ブランコ

February 28 [Fri], 2014, 15:30
お嬢は最近素通りしていた公園に行きたがった。ブランコに乗りたがった。
もう2歳。自分で乗ってみよう。乗れたね。

なんどもなんどもこいでくれ。
そのたびににこにこしている。

ブログにはお嬢の写真を載せないけれど、
成長や、私の気持ちをまた綴ろうと思う。

記憶整理やっぱり自分の好きなように生きたい。

10年

February 27 [Thu], 2014, 9:08
ブログをはじめ10年くらい経つそうだ。
すごい。

失敗してもいいんです。

生活2

September 20 [Thu], 2012, 13:55
先日の記事で心配してくれた人がたくさん。

こんな嘆きを書くのはよろしくないのかもしれないけれど。
みなさんありがとうございました。

あれから、もっと工夫して生活しています。
やる気を与えるような。
掃除ではなく、元に戻すゲーム。
離乳食は理科。
そうするとまだましなものです。

夫は相変わらず出来た夫です。
忙しい会社でたいへんなポジションですが、それを相談出来る近所の人生の先輩。
ありがたいです。

夫はお嬢が可愛くてたまらないみたいで、写真を撮りまくっています。
たまちゃんの父。レンズが増えていた。

最近はPSで頼まれた物を作ったり、ゆるきゃらを作り出したりしています。
夫はセンスがあり、絵もうまいのでそういう相談などしています。

早く帰ってきてくれるとファミリー具合がいいかんじです。

ひとまず、ヒステリック台風は過ぎた。さようなら。

きらきらしている。

August 24 [Fri], 2012, 22:01
あなたが朝早く、それもご機嫌に起きた。
うつ伏せをして、キョロキョロまわりを見ていて、
私も見ている。

その目はとてもきらきらしていて、驚いた。

あなたがいればご機嫌な朝も訪れる。

曇りなきまなこ。

生活

August 01 [Wed], 2012, 13:43
私はまた鬱になってしまったのかと思う。

お嬢はラブリーだ。ラブリーなのが救い。
育児はまだ始まったばかりで、この先長い。
楽しみなことが増えている。

ふと、深いため息と、重圧感に心が折れる。
一人で育児をしているから。
そう思ってしまう。

夫は帰りが遅い。しかしとても優しいのだ。
問題を解決しようと、言えばここまでは出来るよと言ってくれる。

しかしなぜこんなにも苦しいのだろう。

夫と話が上手く出来たらよいのだろうけれど、平日は疲れて帰る夫に私の重たい要求をふっかける気分には成れず、休日はがっつり寝たい、疲れをリセットしたい。問題でいつの間にか脳みそが委縮して酸素が届かないような。
そして涙がこぼれる。

夫との関係がキーだということは分かっている。
けれどどうにも言えない。

朝、起きる気に成れない。夫が起きて、私も起きる。急いでパンを焼く。弁当の用意をする。
コーヒーは自分で作ってもらう。それはしてくれるようになった。
弁当は、生活費の為だ。これが家計に役だっているのならいいのだが、、、
今は財布は握っていない。
なんとなく、働く人の気持ちは分かる。
働いた人は飲む権利がある、欲しいものを買う権利がある、自由に出来るお金が無いとやってられないだろう。
私も自分のそういうお金や時間が働いている時は大事だった。
だから働いている人が握れば、几帳面な、計画性のある夫が握ればいいと思っている。
念願の主婦になると、金を多く使うことが分かった。
収入が無いことに大きな負い目を感じる。
自分の月一のプチご褒美などない。その金はおむつに消えるのだから。
でも負い目を感じながら安いものを買う。
物は増えるが何故か満足いかなかった。

働きて自由なお金があった頃が懐かしい。
私は浪費癖があるのだろうか?
財布は握れないと思ってしまう。

夫は足りるか?と心配してくれる。
私は足りさせなければ、と常に切迫している。
だから足りている、と言う。
しかし赤字なのだ。それはなんとなく夫も知っている。
難しい。

