英語留学良好ではなく、おそらく唯一の方法

August 14 [Fri], 2009, 11:03
英語圏の国では"英語を勉強する言語は、最高ではない言語を改善するための唯一の方法"です
賛成か反対するか?
中国の興味深い熟語: " 1つは、 21世紀の2つのことに取り組む必要があります。コンピュータと英語" 。ある程度するために、この事実だ。 3つの科目(他の2つのこと、中国語、数学)は、すべての候補者Gaokao (中国高等教育入学検定試験) 、英語では、疑いもなく検討する必要がありますが、もっと大きく、今日の中国での以外の時に問題歴史。そのため、多くの親は子供の英語教育に大金を費やす;一部の子供たちが夏を過ごすのに送信されている/冬のキャンパスの海外。
実際、ネイティブスピーカーの英語以外の言語の国に住んで英語学習の利点があると予想することができます。俗にいうように、 "実践がなければ、知識は何も"です。彼らは完璧なタッチでの教師とされ、英語を練習する機会があるときは、好きです。
多くの人が外国語を学ぶことは、直面している問題の1つは、彼/彼女の最初の言語では、他国の場合でも、どちらもかなり上手に別の外国語を使用することができますている傾向があるとの通信にも、人々は通常に消極的である使用する資源、例えば図書、外国語の場合は選択の余地がある。彼らはまだ自分たちの国では、実際にはありません。しかし、後に海外で、何かを変更する。今回は選択の余地はない。彼らはほとんどのはらからや、自分の言語で書かれた書籍を見つけることができます。その可能性は完全に度をタップする必要があります、それゆえ人が巨大な進歩を遂げる。
海外での生活のすべての人にとっては現実的ではありません。中国の家族のは、非常に限られた数の英語圏の国に自分の子供を送信するためのコストを与えることができます。とする場合でも、十分な資金があるが正常に送信した海外での子供たちが、子どもたちは、必ずしも良い英語能力があることが保証されるわけではない。実際、一部の学生や若い人もほとんど英語の知識を持って、実証されていますが、他になじみのない文化の中で別の言語を使って話をされる恐れはなく、彼らだけであきらめている。
また、技術の進歩が行われる言語教育の方法が変わった。 CDのアクセシビリティの向上、ビデオプログラムとは、インターネットでは、多くの人々がとてもよく家で、時にその国以外の何者でも海外旅行をする機会を持っている方が外国語を学んでいます。この投稿者は、 1つは、海外に行くだけではなく、外国語を習得しても、必ずしも最も効果的な方法ではありませんduduce可能性がある。
は、英語圏の国で英語を勉強することを簡単にまとめるとするが、海外に行くことができない人の人々にとって、彼らは、その言語のマスターが、これは少し難しくなることがあります。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:botc
読者になる
2009年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/botc/index1_0.rdf