下書き: Shut down, 殺風景

June 18 [Sat], 2016, 13:32


既存の「制度」を並べ立て、あたかも私はあなたの救世主だと謂わんばかりで話し続ける薄化粧の顔に、たまに相槌をうちながら、いい加減、私は退屈してきた。

その椅子に腰掛ける姿をみるに、耳目納得がゆく。
彼らはつくられたものの中でのみ生き、つくられた人物像を保ち、決して新しい道を開拓しようとはしない種類の人間だ。

その必要がない環境に自らの身を置くため、若い数年間を物事を暗記することに費やし、それが終われば老人になるまで殺風景な四角い入れ物の中で息をし続ける。

開拓をする者にその低い能力を追及されれば、自らを公僕であると自嘲し、弱者であるとひけらかす。
しかし、四角い入れ物の中で養ったその目で判断するに、「低い」と思える人間にに対しては、自らが四角い入れ物の中に居ることに優越感を感じつつも、味方であると主張をする。

まったくもって、殺風景な人間どもだ

イソップ東京店さんめも。

June 02 [Thu], 2016, 23:53
この秋、日本初の「フェイシャルトリートメントルーム」併設。:-> :-> :->
あとあと!ベージュ色のすてきなカーフ製ポーチに入った、シェービングキットも東京店さん限定!

くわしく。
http://s.fashion-press.net/news/23769

Full text of Obama's speech at Hiroshima.

June 02 [Thu], 2016, 17:01

Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed. A flash of light and a wall of fire destroyed a city and demonstrated that mankind possessed the means to destroy itself.

Why do we come to this place, to Hiroshima?We come to ponder a terrible force unleashed in a not-so-distant past. We come to mourn the dead, including over 100,000 Japanese men,women and children, thousands of Koreans, a dozen Americans held prisoner.

Their souls speak to us. They ask us to look inward, to take stock of who we are and what we might become.

It is not the fact of war that sets Hiroshima apart. Artifacts tell us that violent conflict appeared with the very first man. Our early ancestors having learned to make blades from flint and spears from wood used these tools not just for hunting but against their own kind. On every continent, the history of civilization is filled with war, whether driven by scarcity of grain or hunger for gold, compelled by nationalist fervor or religious zeal. Empires have risen and fallen. Peoples have been subjugated and liberated. And at each juncture, innocents have suffered, a countless toll, their names forgotten by time.

The world war that reached its brutal end in Hiroshima and Nagasaki was fought among the wealthiest and most powerful of nations. Their civilizations had given the world great cities and magnificent art. Their thinkers had advanced ideas of justice and harmony and truth. And yet the war grew out of the same base instinct for domination or conquest that had caused conflicts among the simplest tribes, an old pattern amplified by new capabilities and without new constraints.

In the span of a few years, some 60 million people would die. Men, women, children, no different than us. Shot, beaten, marched, bombed, jailed, starved, gassed to death. There are many sites around the world that chronicle this war, memorials that tell stories of courage and heroism, graves and empty camps that echo of unspeakable depravity.

Yet in the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity’s core contradiction. How the very spark that marks us as a species, our thoughts, our imagination, our language, our toolmaking, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will  those very things also give us the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement or social innovation blind us to this truth?How easily we learn to justify violence in the name of some higher cause.

Every great religion promises a pathway to love and peace and righteousness, and yet no religion has been spared from believers who have claimed their faith as a license to kill.

Nations arise telling a story that binds people together in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats. But those same stories have so often been used to oppress and dehumanize those who are different.

Science allows us to communicate across the seas and fly above the clouds, to cure disease and understand the cosmos, but those same discoveries can be turned into ever more efficient killing machines.

The wars of the modern age teach us this truth. Hiroshima teaches this truth. Technological progress without an equivalent progress in human institutions can doom us. The scientific revolution that led to the splitting of an atom requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place. We stand here in the middle of this city and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. We force ourselves to feel the dread of children confused by what they see. We listen to a silent cry. We remember all the innocents killed across the arc of that terrible war and the wars that came before and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. But we have a shared responsibility to look directly into the eye of history and ask what we must do differently to curb such suffering again.

Some day, the voices of the hibakusha will no longer be with us to bear witness. But the memory of the morning of Aug. 6, 1945, must never fade. That memory allows us to fight complacency. It fuels our moral imagination. It allows us to change.

