72の国と組織にサイバー攻撃、専門家は「背後に中国の可能性」

August 04 [Thu], 2011, 16:04
[ボストン 3日 ロイター] 米セキュリティーソフト大手マカフィーは3日、米国政府や国連など72の国・組織に対し、5年間にわたって過去最大規模のサイバー攻撃が行われていたと発表した。

【特集】サイバー攻撃

 マカフィーは、サイバー攻撃の背後に「国家」の存在があるとしているが、具体的な国名には言及しなかった。ただ、今回の攻撃の概要を聞いた専門家は、中国の可能性があると指摘している。

 ほかにサイバー攻撃を受けたのは、韓国や台湾、インド、ベトナム、カナダの各政府、東南アジア諸国連合(ASEAN)や国際オリンピック委員会(IOC)、世界反ドーピング機関(WADA)などの組織に加え、軍事産業やハイテク業界の企業など。

 マカフィーによると、国連へのサイバー攻撃では、ハッカーが2008年にジュネーブにある国連事務局のコンピューターシステムに侵入し、秘密データなどを調べていた。約2年間、気付かれることなくハッキングを続けていたという。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:boouhcsa
読者になる
2011年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/boouhcsa/index1_0.rdf