ワールド音楽一口メモ21

August 29 [Wed], 2007, 9:56
The Wolf Survive Los Lobos Slash M25P1203

ロス・ロボスは、米西海岸を拠点に、30年以上に渡って活躍してる
チカーノ音楽(メキシコ系米国人のルーツ系音楽)を代表するバンド。
それはロックとメキシコ伝統音楽を基調として、ブルース・カントリー
ソン・ボレーロ・クンビアなどを取り込んだ汎ラテンアメリカ音楽である。
本作は84年のメジャー・デビュー作で全米はじめ各地で注目された。
更に87年には早世したリッチー・ヴァレンスの伝記映画ラ・バンバの
主題歌を全米チャート1位に押し上げ、世界中で人気を博することに。
このルーツ色の濃いミクスチャー音楽は今聴いても新鮮だと思われる。

☆YouTubeの映像
 Los Lobos <La Bamba>
 http://jp.youtube.com/watch?v=YicJPLT1dWU
<One time one night>
 http://jp.youtube.com/watch?v=qmgfLI1NBe8

ワールド音楽一口メモ20

August 24 [Fri], 2007, 7:56
The return of el parche Steve Jordan RCD 6019

スティーヴ・ジョーダン(西語名エステバン・ジョルダン)はアメリカ南部
テキサスのサンアントニオ出身で、右目アイパッチがトレード・マークの
アコーディオン奏者兼歌手である。西語と英語を交えたテハーノ音楽
あるいはテックスメックス音楽の雄として異彩を放ち、人気を誇っている。
それはラテン・カントリーかラテン・ブルースとも呼べるもので、日本風に
テキサス歌謡か演歌とでもいえる、イナタくダサい大衆歌であり、また
ダンス音楽であると思う。ともあれなんだか妙に懐かしい郷愁を誘なう
響きの音楽なので、たまに聴いて切ない心情になるのもいいかなと思う。

☆YouTubeのライブ映像
 Steve Jordan <Mariachi>
 http://jp/youtube.com/watch?v=XMxJO7Uf-ts

ワールド音楽一口メモ19

August 20 [Mon], 2007, 7:45
Zydeco Blowout Clifton Chenier BFY47002

クリフトン・シェニエはアメリカ南部ルイジアナのスワンプ地帯出身の
ブラック系アコーディオン奏者兼歌手で、フランス系住民を中心にして
作られたクレオール音楽のケイジャンと黒人音楽のカントリーブルース
を独自に融合させ発展させた音楽といわれるザディコの第一人者である。
それはボタン式から鍵盤式のアコーディオンを主役に、ラブボードという
洗濯板をこすって刻むリズムで脇を固め、ディープでありながら軽快な
ダンス音楽として、今も大衆に愛されている。本作はザディコの歴史を
振り返り、キング・オブ・ザディコの真髄に触れる格好のものだと思う。

☆YouTubeのライブ映像
 Clifton Chenier <I’m a hog for you>
 http://jp.youtube.com/watch?v=TVCn2WQ-cNk

いわゆる団塊本

August 15 [Wed], 2007, 0:07
「団塊世代の戦後史」 三浦展 文春文庫

※分析と考察
 団塊世代を理解せずして、戦後史も未来も語れない。
 圧倒的な影響力を持った異民族のような世代を分析、
 その保守性と革新性の二面性を浮き彫りにして考察、
 下流社会も友達夫婦も全てはここから始まったという
 誰が読んでも妙に懐かしい団塊世代本の決定版とのこと。

☆みんなちがって、みんなどうなん
 「生まれた時代で、ひとくくりにしないでほしい」
 「人生いろいろじゃないが、個々人それぞれでいいのでは」
 固まりに見立てての分析と考察だというが、買い被りすぎで、
 たいしたことなかったと静かに退場を見送って丁度かもと思う。

アフリカ ディーヴァも

August 10 [Fri], 2007, 9:35
さらに「世界は音楽でできている」より

※<中南米・北米・アフリカ編>のディスク・ガイドを参照して
 アフリカの歌姫たちも 例のごとくYouTubeで探索してみました。
 こちらもまた、幅広く奥行きも深くて、なかなか面白いものでした。

☆キューバ生まれカーボヴェルデ
 Mayra Andrade <Tunuca>
☆ベナン
 Angelique Kidjo <Wombo Lombo>
☆マリ
 Oumou Sangare <Africa Live>
 Rokia Traore <Africa Live>
☆サウスアフリカ
 Brenda Fassie <matsidiso>
☆ソマリア
 Maryam Mursal <maryam mursal>
☆モーリタニア
 Malouma <mouritanie-music>

ディーヴァたちの映像

August 06 [Mon], 2007, 7:45
「Wabisabiland」(北中正和氏)の記事参照
http://homepage3.nifty.com/~wabisabiland/

※世界の女神たち CDシリーズの解説を元にして、
  いつものようにYouTubeで動画の探索をしてみました。
 もしかすると好みの歌姫が見つかるかも、ぜひおためしを。
☆ギニア・ビサウ
 Eneida Marta <Mindjer Doce Mel>
☆ギリシャ
 Kristi Stassinopoulou <We are flying>
☆スペイン・マジョルカ
 Maria del Mar Bonet <Sonet>
☆イスラエル
 Yasmin Levi <La Alegria>
☆チェコ
 Raduza <Studeny nohy>
☆ハイチ
 Emeline Michel <A k i k o>
☆コロンビア
 Toto La Momposina <festival ceiba>
☆インド
 Asha Bhosle <Sanam Teri Kasam>
☆バングラデシュ
 Farida Parreen <Kaala Sana>
☆ウズベキスタン
 Yulduz Usmanova <Sanamgina>
☆そしてキューバ
 Omara Portuondo <La Sitiera>

スクリーンの彼方へ

August 01 [Wed], 2007, 6:38
旧き良き映画の時代を代表した一人で最後の巨匠と称された
スウェーデン出身の映画監督 イングマル・ベルイマンが天に召された。

☆名作「処女の泉」「野いちご」が忘れられず
 映画の中で奏で続けた滅びゆくものの叙情は美しいものだったが、
 良かれ悪しかれ、エゴイスティックなものではなかったかと思われた。

☆歌人の故・寺山修司が愛唱した名せりふ
 我がもとめる友よいずこ
 夜はあけて心さびしく 時は過ぎ時は過ぎ
 日は過ぎゆけど 友はいずこ 訪ねあたらず
2007年08月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ボン 大塚
» 謹賀新年 (2017年01月09日)
アイコン画像ジャム
» 謹賀新年 (2017年01月03日)
アイコン画像ボン 大塚
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ジャム
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月26日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月25日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ボン 大塚
» 人の見方についての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ジャム
» 人の見方についての会話 (2016年02月23日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月23日)
月別アーカイブ