And since that fateful day, we have made choices that give us hope. The United States and Japan have forged not only an alliance but a friendship that has won far more for our people than we could ever claim through war. The nations of Europe built a union that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. Oppressed people and nations won liberation. An international community established institutions and treaties that work to avoid war and aspire to restrict and roll back and ultimately eliminate the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, every act of terror and corruption and cruelty and oppression that we see around the world shows our work is never done. We may not be able to eliminate man’s capacity to do evil, so nations and the alliances that we form must possess the means to defend ourselves. But among those nations like my own that hold nuclear stockpiles,we must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them.

We may not realize this goal in my lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe. We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles. We can stop the spread to new nations and secure deadly materials from fanatics.

And yet that is not enough. For we see around the world today how even the crudest rifles and barrel bombs can serve up violence on a terrible scale. We must change our mind-set about war itself. To prevent conflict through diplomacy and strive to end conflicts after they’ve begun. To see our growing interdependence as a cause for peaceful cooperation and not violent competition. To define our nations not by our capacity to destroy but by what we build. And perhaps, above all, we must reimagine our connection to one another as members of one human race.

For this, too, is what makes our species unique. We’re not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. We can learn. We can choose. We can tell our children a different story, one that describes a common humanity, one that makes war less likely and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the hibakusha. The woman who forgave a pilot who flew the plane that dropped the atomic bomb because she recognized that what she really hated was war itself. The man who sought out families of Americans killed here because he believed their loss was equal to his own.

My own nation’s story began with simple words: All men are created equal and endowed by our creator with certain unalienable rights including life, liberty and the pursuit of happiness. Realizing that ideal has never been easy, even within our own borders, even among our own citizens. But staying true to that story is worth the effort. It is an ideal to be strived for, an ideal that extends across continents and across oceans. The irreducible worth of every person, the insistence that every life is precious, the radical and necessary notion that we are part of a single human family  that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima. So that we might think of people we love. The first smile from our children in the morning. The gentle touch from a spouse over the kitchen table. The comforting embrace of a parent. We can think of those things and know that those same precious moments took place here, 71 years ago.

Those who died, they are like us. Ordinary people understand this, I think. They do not want more war. They would rather that the wonders of science be focused on improving life and not eliminating it. When the choices made by nations, when the choices made by leaders, reflect this simple wisdom, then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, but today the children of this city will go through their day in peace. What a precious thing that is. It is worth protecting, and then extending to every child. That is a future we can choose, a future in which Hiroshima and Nagasaki are known not as the dawn of atomic warfare but as the start of our own moral awakening.




引用
http://mobile.nytimes.com/2016/05/28/world/asia/text-of-president-obamas-speech-in-hiroshima-japan.html

「2016年5月27日」が来る....!

May 18 [Wed], 2016, 18:33
おそらく、来年あたり公民の教科書には載るであろう「2016年5月27日」。

歴史の浅い国だからこそ、リアルタイムでアメリカがいろいろ“やらかし”ているのをみてきたけれど、今回のは特別だ....

米国始まって以来の、“Black male”である大統領が、“現職”大統領として原爆ドーム初訪問
というまさに歴史的瞬間が近付く。。。
(ゴクリ


てゆうか、今回のサミットって本当に開かれるの、とか思ってしまうけど。
先月大規模な地震が起こったばかりで、おまけに会場、“離島”らしいよ....?

ニュースみてたら、“警備上の関係で、テロ対策しやすい離島を選んだ”とか言ってるけど
単純に原発を避けるに、ベストな土地を選んでそうな気がするんだけど違うのかな。


先のチョコレート週間で、ピエール○コリーニさんが陽気に来日されてた際、ちょうど台湾で大地震が起こって、
最終日の伊勢丹会場の予定、さらりとすっとばしたよ?\(^^)/

直営店じゃないし、「まぁ、気が向いたら♪」程度の気持ちだったのか。
いや、極に偏見の眼差しではかるに、イタリア人だから予定は未定....スミマセン。\(^^)/

(伊勢丹のコンシェルジュさん(ナイスミドル)によると、
「以前直営店が地下に入っていたときは、特に予定なくふらっといらっしゃったりしていましたね〜」って言ってたので、もともとそういうキャラのようですが!いや、ナイス・イタリアン!:-> :-> :->






そうそう!
27日は中目黒に「イソップ東京店」さんがオープンするらしい!
(六曜を気にしないお国柄....!

あとNylon Japanさんインスタで気になっていたあたらしいボディジェルですが。
(投稿後、案の定二日で削除されてたやつ。ちと早すぎましたね....)

店員さんによると6月中旬発売予定だそうで!これまたたのしみ!