お嬢の新しいものがほしい。
一応相談するが、買ってあげてと言うだろうが
なんだか買えない。

私はケチなのか、バカなのか。
そういう脳みそは問題が常に漂っていて、整理できない。

朝弁当と、水筒を持たせて見送る。
頑張ってねでなく、よろしくお願いします、と。

夫もお嬢を頼むという。
お互いの仕事をよろしくという。

夫を送ったら洗濯を回す。ご飯が食べられたら食べる。
お嬢の身支度を整え、体操させる。ラブリー時間。

洗濯機がピーとなる。眠い。
お嬢が寝たらそれを干そう。なかなか干せない時もあるけれど。
干せたら寝たい。
お嬢が起きる。この時間はもう暑いので外に出ない。
昼ごはんの支度。泣いたら火を止め、お嬢の元へ。火を使っていたから汗だくだ。
汗だくで遊ぶ。お嬢も汗だく。べとべとだからお風呂に入ろうと準備する。
ご飯はまあ次落ち着いたらつくろう。
お風呂の準備、バスタオルの準備。
ぬるめのお風呂に入れてあげると気持いのか泣きやんだりする。
こちらも濡れながらバスタオルにくるみ、拭いて皮膚の薬を塗る。
母乳を与える。少し落ち着く。

部屋が散らかってる。
お嬢が泣くと、やっていた作業を止める。
止めて、お嬢の元へ。やっていたことが途中で、また他の事を初めての繰り返しで、
部屋がカオス。

眠い。無理やり寝かしつけていた。
寝たい。私は寝たい。寝たいがなかなか寝ない。
ごろごろとうつ伏せを始めるお嬢。
成長が嬉しい。
眠気は冴える。

ご飯を食べる。洗い物は後でいいや。
散歩に行こう。
夕食の準備を少しするよ。

お父さんは今日も仕事を頑張って遅いけれど、
お母さんはお嬢の近くにいますよ。
お風呂しましょう。
そして一休みしましょう。
その間、洗濯物を畳むね、ご飯作るね、部屋を片づけるね。
お父さんはいつ帰ってくるかな。まあ、帰りを待つのは辛いから、
いないものと考えた方がいいか。なんて思ってしまう。

一緒に食事がしたくて待って居たけれど、
難しい。疲れた。洗い物をしてあげていたけれど、先に休むことにした。
だから自分が食べた物は洗ってもらう。
洗いやすいように皿は1つに、プレートにしておいてあげる。
でもそれがおいしそうにできなくて、手間だなと思ったりする。
そんな時は私の食べかけラップを食べてもらう。
でもプレートにした方が残さない。残し方ってあると思うけど、ラップして冷蔵庫を夫は覚えてくれた。

台所の閉店の仕方は夏は大事。
ゴキブリがでるから。
生ゴミの処理の仕方を教えなきゃ。

と考えていたら夫に押し付ける事が多いのではと落ち込む。
やり方を教えるのもめんどくさくて、辛いながら自分が泣きながらやったり。

結局、歩み寄れない、言いたいことを言わない私が悪いんだと。

なにも整理出来ないまま。

毎日こんなん。

夫の事を気にしない事がいま一番楽。
ひどいでしょうが。

どうたのしく話をしていたか思い出したい。
その前に寝たい。

気遣ってくれたら嬉しい。
私は今は出来ないです。

居所

May 31 [Thu], 2012, 10:48


あなたのもとに今すぐ行きたい!と想ってしまう。

あなたに成りたい!とも想ってしまう。

あなたたちには成れない。

私の居所はここなのですから。

私の居所を守ろう。

振り子

May 14 [Mon], 2012, 21:16
心苦しい記事を見ると、感情の振り子が大き過ぎるので軸がぶれてしまいます。

私はねじれた世界に在るようです。

不安は身を守るために有るのですが、過剰になるとよくないのです。

ばぶのまとめ【10ヶ月-Dこんにちは、ラブリーなあなた】

April 01 [Sun], 2012, 18:26

3月3日


13:00 子宮口全開。ばぶの角度は変わらず仰向けのまま。旋回異常という。
この産みにくい状態も進むお産でイキミが始まる。

人工皮膜。人工的に羊膜を破り破水させる。暖かい液体が股を流れる。
お産がさらに進む。

破水したことを両親に報告したいようで、電話をしてくると主人。
やめてくれと私は言う。皆心配してる!と、どこで電話をかけるか知らないが
部屋に響く痛みに耐える声を聞かせたくなかったし、今ここから居なくなって欲しくなかった。

