啄木の生活のうた

January 26 [Mon], 2009, 12:05
☆「啄木のうた」 石川正雄 編 教養文庫

※<歌は心のこえ>より
 歌はやはりシンミリしたものでなかればならぬ。
 そして深い味わいのあるものでなければならぬ。
 古いことかもしれぬが、心のこえでなければならぬ。
※<食らふべき詩>より
 両足を地面に喰っつけて歌う詩。
 実人生と何等の間隔なき心持を以って歌う詩。
 日常の食事の香の物の如く、我々に必要な詩。
※<くらしの思い>より
 <愁ひある少年の眼に羨みき
  小鳥の飛ぶを飛びてうたふを>
 <新しき明日の来るを信ずといふ
  自分の言葉に嘘はなけれど>

☆キューバ・ラテンのうたも、短歌や詩なども、
 歌心は通底し、人々の心身に響くものだと思う。

キューバを廻るフォーラム

January 21 [Wed], 2009, 7:32
☆「知られざる豊かな国」フォーラム
 主催<キューバ友好円卓会議>
 http://cubaentaku.web.fc2.com/

※キューバを通して見えてくる世界
 キューバ革命の意義や成果、キューバが世界で
 果たしてきた役割やこれからの展望などについて
 そのベールの向こうの姿を伝えるために、この年
 キューバ革命50周年を記念して開催されるという。

※フォーラムの語り手
 〇工藤律子(ジャーナリスト) 「キューバが語ってくれたこと」
 〇戸井十月(作家) 「キューバ、人を信じる人びと」
 〇白根全(写真家) 「祝祭と叛乱、キューバのカーニバル」
 〇吉田太郎(長野県農業大) 「雇用政策と直結したキューバの教育」

※思うことなど、 関西でないのが残念だが
 見えてくる・見えてこない、あるいは、知るや・知られざるやの
 境界を見据えながら、キューバ音楽を通して心を寄せ続けようと思う。

あの震災から14年

January 17 [Sat], 2009, 0:05
※1995 1・17 阪神大震災のこと、
 あの日あの時から、<もう>あるいは<まだ>14年。

※YouTube映像から、神戸の鎮魂歌を、
 歌い継がれる心の絆をあらためて噛み締めて思う。

☆「しあわせ運べるように」 作詞・作曲 臼井 真
  http://jp.youtube.com/watch?v=BNRR7FI1OjE

  地震にも負けない 強い心をもって
  亡くなった方々のぶんも 毎日を大切に生きてゆこう
  傷ついた神戸を 元の姿にもどそう
  支えあ合う心と明日への 希望を胸に
  響きわたれぼくたちの歌 生まれ変わる神戸のまちに
  届けたいわたしたちの歌 しあわせ運べるように

  地震にも負けない 強い絆をつくり
  亡くなった方々のぶんも 毎日を大切に生きてゆこう
  傷ついた神戸を 元の姿にもどそう
  やさしい春の光のような 未来を夢み
  響きわたれぼくたちの歌 生まれ変わる神戸のまちに
  届けたいわたしたちの歌 しあわせ運べるように

悲しき負の連鎖

January 12 [Mon], 2009, 8:12
☆「空爆の歴史ー終わらない大量虐殺」 荒井信一 岩波新書

※本書の案内文としては
 欧州諸国による植民地制圧の手段として登場した空爆は、
 現在まで戦争の中心的役割をなし、負の発展を支えてきた。
 加害者側の圧倒的な力の優位性を背景にして、とめどなく
 繰り返されてきた破壊と虐殺の実態を追究し、皆の心に訴える。

※そして中東の悲劇に重ねて思う
 昨年末からのイスラエル軍によるパレスチナ自治政府ガザ地区への
 空爆と地上侵攻は年が明けても更に強まり子供を含む多数の一般人
 が犠牲者となっている。ガザ地区内の約150万の人々はこれまでも
 イスラエルによる封鎖によって食糧・燃料・医療面の不足に苦しめられ
 そのうえ空爆や砲撃で悲惨きわまりない人道的危機におちいっている。
 遠く離れた日本でも多くの人が関心を持ち声を上げることが大事だと思う。
 

新キューバ学究系

January 07 [Wed], 2009, 7:34
☆「キューバ研究室」
〇1月20日追記
 作者の記事の中で、この案内記事の印象の言葉に言及されている
 ことに気付きました。勝手な案内のため、不都合を感じられたようです。
 そのうえで、一旦公開された記事であり、またそれについて言及された
 記事も公開されたということで、文章としても記憶としても残っているので
 へんに改変などはしない方がよいと思っております。ただ、オープンで
 フリーなものといえ、気がすすまないと察せられるリンク張りについては
 はずさせていただくことにしました。あしからず、ご了承のほど願います。

※作成者は、
 岡知和氏という方で、日本キューバ友好協会会員であり、
 ラテンアメリカ現代史の研究者で著作もある人のようである。
※案内の口上は、
 <キューバについての情報には、単純な間違いから、あるいは
 善意からですが、事実とかけ離れた情報が少なからず見られます。
 でもそうした「知」は「力」になれません。客観的な資料にもとずいて
 キューバの真実をお届けしたいと思います。>
※はじめてみた印象は、
 扱う内容として、テーマは多彩でありデータも豊富で申し分ないが、
 研究論文のような記述体のため硬い感じでやや読みずらいと思った。
 それからブログでの情報記事等は知るきっかけや判断材料に過ぎず、
 受け手も受け取り方も様々のため、<みんな違って、みんないい>程
 がいいのではと思った。これからさらに、柔軟で丁寧な姿勢や目線で
 馴染やすく平明なものに成るように願い、しばらく見続けたいと思った。

新年のご挨拶

January 01 [Thu], 2009, 0:01

☆あけましておめでとうございます。
 明るく穏やかな年になりますように。
 本年もかわらず、よろしくお願いいたします。

※年の初めに、折り込み都々逸風のものを、
 「う」るわし年に     「ゆ」めと希望を
 「し」ずかに歩め     「め」ざして行こう
 「ど」んな時でも     「み」なで動けば
 「し」っかりと       「て」が届く

2009年01月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ボン 大塚
» 謹賀新年 (2017年01月09日)
アイコン画像ジャム
» 謹賀新年 (2017年01月03日)
アイコン画像ボン 大塚
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ジャム
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月26日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月25日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ボン 大塚
» 人の見方についての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ジャム
» 人の見方についての会話 (2016年02月23日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月23日)
月別アーカイブ