あつはなついな〜

May 12 [Thu], 2016, 16:34
は、発売日に買ってしまた....Aesopさんのあたらしいボディスプレー。
デオドラントとして使うのにはもったいなさすぎる、無駄に洗練された調合!:-> :-> :->


なんか最近やたら物忘れする....!
なんなの!年齢か!これが世に言う逆らえないっていうやつか!いや、そういえば子供の頃から忘れっぽ....
....せめてまめにメモしていこう。


◆『暗殺教室』170話より◆

*またもや!読者対象の年齢層よりも、わりと大きな読者さんに効きそうなやつ。



殺せんせー:

“君たちはこの先の人生で
強大な社会の流れに邪魔をされて
望んだ結果が出せないことが必ずあります。


その時
社会に対して原因を求めてはいけません。

社会を否定してはいけません。


【それは率直に言って”時間の無駄”です。】


そういう時は
「世の中そんなもんだ」
、、、と
悔しい気持ちをなんとかやり過ごして下さい。


やり過ごしたあとで考えるんです。

社会の激流が自分を翻弄するならば、、、
その中で自分はどうやって泳いでいくべきかを



いつも正面から立ち向かわなくていい

避難しても隠れてもいい

反則でなければ奇襲してもいい

常識はずれの武器を使ってもいい



やる気を持って
焦らず腐らず試行錯誤を繰り返せば
いつか必ず素晴らしい結果がついてきます。”





やさぐれて、子供に戻ったつもりで、だらだらおやつ食べながら読んでただけなんだけど。

とんでもなく大事なことを思い出させてくださった。
ワレ マコト 気付ヲ得タリ
アリガタヤ アリガタヤ
(血ふぶきをあげながら五体投地


....ま、「漫画読んでご〜ろご〜ろ。」は、実際子供の時は許されなかったけどね....。
逃げ道なかったな〜頭も相変わらす悪かったし、要領も悪かったな〜〜。
あの頃、どうやってやり過ごしてたんだろう。


イレギュラーの凄み

May 11 [Wed], 2016, 16:43
ついにメガポップコーンに手を出してしまった....!
だってこんなの....夢過ぎるじゃないか!プリンに飛び込む殺せんせーな気分だよ!!

....えぇー....テイクアウトで。
(白目



近ごろあらためてこれはオモシロイ!と、あのフィクション作品を色々ググっていたら。

あのリーガルハイとかいう傑作は、原作モノではなく
古沢さんという脚本家の作品らしい。こさわさんね。
(『相棒』シリーズを手掛けていた、というところに何か通じるものがある気がする


「オゥ....出身地、滅茶苦茶ホームじゃないか....
愛猫たちが可愛すぎる....うちの二代目にもそっくりだ....」
などと、なんだかんだ勝手に親近感わかしてたら、Twitterさんの“画像を表示する”をクリックして
また突き放された。

ルートート・チャリティー企画での美しい花と愛する猫の絵。
本職をも目指してたのかな?

イレギュラーだ。


学生時代の専攻は日本文学か。
これは物書き業のひとにとっては王道だけれど、TVピープルにありがちなブランド大学出身ではない。
それでいて、あの緻密な法廷内攻防や長台詞、意表をつく展開づくり。

イレギュラーだ。





そういえば、殺せんせーみててもよく考えたな〜これ、ってエピソードばかりで。
大の大人がおおいに楽しませてもらっちゃってます。脳内年齢が同じだけなのか....わ、わぁぁ〜い!永遠のてぃ〜んえいじゃ〜〜!脳内限定だけど!!!\(^^)/



弱小チームであるE組が、“棒倒し”へ最強チームへ挑む際に参考にした、殺せんせーからのアドバイス....
....というか、名言だねこれは。

少年少女向けギャグ漫画というフィクションに、これもまた、とんでもないイレギュラーぶっこんできたな。




◆『暗殺教室』「リーダーの時間」より◆

殺せんせー:
“2倍の敵を打ち破った好例としては…
先生はカルタゴのハンニバルなんか好きですねぇ


道なき道を進軍して…
敵が警戒してない場所に
突如戦場を出現させ 防御を工夫し
秘密兵器も投入する

作戦の全てに【常識外れ】を混ぜなさい”



そういえば、殺せんせーの産みの親である作者さんも、音楽一家に生まれながら自身は漫画家という道を歩んだとか。

これもまたとんだイレギュラーだ!

