「恐怖の金曜日」 西村京太郎 

2009年02月09日(月) 18時05分

恐怖の金曜日
西村 京太郎 (著)

私のレビュー:

出版社/著者からの内容紹介
金曜日の深夜、二週続けて若い女性の全裸暴行殺人事件が発生した。十津川警部の指揮のもと、必死の捜査を開始。そこへ犯人からの殺人予告状が舞い込んだ。ベストセラーの文庫化!(中島河太郎)

「天使の耳」 東野圭吾 

2009年02月08日(日) 17時37分
天使の耳
東野 圭吾 (著)

私のレビュー:

出版社/著者からの内容紹介
天使の耳をもつ美少女が兄の死亡事故を解明。

深夜の交差点で衝突事故が発生。信号を無視したのはどちらの車か!?死んだドライバーの妹が同乗していたが、少女は目が不自由だった。しかし、彼女は交通警察官も経験したことがないような驚くべく方法で兄の正当性を証明した。日常起こりうる交通事故がもたらす人々の運命の急転を活写した連作ミステリー。

「白夜行」 東野圭吾 

2009年02月05日(木) 18時15分

白夜行
東野 圭吾 (著)

私のレビュー:

メタローグ
前作「秘密」で、温かくて切ない物語を紡いだ東野圭吾が、今回は読む者の心を冷え冷えと切なくさせる。 1973年に起こった質屋殺しがプロローグ。最後に被害者と会った女がガス中毒死して、事件は迷宮入りする。物語の主人公は、質屋の息子と女の娘だ。当時小学生だった二人が成長し、社会で“活躍”するようになるまでを、世相とともに描ききる。2人の人生は順風満帆ではなく、次々忌まわしい事件が降りかかる……。当然ミステリーだから謎が隠されているわけだが、真相は途中で暗示されてしまう。しかし謎の存在などどうでもよくなるほどのスケールの大きさが読後に残る。(石飛徳樹)