そして気がつけばLDRは部屋の明かりが消え、お股にスポットライト。
医師と助産師がぞくぞくとやって来た。なんだかウケた。観客動員数最多。
クライマックスか。

今までは痛いだけだった。全開で内診すると何だか便を膣から出したい気分。
陣痛の痛みはいつの間にか便意のようなものに。
便意の波にあわせて膣に取り出すために手を入れ開く。
この刺激がイキミを助長する。

よくある出産シーンの叫び。あれは痛みじゃなかった。初感覚。
力一杯踏ん張る。踏ん張るっても便以上の踏ん張り。
踏ん張ると産道に押し出され頭が締め付けられ、
早めのビートが遅く刻まれ、ばぶの心音のリズムが乱れる。
不安になる。

とりあえずイキむも出て来ず。
『あはーん』の叫びはダメらしい…。

正しいイキミ方は…の説明に今までのは何だったんだと。
何故始めに教えてくれない。と正しいイキミの説明を受けると『あはん』と叫ばずともイキめた。
そしてダメージも少ない。そして便も出た。便が出る感触は解った。
『あ、違うものが出た・・・』
と主人を気にする。こんな時に思わず恥じらう。
助産師さんは
『しょうがない事ですから』
のような事を言ってくれた。
後々、母に便が出た話をしたら、母も出たらしい。しかも母の時は助産師さんが、
『窓を開けましょう』
それはひど過ぎるだろう。空気を読んでくれてありがとう、私の担当助産師さん。


正しいイキミ方で一気に押し出す。
MCサムちゃんたちが作ってくれた【BABYSONG〜バブソング】をリピートでかける。
汗だくで汗を拭いてくれる主人。

この時は今でも思い出せる。最強だった。痛くない。
出す身体機能と想いで力を一杯注ぐ。
ドラゴンボールで言うと、超神水が効いた感覚。かりん様ありがとう。

何度も何度もイキんで頭が見えてきた。頑張って!と励ます助産師さん。





しかし話し合う医師の『緊急帝王切開』という声。
これ以上促進剤が使えない状態だった。
ここまで来ておまたから出せないなんて悔しいではないか。
さらに必死にイキむ。私は下から産む気でいたから。
産めるはず、こんなに最強の力でイキんでいるのだから。
5時になっても出て来ないなら帝王切開にしましょう。

そして、時間が来た。

マックスな状態から腹に巻いていた器具が取り出され、色々なものが片付けられ帝王切開の説明。
『大事な話なの!しっかり聞いて!』
と医師に怒られるも、まだイキみが続く。波がくると再び『あはん』の叫びを。

手術室に運ばれる時もイキみの波は消えない。
下から産みたい。
『イキんでもいいっすか!?』『我慢出来ない!!』『あはん』
と、運ばれながらもイキみと戦う。
手術室。

麻酔を打つも『イキミテーイキミテー!!』と叫ぶ。
麻酔は効かないのか?いつまでも続くイキみ、を我慢。

徐々にイキみが遠退き、下半身がポカポカする…天へ召されるかのよう。手術室のライトが明るい。

下半身麻酔で意識はある。手術が始まる。

『メス』という声も聞こえる。


18:57 ばぶが取り出された。

『性別は…?』

『女の子ですよ!』

女の子…。この子もいつかこう出産するんだなぁと遠い未来を想う。

しかしばぶは泣かなかった。助産師さんが何かを綺麗にしたり吸引したりする。
がんばれ!がんばれ!とばぶを揺らす。私はまさかとも想う。
さらに気分が悪くなり胃が痛くなる。

ばぶは濁った羊水内の自分の便を飲み詰まらせていた。

不安がる私に助産師さんは声をかけてくれる。

数分後、15分位か。
やっと産声。


安心するも、私は手術で気持ち悪くカンガルーケアが出来ず。目でばぶを見守る。
ばぶは先に手術室をでて待っている家族のもとへ。


私は縫合して20時頃、家族と会う。やっと休める。病室にいるとばぶを連れてきてくれた。

≪あなたね≫


家族が見守る中の母子対面は何故かとても照れた。
右手を腕枕した。ブルブル震わせて、ホイ!へっへっへ、と言ってみた。
そんな遊んじゃダメ!と母に怒られた。照れですがな。

私は不思議な想いをしてばぶに触れた。
あなたは毛が多くて顔は傷だらけ。おまけに色黒なのね。

こんにちは。
38時間59分の戦いは終わった。
寝よう。

ばぶのまとめ【10ヶ月-Cそして出産へ】

April 01 [Sun], 2012, 11:34
3月3日

0:00
睡眠薬を飲む。
飲んでも痛みが強くなれば眠れないし、お産に繋がるかもしれない。
痛みが遠退けば眠れる。
私は眠りたかった。
薬を服用したので、ばぶに悪いなと思いながら痛みが弱まるのを待った。

が弱まらず強くなる!!!!!
眠れないではないか!!

ナースコールを押す!!
寝れやしねぇ。

もしや。

部屋がバタバタするも、まだらしい…まだいてぇの続くんか…痛みは強く長い。
とりあえず朝とかに産まれるかとか願う。

深夜 介抱してくれる主人もかなりお疲れ。
寝てくれ。辛いのは私だけでいいっす。
変な椅子を貸してもらう。
よくある椅子を逆に座る感じ。これは痛みが多少和らぐというか、
寝てる体勢からトイレに行く為に起き上がるのが嫌なので起きやすく、
動きやすいため痛みが紛れるこの椅子体勢で乗り切る。

主人が寝ているのでなるだけ静かに痛みに耐える…も無理で叫びで起きる。
大きな波が来たら痛すぎて吐く。身体は吐いたりで拒絶気味だ。
これを数回繰り返し、朝を迎える。

子宮口はまだ5センチほどだ。

8:00 不眠不休、体力がない。
陣痛促進剤の説明を受ける。
促進剤使用による身体への影響など。主人に任せ同意。促進剤投与。

じわじわ熱くなる感じ。
投与の量や時間にきまりがあるようで、早く出して少なく済ませたいと思う。

あまり記憶が薄いが痛みは増す。徐々に開く子宮口。
だが、ばぶの出る角度が仰向けで悪い。

私が一番痛くて嫌いな体勢になれと言われる。
分娩台に乗り左を下にして、ばぶの頭の角度を変えて上げなくてはばぶは出てきにくい。
ばぶは出方を間違えちゃったらしい。母は頑張る。頼む、頭よ回れ。

痛いと呼吸が乱れおかしくなる。確か、ゆっくり吐く。
そうすると開くしばぶも回るかも知れないと。
一番頑張ったのがこの痛み。辛かった。暴れそうになり、分娩台をぶん叩く。
けれど、食い縛り落ち着けと自分で励ます。中にはばぶが在るから。

主人は痛みに耐える私を見守る。ずっと付き添ってくれている。
テニスボールで股間を押さえると何故か痛みが耐えられる。
これは何だったんだ…。
袋にパックされたテニスボール。

陣痛の波ごとに、私が『はい、くるよくるよくるよ
と騒ぐと痛みが来るのでそのタイミングで股間肛門付近をテニスボールで押し付ける。
その波は2、3分毎くらいか。その押し付ける力はかなりのちからのようで繰り返す波にかなり手が痛いもよう。
『もういいよ』と言いたい所だが今痛みはマックスなので付き合ってくれ。
てかこの仕事は助産師さんの仕事ではなかろうか…貴方がトイレに行くタイミングはもうない。
だからトイレにでも行って助産師さんにバトンタッチしなさいと思う。
付き添いはお金がかかる病院だが逆に日給を与えた方がよい。
それくらいの『仕事』をしている。

そして主人はノートにこれから産まれるばぶの顔のイラストを描いて、
『ほら、こんな子が出てくるんだよ』と励ました。

これはとっても嬉しかった。


13:00頑張った甲斐があり、子宮口が10センチ開いた。

これからが本番だ。
やっと次の段階に。
私はやったー

と叫んだ。
入院から30時間が経った。

ばぶのまとめ【10ヶ月-Bそして出産へ】

March 31 [Sat], 2012, 21:51
2012年3/2(金)



7:00ごろ 病院に到着。入院。

LDRという分娩台がある部屋に入る。
トイレもある。アクセサリー、コンタクトを外して入院着に着替えた。
すごく大きなナプキンをつける。私の腕にバーコードのリストバンドが付いた。

陣痛が強くなるのを待つ。
入院で3時間で産む人もいる。
初産なので15時間位かと予想しながら、好きなものを食べる。余裕がある。
トイレに行く余裕もある。病院の入院食を全て食べた。

点滴をつける。腹にばぶの心音と腹圧をみる器具をつける。陣痛の波がわかる器具を。
医師の内診がある。
子宮口の開きを見る。10センチまで開かせる。
まだ全くだと告げられた。てかこの内診が痛くて怖くなる。あと何回内診に耐えるのか?


12:00入院食は食べたか記憶にない。母が来てくれ、お弁当作ってくれていた。主人と食べる。

15:00病院のおやつタイムミロのような飲み物と、あんパン。あんパンは食べたくなかった。

入院から時間が経過するも、お産に繋がらない陣痛。ご飯は食べたくない感じ。

母は、まだまだだな…こりゃ長い。喋る余裕なんてなくなるんだからと言う。
私はもしかしたら痛みに強いのか?と錯覚。痛みは増しもうすぐかなと思う。

夜頃母は赤飯を炊いて再び来てくれた。しかしまだ産まれていない。
フライング赤飯を食べて体力をつける。5口頑張って食べた。

終わりのない長い微弱ながら恐怖の痛みに疲れが。助産師さんにいつだいつだと聞く。
不安がる私に助産師さんはボードに3月2日と日付を書く、今日産みましょう!と励ましてもらう。

弱いながらも痛みは増す。怖い内診を繰り返すもまだまだのようで気持ちも参る。
後戻りは出来ないが中止したいくらいの状態。
いっそ今から無痛分娩に切り替えたい位。痛み止めはないですかと聞く始末。

0:00 お産に繋がる陣痛にならない。
陣痛が遠退くなど体力が持たない状態。私もこれから更なる痛みに耐えられる気がしない。
睡眠薬で寝て、体力回復させて繋がる陣痛に備えるという事になり睡眠薬を飲む。

主人も疲れきっている。独りになるのは不安なので一緒に泊まってもらった。
入院して17時間が経った。


【身体の変化】
排泄すると溜まってたものがなくなりそのスペースにばぶが下りるからか、子宮が痛くなる。排泄したくなくなる。

陣痛らしい痛みがあるけどなかなか子宮口が開かない。

隣のLDRから叫びが聞こえ、今の痛みより更に激しいのかと想像し、びびって陣痛が遠退く。

喉が渇く唇も渇く。
yaplog!こうこく
最新コメント
アイコン画像まりたん
» ばぶのまとめ【10ヶ月-出産の兆候】 (2012年03月17日)
アイコン画像そやん
» ばぶのまとめ【10ヶ月-出産の兆候】 (2012年03月12日)
アイコン画像
»  (2011年11月22日)
アイコン画像
» 臍(ヘソ) (2011年11月22日)
アイコン画像おりえ
» 臍(ヘソ) (2011年10月26日)
アイコン画像そや
»  (2011年07月24日)
アイコン画像まりそ
» no title (2011年01月22日)
アイコン画像soyan
» no title (2011年01月19日)
アイコン画像ふじこ
» 花言葉 (2010年12月25日)
アイコン画像みき
» 東吉野村と願い2 (2010年11月11日)
アイコン画像まりんたん
» 東吉野村と願い (2010年11月01日)
アイコン画像soyan
» 東吉野村と願い (2010年10月19日)
アイコン画像まりこちゃん
» 2010GW 出来事1 「展示」 (2010年05月06日)
アイコン画像みき
» 2010GW 出来事1 「展示」 (2010年05月06日)
アイコン画像まりこちゃん
» 2010GW 出来事3 「肩書き」 (2010年05月06日)
2014年02月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28