目覚ましフィクション。

May 08 [Sun], 2016, 2:22
すっかり炭酸の季節ですね、おいひぃ。

何故いまさらこの時期に?なのかは謎だけれど、絶賛YouTubeエンドレス中のあのフィクション。
(正確に台詞書き下ろししていらっしゃる方がいたので、メモメモ。



◆リーガルハイ2【第9話】より◆

“本当の悪魔とは、巨大に膨れ上がった時の民意だよ、自分を善人だと信じて疑わず薄汚い野良犬がどぶに落ちると一斉に集まって袋叩きにしてしまう。
そんな善良な市民たちだ。”



【古美門弁論 抜粋】

徳永家の勝手口から出てきたのがたとえ突撃隣の晩御飯のヨネスケであったとしても安藤貴和に見えたに違いない、みんながそれを望んでいるから。

人は見たいように見、聴きたいように聴き、信じたいように信じるんです、検察だってそうでしょう。


(侮辱だな)

ええ侮辱したんです。
証拠によってではなく民意に応えて起訴したんです。


(我々は公僕だ、国民の期待にこたえるのは当然だ。)

愚かな国民の愚かな期待にも応えなければならないんですか。


(愚かですか?)

ええ愚かで醜く卑劣です。


(傲慢きわまりない、私は素晴らしい国であり、美しく誇り高い国民だと思っている)

美しく誇り高い国民が証拠もあやふやなな被告人に死刑を求めますか。


(本件の場合、有罪であるならば極刑が相応しい、我が国においてそれは死刑だ)



生命はそのものに与えられた権利です、それを奪うものは例え国家であっても人殺しです。


(あなたが死刑廃止論者だとは意外だな)


いえ反対じゃありませんよ、目には目を、歯には歯を殺人には殺人を、立派な制度だ、
ただ人知れずこっそり始末することが卑劣だと言っているだけです。


(白昼堂々と殺せと言うのか)

そのとおり、青空の下市中引き回しの上、貼り付け火あぶりにした上でみんなで一刺しずつ刺して首を晒し万歳三唱をしたほうがはるかに健全だ。

だが我が国の愚かな国民は自らが人殺しになる覚悟がないんです。

自分たちは明るい所に居て誰かが暗闇で社会から消し去ってくれるのを待つ。
そうすればそれ以上死刑について考えずに済み、この世界が健全であると思えるからだ
違いますか?




(仮にそうだとしても、それもまた民意だ)

民意なら何もかも正しいんですか?


(それが民主主義だ)

裁判に民主主義を持ち込んだら司法は終わりだ!


(果たしてそうかな)

そうに決まってるでしょう。


(いささか古いな、法は決して万能ではない、その不完全さを補うのは何か?人間の心だよ。
罪を犯すのも人間、裁くのも人間だ からだ。
多くの人々の思いに寄り添い、法という無味乾燥なものに血を通わせることこそが正しい道を照らす。裁判員裁判は正にその結実だ。

そして本件に置いて人々が下した決 断は『安藤貴和は死刑に処されるべき』というものだった。愛する家族と友人と子供たち の健全な未来のために、これこそが民意だ。)



《大きな拍手》




素晴らしい、さすが民意の体現者醍醐検事、実にすばらしい主張です。

良いでしょう、死刑にすればいい、確かに安藤貴和は社会を蝕む害虫です、駆除しなければならない。
次に寝取られるのは貴方の御主人かもしれませんからねえ。貴方の恋人かもしれないし、貴方の父親かもしれないし、貴方の息子さんかもしれない。
あるいは貴方自身かもしれな い。


死刑にしましょう、現場での目撃証言はあやふやだけれど死刑にしましょう。

被告人の部屋から押収された毒物が犯行に使われ たのかどうか確たる証拠もないけれど死刑にしましょう。

現場に別の毒物らしき瓶が落ち ていたと言う証言があるけれど気にしないで死刑にしましょう。


証拠も証言も関係ない、高級外車を乗り回しブランド服に身を包 みフカヒレやフォアグラを食べていたのだか ら死刑にしましょう。



それが民意だ、それが民主主義だ、なんて素晴らしい国なんだ。

民意なら正しい、みんなが賛成している ことならすべて正しい、ならばみんなで暴力を振るったことだって正しい訳だ。

私のパートナー弁護士を寄ってたかって袋叩きにしたことも民意だから正しい訳だ。



冗談じゃない、冗談じゃな い!!!



