ、「ぼっちてんと」がお役に立ちたいと言っています(^^)

コンパクト設計で、扱いも簡単、価格も手頃だということから大好評です。

この「ぼっちてんと」、確かに一人用空間として開発されたものではありますが、他にもこんな使い方がありますよ、というのを紹介しますね。

「ぼっち」以外にも活用できますので、参考にしてください。

----------

(1)もちろん、パソコンの作業用

周囲の光を調度良い具合に遮断する空間は、パソコン作業に集中するのに最適。

モノを置かないでおけば、リラクゼーション・ルームとしても使えます。


(2)勉強部屋としてのパーティション

周囲の視界を遮ってくれるため、集中環境が作られ、受験勉強などにはピッタリ。


(3)子ども部屋

子どもの頃の思い出といえば、そう、「秘密基地」遊び。

お子さんにとっては、【ぼっちてんと】は秘密基地そのものです。


(4)クローゼット

ハンガースタンドなどを収納して、簡易ウォークイン・クローゼットとしての利用も可能です。

----------

あなただけのプライベート空間としての利用、家族で工夫して利用。

「ぼっちてんと」には、まだまだ工夫の余地がたくさん残されています。

ご自分のニーズやアイデアをどんどん反映させながら使ってみてはどうでしょうか。


⇒ 「ぼっちてんと」の詳細はこちら


「ぼっちてんと」の詳細について

September 24 [Wed], 2014, 21:59
「ひとりぼっちでいたいなあ」

「ひとりで作業に集中できる、自分専用の空間がほしいなあ」

このような、昨今の「おひとり様ニーズ」に応えるために開発された、ひとりぼっちになるためのテント、それが【ぼっちてんと】です。

その詳細がきになるところですよね。

以下は、ネットから拾ってきた仕様に関する情報です。

・製品名:「ぼっちてんと」
・製品番号:BT1-11
・カラー:ソリストブラック
・重量:2.2kg
・素材:ポリエステル、スチール
・サイズ:幅130, 高160, 奥130cm
・推奨デスク幅:〜120cm
・付属品:ダイヤルロック
・折りたたみサイズ:径63、厚み5cm の円形

わかりにくいと感じたかもしれませんが、はっきりわかるのは、軽量・コンパクトということです。

軽くて、収納時にはかなり小さくなるということです。

でも百聞は一見に如かずということもありますので、画像をどうぞ。

↓こんな感じ。







トイレやお風呂に入っているときのように、ネカフェで過ごすひとときのように、自分だけの空間を持てたら。

それが実現できるということが、おわかりいただけたでしょうか。

もしあなたがパソコン作業をメインに「ぼっちてんと」を使いたいのなら、メリットは、たとえば、貴重なデータがいっぱいのハードディスクや、ブラウザの「お気に入り」に登録された、たくさんのウェブサイト。

これらは、たとえ親であっても、身内であっても、覗かれたくないですよね。

「ぼっちてんと」は、あなたの空間ですから、覗かれたりするリスクを最小限に抑えることができるでしょう。





この商品、画像からもおわかりいただけると思いますが、魅力は、「適度な閉鎖感」とイスを引ける余裕あるスペースなんです。

ネカフェもそうですよね。

あなただけの、おひとり様空間は、ここから始まるんです。




では次に、組み立ての様子を実演動画で確認しましょう。

超カンタン(動画から音は出ません)。





かたづけも楽々です。





設営がこんなに簡単なら、慣れてしまえば、組み立ても、かたづけも30秒程度で完了ですよね。

折りたたんだ状態のコンパクトさも、はっきりわかります。




それから、湿度や換気はどうなっているのか気になると思いますが、こんな感じになります。





「ぼっちてんと」をパソコン作業に使うとすると、ケーブル類の処理が気になりますね。

その点もばっちり解消です。





【ぼっちてんと】の隅はケーブルホールになっていて、配線をすっきり整理できますから、パソコンの周辺もごちゃごちゃしません。

素材の関係で、防音・遮音というわけにはいきませんが、プライベート空間としての機能は十分に果たしています。


⇒ 「ぼっちてんと」、詳しくはこちら


「ぼっちてんと」で、ぼっち空間をゲット!

September 24 [Wed], 2014, 21:09
まるでネカフェにいるときのように、自宅にいながらにして一人の時間を満喫できたら幸せですよね。

自宅でも実現できたら?

そうです。

自宅にいながらにして、ネカフェのようなプライベート空間を持てたら嬉しいと思いませんか?

実は、それは夢ではなくなったんです。

気になりませんか?

実は、あるグッズが販売されるやいなや、大の評判になっています。

それは、屋内設営型「ぼっちてんと」です。

この「ぼっちてんと」は「BIBI LAB」(ビビラボ)という会社が開発した、室内型のプライベートテントです。

キャンプなどで使用する一般の外用テントとは違って、用途は、あくまでも室内向け。

しかも、居住性に優れているという特徴がウリです。

「ぼっちてんと」は、特に、イラストレーター、マンガ家、ライター、デザイナーなど、在宅で仕事をすることが多い人たちから高い評価を得ています。


こんなふうに感じたことはありませんか?

自宅にいるときでも、ちょっと集中したいなとか、ひとりでぼんやりできるスペースがほしいな、とか。

せっかく自分の部屋を用意してもらってはいるけど、いつ家族が入ってくるかわからないし、とか。

身内と部屋ひとつを共同で使っていて、ひとりになれる時間や場所がないのがつらいな、とか。

たくさんの人がこのような思いを経験しているはずです。

試験前、がんばって勉強に集中しようとしていたら、勝手に親が部屋に入り込んできてしまい、集中が途切れたり。

そんな悲しい状況から抜け出すことができるかもしれません。

この「ぼっちてんと」があれば。

テントとはいっても、設置はとても簡単です。

ポップアップ式なので、広げるのも簡単、自分だけの空間をすぐに作ることができます。

広げた「ぼっちてんと」を、机の上からかぶせてください。

気分はネカフェです。

あっという間に、あなたの机の周りがプライベート空間に変貌します。

入り口にはカギもついているので、外部からの侵入を防ぐこともできるんです。

これで、大事な秘密も守れますね(^^)

天井の構造はファスナー式になっていて、開放することができます。

もちろん、閉め切れば、完全な個室の状態になるわけです。

「ぼっちてんと」を使わないときには、簡単に折りたたむことができ、コンパクトサイズになるので、収納場所に困ることもありません。




都市に暮らしていると、周囲はいつも、人、人、人。

「一人になりたい」
「作業に集中したい」

そんな自分だけの時間や空間を望んだとしても、それはムリだとか、ワガママだとか思っていませんか?

あきらめないでください。

あなたの願いを形にしてくれた人たちがいるんです。

ムリではありませんでした。

ワガママでもありませんでした。

「ぼっちてんと」が登場したからです。

これなら、価格も手頃ですし、使い勝手もよく、あなたのニーズにぴったりの商品です。

サイズは130(幅)×160(高さ)×130(奥行き)センチ。

幅120センチの机が余裕で入るように設計されています。

中の様子は、適度な狭さという表現がぴったり。




「おひとり様」が最近注目されていますよね。

ひとりカラオケだったり、ひとり焼き肉だったり。

一人でいたいという欲求は、現代では誰もが持っているものです。

そう、プライベート空間、お一人様空間が欲しいという切実な思いは多くの人が抱えています。

「ぼっちてんと」は、まさにそういう人たちのために開発されたグッズです。

チェックして損はない商品、それが「ぼっちてんと」です。


⇒ 「ぼっちてんと」の詳細はこちら