国と個人 

2009年12月05日(土) 13時56分
国の問題の発端と解決法は、個人のそれと同じだなぁと改めて。
人の中には、善と悪が混沌としていて、そんな者達が何かを決断し、動いていく。
全部大したことはない!
苦労が多くて大人になった人で、今の自分に満足してない人は、どうしてこうも若い人に説教したくなるんだろうか。だっせー。私はそんな人間にならぬように慢心せず、少しずつ掴んで行きたい。

どうして 

2009年08月22日(土) 11時09分
仕事が上手くいかないんだろうか…やってて面白いと感じることが、皆無なんだ。私に問題があるのは勿論だが、そういう状況に追い込まれてしまう「ついてなさ」も否定できないのでは?
欲しがりすぎってわけでもない。なんだろうか。根本的に「我」を通してこなかったいい人ぶりが、ツケとなっているのかもしれない。
自分を通すために、何かと戦うってことには、思った以上の負荷が掛かる。その面倒さと、やはり強さに私は負けているんだろう。
今は逃げ出したいくらい気分が悪い。だけど、決めたことだ。あの本作って辞めよう。今はそんな「ヒール」になってでも曲げられない意地がある。それが出来たら、私はまた一回り大きくなるだろう。

年をくって… 

2009年05月23日(土) 21時42分
あっと言う間にぐるりと年を重ねる。自分は何も変わってないようなのに、周りが変わってゆく様をチラチラ覗いて、本当は変わった自分に気づく。
なりたかったものに、あの日想像していた自分に、なれたのだろうか…。いや、なれるのだろうか。ハッキリとキラキラとした未来が何故か曇っている。

今はただ、目の前にあることを一つずつ一歩ずつ、やり込んで行くしかないんだ。何のため、もちろん自分のため。
こんなにも長く、自分のことばかり考えられるのは、ラッキーなことかもしれない。だけど、煩悩の多い人間はそれすら苦痛としか思えなくなるんだ。

わからない明日を、確実なものにするために。
だから私は今日も一歩。玄関を開けて。

カウンセリング 

2009年01月11日(日) 13時08分
行ってきました。密教系のお坊さんのところ。
前日にスッキリ感丸出しになった私。結論がでた以上、やることが明確になったので、迷いや戸惑いは激減しました。
今のところを選んでしまった私に、何かしらの問題があると自罰的になっていたのですが、いやいや、そこはスルーしよう。大事なのはそこじゃない。適職って言われたし。次は産休がシッカリとれて、仕事も満足行くことが出来るように、慎重に選ぼうと思いました。後悔しないように。体にも気を付けて。イエス!

いろいろ 

2008年12月03日(水) 22時02分
モヤモヤのわだかまりは、全く持って収集がつきません…。このままの自分はイヤだし、このモガキがいつかの日か自分の力に変わることを信じて、今はやれるだけのことをただ無心にやるだけなのかもしれません。
結局のところ自分で選んで来たのだから。今私に与えられたこの相手にされない感丸出しの悔しさやモヤモヤ感は、きっと私がなんだかの方法で乗り越えられるから与えられたものだろう。ジタバタするのはもう止めよう。とりあえずは、今やれることを少しずつキッチリこなしていこう。頑張れ、自分。

吉井くん 

2008年11月03日(月) 0時08分
原点回帰。吉井くんの歌声とともに。何をモヤモヤしているのか?心しかわかっていない問題。つまりは、人に説明できない『何か』。
ここに来るまで犠牲にしてきたもの…全てに感謝の心を忘れないこと。
早くも忘れそうになってた。
今の私は今の私だけで作られたものではない。周りの関わった人すべてに感謝です。ありがとうございます。

目標 

2008年08月16日(土) 13時51分
知らないことをやっているから、自信はない。しかし、歳はとっている。なんだかな。いわゆる「面倒くさい女」に突入してきた。
まったくの社会人未経験でもないのに、その扱いに憤りを覚える。バカか。そして、間違っていないことに対して、頭は下げられない。誤解されようが、不器用だろうが構わない。大事なことは、自分が人から教えられたことを出すだけ。信念は曲げないこと。フラフラしたところで意味がない。
ここに来るために犠牲にしたもの。掴まずして降りるのは、時期尚早。天は自らたすくるものをたすく。頑張れ!!

悲しいかな 

2008年07月24日(木) 0時12分
お金がないと惨めになる。気分が沈むし、第一人に迷惑を掛ける。しょうがないではなく、どうにかしないと。お兄ちゃんには孝行をしないといけない。本当に。
辛い思いばかりをさせてしまう。金のために。楽なことなんか一つもない。どん底からの這い上がり。大事なことはやっぱり、人に迷惑をかけないこと。これしかない。これじゃなきゃダメだ。なんかもしかすると良い経験をしているのかも。金で自立しなきゃ。33歳までに100万貯めよう!これしかないな。そして一つ今年中に本を出そう。兎に角、この2つの目標をクリアさせます。

卒業 

2008年03月25日(火) 23時54分
卒業式には行かなかった。証書貰えなかった。お金に悩んでばかりの4年間だった。気に入ってた服が8千円もした。躊躇している。
なんか虚しい。
「おめでとう」って言われたくて頑張ったわけでもないのに。

モテたい理由 

2008年03月23日(日) 16時50分
赤坂真理著の同書を読んだ。
女の業か。私が一番納得したのは、『女は他力で上昇した女を羨ましがる』というところだ。
私は本来、結婚を気にしてこなかったというより、嫌悪してきた。女の勝利の照準をそこに合わせることの無謀さ、つまりは他者によってでしか幸せになれないという考え方が嫌いだったからだ。そこには、女としていきていくうえで、多分に不利な状態で生まれ落ちてしまった(早い話、美人じゃない)自分から社会への小さな反抗とそこから身を守るための簑が隠されていた。
しかし、つい最近、私の文章の先生が熟成と付き合い始め、私が喉から手がでるほど欲しがった『マスコミデビュー』を彼女が、もちろん先生の援助で出来たことを知り、真顔で嫉妬したのだった。
借金してまで大学行って、ようやく小さい出版社ではあるが、マスコミ関係の仕事に就いたのに、自分がやってきたことに対する感情はもろ無視して、ただ単に彼女の他力によるワープを羨んだのだ。
人は結局、自分が手に入れられない物を手入れられている人に究極の羨望を持ち、それを手に入れたとこで何になるってことはないのに、同じことを繰り返す。そんな業の深い私たちの本質に迫った本書は、今の世の中を読み説くための一つの要素となりうるだろう。
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:boogie5
読者になる
Yapme!一覧
読者になる