夢見工房 

October 22 [Sat], 2005, 10:14
LaLaの読者プレゼントで見た「夢見工房」が気になって検索。

  夢見工房公式サイト

「見たい夢を確実にみられるというわけではなく、見たい夢に近づける商品としてご利用ください」 夢見工房のレビューにあるように、夢の構成を考えたり夢日記をつけるくらいの気概がないとダメなのだろうか。

著作権表示Tips 

February 26 [Sat], 2005, 12:16
著作権表示、書き換えるの面倒だなーと思ってたら
ウェブデザイナーさんのブログで素敵Tipsが。
メモメモ。
勉強になるなあ。

☆。web designer blog。☆

スティールボールラン再開確定! 

February 21 [Mon], 2005, 23:18
改めて公式にアナウンスされた模様。↓
http://annex.s-manga.net/sbr/
実のところ、ウルジャンもたまに買って読んでるので無問題。
定光とか、いろいろ面白いですよUJ。

ハチクロアニメとか 

February 06 [Sun], 2005, 23:26
明日から会社です。
でも4日行けばお休みです。がんばろう!…がんばります。

そういえば『HUNTER×HUNTER』の単行本を最近買っていなかったのですが、単行本化に当たって結構描き込まれているのだとか。
(まああの状態で売ったら返品されそうとかそういう)
買うべきか買わざるべきか。社会人になって以来、漫画に対する財布の紐の緩みっぷりが尋常でなかったのですが、最近買うのに悩むようになりました。主に物理的な要因(※)で。

『エマ』『はちみつとクローバー』『ピルグリムイェーガー』『蟲師』辺りは立ち読みなので迷わないのですが、WJは毎週買っているだけに。切り抜きでも保存しておけば、本誌との違いが楽しめそうですが。(そういう楽しみ方もどうだろう)

ハチクロといえば、アニメ公式サイトが3月8日始動らしいので忘れないようメモメモ。ここの絵を見る限りでは、割とかわいい感じです。わりと大仰なギャグシーンが多いし、案外いけるかも?→ハチクロアニメ公式サイト予定地?

(実はハチクロのアニメ化よりは、笑うミカエルの実写化の方がよほど怖いです)

------------------------------------
※物理的要因…本の重みで本棚が曲がり、スライド棚がスライドしない。

スティールボールラン再開? 

February 04 [Fri], 2005, 20:53
本屋で単行本を見ては「あれ?次っていつからだっけ?」と思ってた荒木飛呂彦氏の『スティール・ボール・ラン』がウルジャンで連載再開だとか…!?ていうか、ウルトラジャンプに移籍?

どうやらネタ元(集英社の公式サイト集英社 WEB INFORMATION)では当該箇所は削除されてしまったらしいのですが、JOJO好き(第一部から読んでるのに一番好きなのが第四部というマイノリティー…)としては気になることこの上なし。

一応 未確定情報、だけど、詳しくはこちら。
↓↓↓
荒木飛呂彦『スティール・ボール・ラン』、3月から「月刊ウルトラジャンプ」で待望の連載再開!?(追記:未確定情報になりました…)@JOJO

覚え書き 

February 01 [Tue], 2005, 10:15
朝日新聞の「惜別」で興味を抱く。
いつか読んでみよう、ということで自分用メモ。
石垣りん(詩人)
桂信子(俳人)

小生物語/乙一 

January 26 [Wed], 2005, 23:29
乙一おかしいな!(惚)

のっけから呼び捨てですみません。
作家 乙一 氏の何処までホントで何処から嘘か分からないWEB日記まとめ本。本当だと思って読んでいたらオチがついて嘘だと分かったり、冗談かと思っていたら翌日の日記でどうやら本当らしいと思ったり?(でもその日記も嘘かもしれない???)
先日爆笑問題の番組でご本人を拝見したのでありますが、とつとつと話すあの青年が一人DDRに興じたりスノボをたしなんだりしているのかと思うとちょっと面白い。…が、何処まで本当なのかやっぱり分からない…
雷見に来た友人は実在するのか否か。嘘とホントとホントと嘘の境がわからなくなる、めくるめく小生ワールド。ソファの少年はその後どうしたのだろうか。

出版に当たって乙一氏が書き加えた欄外注釈もさりげなく(わかりやすく)嘘が入ってます。一体どこまで真面目なのか。

ていうかこの本装丁がものすごくいいんですよ奥さん!
web上だと本体しか見られないのが残念ですが、帯がまた良いのです。
濃いグリーンの上に、絵はそのままで明るい黄緑の帯がたまらない。
そういう意味では新品で買ったほうがいいかも。
あ、本文中にもちょこちょこ絵が入ってて、コレがまた良いです。

それはそれとして、ジョジョの奇妙な冒険のノベルはいったいいつ出版(ごふん)
(※すでに4回くらい書き上げた上でまた書き直しているとのことですが)

本の海に溺れたい 

October 05 [Tue], 2004, 0:36
ドラえもんの秘密道具は何が欲しいか?というのはいつも盛り上がる話題だった。子供の頃「何処でもドアが欲しいなあ」「取り寄せバックがあれば忘れ物しないのに」「着せ替えカメラがいいな」とか「やっぱり四次元ポケットだよー中身つき!」(たいていこの後に「ドラえもんはいらない」とか続くわけで…子供って残酷!)なんて言いあった思い出。
大人になってもいまだに「このさいポケットの中身もいらないからポケットだけあれば部屋が片付くのに…」などと思っているOLです。

そんな私が子供の頃一番欲しかったのが「ミニチュアカメラ」と「ガリバートンネル」。べつにスモールライトでもいいのだけど、ミニチュアカメラで本屋を撮って、一日好きなだけ本を読んでいたかった。今はちょっと贅沢になって、できることならインテリアショップと本屋を撮って、うろうろいろんな椅子に座りながら本を読みたいなあなんて。見果てぬ夢。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像utan
» 著作権表示Tips (2005年02月26日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bookbook
読者になる
Yapme!一覧
読者になる