ヴィジョネア / Visionaire 

2007年01月06日(土) 1時16分
6.The Sea

「海」
でも実際にはデザイナーやアーティストにとっては、無限のインスピレーションであるという事実に着目した今回。アコーディオン式(蛇腹)の装丁や、ポップアップの技法を用いて作られたユニークな構成。

参加アーティスト
Francois Berthoud
Sybila
Pierre et Gilles
Satoshi Saikusa
Ruben Toledo他



7.Black

「黒」

黒字に黒インクを使用するなど、各アーティストが多彩なテクニックを用い、それぞれ黒のイメージを表現します。

参加アーティスト
Bruce Weber
Mats Gustafson
Francois Berthoud
Mika Mizutani
Satoshi Saikusa
Max Vadukul他

ピーター・コールセン / Peter Callesen 

2007年01月05日(金) 19時18分

美と腐敗は、ピーター・コールセンの想像世界では密接につながっている。
まっすぐな紙が無限のストーリーを語る世界で。

コールセンはデンマークで生まれ、自分はデザイナーではなくアーティストだと考えてきた。
2つのカテゴリーには大きな違いがあると思っている。

彼の考えでは、アーティストは実用はとは関係なく生じるもので、
デザインは多かれ少なかれ実用的な昨日を遂行するものだ。

だから、コールセンは、自分の紙細工の彫刻を明確にアート作品だと見なしている。

単純な白いA4の用紙、糊、カッターを使って、彼はあっと驚くようなフォルムを作り出す。
捉えられているその紙彫刻から逃げ出そうとしている鳥、たった1枚の紙からできたバベルの塔、太った蜘蛛が這っているクレマチスでつながった天国と地獄・・・・・ロマンチシズム、欲望、死、メタンコリーがコールセン作品のおもなテーマで、ここでは繊細な切り絵で作られた3Dのイラストレーションを通じて、夢が現実となる。

繊細な紙細工は生命のはかなさについて、ときに不穏な表現をとっていることもある。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bookswater
読者になる
カテゴリアーカイブ
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる