ガチラスト

May 28 [Mon], 2012, 22:19



お久しぶりです。



何やかんや元カレさんとダラダラやってきまして、今になって妊娠しました。



去年だったら喜んだのにな…と言う元カレさんの言葉。



かなり悩みました。



元カレさんはおろそうと。



現実問題無理だろうと。



俺が家庭に入れば丸く収まるのは分かってるけど、今の俺には出来ない。



本当に申し訳ない。




心底あきれたけど、オヤジはどうであれ私の子供には変わりない。



産みたい気持ちと現実問題産めない状況。



こうなると親も頼れないで、果たして娘二人抱えてどう産める?育てる?



今ある貯金とギリギリまで稼げるであろう金額。



入院中は娘たちをどこに預けるか。



その後、苦労するのは私じゃなく今いる娘たちで。



相談した友達にも止められ、それでも諦めきれなくて、結局元カレさんに強く言えなかった私はおろすことにしました。



そして今日、同意書を持って中絶手術に行ってきました。



注射を打ち、点滴が付けられ、私に泣く権利はないと我慢してたけど泣けてきてしまい、そのまま麻酔により眠りにつきました。



しばらくして凄く苦しかったのを覚えています。



気付いたときには病室に移されていて、終わったんだとまだはっきりしない頭で考えてたら朝からずっと傍にいてくれた看護婦さんがきました。




『手術は中止になりました』



その言葉に驚き、そこに医師が来てその時の話を聞くと、



処置が始まった頃、私がおろしたくない、産みたいと泣き始めたと。



それは良くあることらしく、すぐに麻酔を足したそうです。



そしたら、暴れて産みたいと連呼し、その後過呼吸になったと。



いくら同意書があると言え、さすがに続行できなかったと。



『手術は中止になりました、赤ちゃんはまだお腹の中にいるよ』



その言葉を聞いて、私は落ち着いて眠りに就いたそうです。



なにが正しくて、どれが得策なのは分かりませんが、産むことにしました。



明日病院にその事を伝え、親に頭を下げに行こうと思います。



もちろん一筋縄では行かないとは思いますが。



元カレさんに会うことはもう無いでしょう。



彼はおろしてくれと決断を出したので、それでも産もうと決めたのは私のわがまま。



端から見たら馬鹿な女だけど、こんな馬鹿でも、馬鹿なりに頑張って生きていこうと思います。



これで、終わり。



ホントの終わり。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:パイン
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像パイン
» 転がり落ちる法則 (2011年10月21日)
アイコン画像ぴロ
» 転がり落ちる法則 (2011年10月21日)
Yapme!一覧
読者になる