本当の悪魔とは、巨大に膨れ上がった時の民意だよ、自分を善人だと信じて疑わず薄汚い野良犬がどぶに落ちると一斉に集まって袋叩きにしてしまう。
そんな善良な市民たちだ。



だが世の中にはどぶに落ちた野良犬を平気で助けようとする馬鹿もいる。
己の信念だけを頼りに危険を顧みない馬鹿がね。

その馬鹿のおかげで今日江上淳子さんは民意の濁流から抜け出して自分の意志で証言をして下さいました。それは江上さんたった一人かもしれませんが確かに民意を変えたんです。

私はその馬鹿を誇らしく思う。




民意などというものによって人ひとりを死刑にしようというならすれば良い、所詮この一連の裁判の正体が、嫌われ者を吊るそうと言う国民的イベントに過ぎないんですから。

己のつまらない人生の憂さ晴らしのためにね、そうでしょう醍醐検事。



あなた方五人は何のためにそこに居るんです。
民意がすべてを決めるなら、こんなに格式ばった建物も権威づいた手続きも必要ない。偉そうにふんぞり返ってる爺さんも婆さんも必要ない。

判決を下すのは、断じて国民アンケートなんかじゃない、我が国の碩学であられるたった五人のあなた方です。

どうか司法の頂点に立つ者の矜持をもってご決断ください。
お願いします。

《最敬礼》


小確幸がいっぱい

April 26 [Tue], 2016, 13:50

↑ニューオリンズにしてみた :-> :-> :->



そろそろ落ち着いてきたかなーと思って、初ニュウマン。

ここ、好き。

多分バスタにあるから、高速バスの待ち時間とかにくつろいでね〜的コンセプトなのかな?
だからなのか、やたらリーズナブルなお茶飲み処がちょこちょこ入ってて、ボケっと過ごせる〜。


ブルーボトルは評判通り美味しいし、ロブションのコンセプトカフェとかも、いちいち感じ良いです。

ロブションのミストローネ、夜にいいね




びっくりしたのがオイスターバー....!ブルーボトルさんで話題持ちきりだけど、ここ入ってたのね。。凄い。。。
品川まで行かなくてもNY気分味わえるようになるんだ〜!





もうちょい空いたら〜!

クロネコさん

April 21 [Thu], 2016, 5:45

南の民に荷物送ったら、国内宅急便で初めて「2日かかります」って言われたけれど。


意味:「道路の破壊及び寸断の影響により迂回車多発で渋滞にのまれることが予測され、おまけにわりと偉い規模の余震が相当回数きていますが
プラス一日で解決します。」
ですよね、恐ろしひ
(震える手で控え伝票を受けとりながら

なんなんだ、この交通流通系インフラへの尋常じゃない執念は。
意味: 頭が下がります。




キャンペーンページで知った嬉しいお知らせがあったのでメモ。
久々の字幕付Michael moore 映画〜。


とりあえず、最低限のひゅ〜まんび〜ん常識が、これでもかってくらいの文字数で詰め込まれてっから。

(過去作品観返したくなってきた。『キャピタリズム』、『シッコ』あたり


ちょっといま疲れてて、チョムスキーセンセイ本サイードセンセイ本まで読む気力がないよーってときでも、楽しく合理的にまとまってっから!
ほんと頼りになります、文字数多いけど。文字数多過ぎて大体2〜3回観る羽目になるけど。



#『Where to Invade Next (2015)』
#『マイケル・ムーアの世界侵略のススメ』(5/27公開)』

#michaelmoore #マイケルムーア
#wheretoinvadenext

#noamchomsky #チョムスキー
#edwardsaid #エドワードサイード



スミマセン。

Remind

April 11 [Mon], 2016, 0:14
疲れたときは迷わず、くだもの〜!:->

今はいちごですかね....
全然くだものじゃないですけど、アスパラ美味....ベーコン巻きとか....(^q^)


◆出先だったら、いぶし銀な駅ナカドリンクバーでバナナジュースとか。
(最近あんまり見かけなくてさみしい


◆今日なんかの、大きい駅使える日はDean & Delucaさん。

よく考えたら、旬のくだもの丸ごと@駅近スタンド・ワンコインとは、なんて贅沢....!

それに毎節ちょこちょこ変わっているのに気が付いたときなんかは、あぁ、もうそんな季節だったかと、お腹も気持ちもまんたんになります。
いやいや、こりゃ小確幸!

**サイズは絶対大きい方で! :->



久しぶりにスターさんのメニューもきになりすぎる....
メロン〜〜(^q^)(^q^)(^q^)

2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
なまえ
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:apple pie
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:10月8日
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽
    ・音楽
    ・音楽
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

ひと月分をいっぺんに見る