ブログ散歩の道標

October 27 [Mon], 2008, 0:10
☆「Japan Blogs Net」
  http://japan-blogs.net/

※ブログ界を六分野別に定点観測しているとのこと。
 <インターネットで読み解く>サイトの記者コラムで著名な
 団藤保晴氏のブログ巡回チェックの手の内公開のようである。
 ただ、任意の取り上げブログの物差しや好み度といった面で
 個人差からくる過不足感がでるのは、仕方ないのかもと思う。
 そのうえで、ブログ散歩の指標として大きな試みで重宝だと思う。

※六分野の内訳 ブログ数
 ○ 政治・経済 32 ○ 社会・医療 29 ○ 科学・IT 28
 ○ 食・グルメ 27  ○ 芸能・趣味 24 ○ 話題・ネタ 16

これでいいのだ、よ

October 20 [Mon], 2008, 0:05
「これでいいのだ」 赤塚不二夫自叙伝 文春文庫

※ギャグ漫画の王様だった
 昭和10年 旧満州で誕生、平成20年8月2日永眠(享年72才)
 代表作<おそ松くん><天才バカボン><ひみつのアッコちゃん>等

※タモリ 白紙の弔辞での別れの言葉
 <わたしもあなたの数多くの作品の一つです>
 これ以上の惜別の言葉はないだろうと思われる
 レレレのおじさん(赤塚不二夫)はラララの博士(手塚治虫)の傍へ

※赤塚ギャグ漫画よ、永遠なれ
 おやじとかあちゃん、漫画との出会い、トキワ荘時代のこと。
 ときに爆笑、ときに涙とともに、想いを込めて綴った驚きの人生。
 赤塚ギャグに通低するもの、それは家族の絆そのものだったのだ。
 そして、<これでいいのだ>と波乱万丈の人生を楽しんだのだった。
 一読者として、そのココロを噛み締めながら、ぼちぼちと生きていきたい。

メキシコシティの泪

October 15 [Wed], 2008, 20:02
☆哀しきメキシコシティの秋ー知られざる学生運動弾圧

※トラテロルコ広場虐殺事件から40年
 1968年10月2日早朝のメキシコシティ。
 強権的な政府に抗議のため、トラテロルコ広場に集まった学生達に、
 警察と軍の部隊が銃撃し、政府発表で26人だが実際には300人を
 越える学生達が犠牲になったといわれ、今だ真相が明かされずという。
 その頃、日本でもベトナム反戦を中心にした学生運動や市民運動が
 大きなうねりとなっていた時で、遠い国メキシコでオリンピック開会前に
 これほどの弾圧と虐殺が行われていたとは思いもよらないことだった。
 1968年プラハの春・パリ五月・米のいちご白書・メキシコの秋忘れまい。

※参照ニュースサイト記事
 JANJAN<メキシコ68年「トラテロルコ」忘れぬ>
 http://www.news.janjan.jp/world/0701/0701278942/1.php

ジョーク 天国と地獄

October 10 [Fri], 2008, 0:07
「らばQ」 世界中からニュースサイトより
10月6日付<コンピューター業界の天国と地獄>
http://labaq.com/archives/51107674.html

※元ネタ 欧州で有名なジョーク 天国と地獄
               天国     と     地獄
○料理人は       フランス人       イギリス人
○警官は         イギリス人        ドイツ人
○技術者は       ドイツ人         フランス人
○愛人は         イタリア人        スイス人
○銀行家は       スイス人         イタリア人 

※続編 コンピューター業界 バリエーションもの
               天国     と     地獄
○マネージメントは   インテル         アップル
○デザイン設計は    アップル         マイクロソフト
○マーケティングは   マイクロソフト      アイビーエム
○プライス決定は    ゲートウェイ       インテル
○サポートは       アイビーエム      ゲートウェイ

※なんとも懐かしいジョーク・ネタ
 3年位前か、在英邦人のクバニータさんのブログで紹介があり、
 確か日本人やキューバ人ならどうだろうと話が盛り上がったもの。
 だがこのコンピューター関係については全くの不勉強で疎いため、
 もうひとつピンとこず、なんとなくなるほどなあと思った次第である。
        

イマドキの症候群

October 06 [Mon], 2008, 7:11
”や〜めた”という投げ出しの様相(ZAKZAKニュースより)

※<燃え尽き症候>と<荷降ろし症候>
 <もうや〜めた>と<あなたとは違う>などの無責任言動で
 <イマドキ的>で<ヒトゴト的>な症状がちまたで蔓延している。
 だれにでも思い当たるフシのある内容であると思うが、陳腐な
 使い古された言葉や表現で今更とも思う。ありふれた処方箋より
 ゆったりした心構えで<山よりでっかいシシは出ん>が大事と思う。

※用語の簡単な説明(これも一概には言えないと思うが)
 ○<燃え尽き>は高い理想を持ち、仕事などに全力で打ち込んでも
  それがうまくいかなかったり、組織内外でのまわりとの対人関係も
  うまく取れないなどで、身も心もズタズタに疲れ果てた状態をいう。
 ○<荷降ろし>は目標や予算などを達成して一息ついても、これまで
  ためこんでいたストレスが溢れ出し、身気力・放心になる状態をいう。
  なんだか、どちらの用語も説明すればするほど切なく哀しい言葉だ。

ブログ言論概説本

October 01 [Wed], 2008, 0:06
☆「ブログ論壇の誕生」 佐々木俊尚 文春新書
 特別付記 作者が選んだ著名ブロガー 171
 http://www.bunshun.co.jp/blog_rondan/index.htm

※訴求案内文は
 インターネットの世界に出現した巨大なブログ論壇。
 その新しい言論は旧来の古い言論界と激しく対立し、
 超克しようとしている。新たな公共圏生成の流れを記す。

※読後の感想は
 手際よくまとめられた、見通しのよいネット・ブログ界の俯瞰図。
 改めて、ネットは良くも悪くもオープンでフリーなものだと思った。
 ただ、ネット発言やブログ言論への期待値が高すぎではと感じた。
 それほど、社会や世間一般に何かをもたらせるものとは思えない。
 やはり、それなりのものとわきまえることこそが必要で大事だと思う。

2008年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ボン 大塚
» 謹賀新年 (2017年01月09日)
アイコン画像ジャム
» 謹賀新年 (2017年01月03日)
アイコン画像ボン 大塚
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ジャム
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月26日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月25日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ボン 大塚
» 人の見方についての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ジャム
» 人の見方についての会話 (2016年02月23日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月23日)
月別アーカイブ