キューバ関係映画

May 28 [Mon], 2007, 7:43
「コマンダンテ」(COMANDANTE)

2002年2月、アメリカの社会派として名高いオリヴァー・ストーンによる
キューバの最高指導者 フィデル・カストロへの30時間にも及ぶ直接の
インタビューを100分の長さに凝縮しまとめたドキュメンタリー映画である。
オリヴァーはフィデルと共にカメラの前に身を置いて本音を引き出そうとし、
それによって、フィデルは自らの若き日々のことやチェ・ゲバラへの思い、
かってのキューバ危機と今のキューバについて包み隠さずに語っていく。
まさにフィデル・カストロというカリスマ的な指導者の素顔と真実がみえて
くる秀逸なものだと思う。そして多くの人々の記憶と記録として残るだろう。
ただ個人的にはどうしても現実的な政治権力を手中にしたフィデルよりも、
激しくも儚ない夢に散ってしまったチェ・ゲバラの方に心引かれてやまない。

ワールド音楽一口メモ18

May 25 [Fri], 2007, 9:49
In Concert Jimmy Cliff REP M52256

ジミー・クリフは1948年ジャマイカ生まれで、70年代のはじめには
メニー・リバーズ・トゥ・クロスなどのヒット曲を連発し、ボブ・マーリー
に先んじてスター・シンガーとなっていた。そして1972年に映画の
ザ・ハーダー・ゼイ・カムに主演して、そのサントラ盤により、レゲエを
世界中に印象付けた。それはカリブの青い海と空の下、乾いた空気
の中で、ジャマイカの貧しいゲットーの苛酷な生活と反抗する若者達
をみつめながら、哀歓を誘うレゲエのリズムにのせて歌ったものだった。
本作はもっとも勢いのあった時期のライブ盤で、今でも聴かせるものだ。

ワールド音楽一口メモ17

May 21 [Mon], 2007, 7:24
Chicken Scratch Lee"Scratch"Perry Heartbeat CHB-53

リー"スクラッチ"ペリーは1936年ジャマイカ生まれで、レゲエ音楽の
革新的な技術者で表現者といわれる。1968年トゥーツ&メイタルズ
の曲ドゥ・ザ・レゲエにより、レゲエという言葉が一般に定着したのだが
1972年頃までの初期レゲエの時代に、リー・ペリーはボブ・マーリー
と組んで、新しいグルーブやサウンドの実験を行い、アップ・テンポな
サードビート・アクセント系のタイトなリズムを編み出し発展させていた。
本作はアンソロジーで、歌心・遊び心がたっぷりのスグレものといえる。

ワールド音楽一口メモ16

May 16 [Wed], 2007, 7:16
LIVE! Bob Marley & The Wailers Island ZR25-259

ボブ・マーリイは1945年生まれで1981年夭折した、カリブ海
英語圏の島国 ジャマイカで、60年代後半にできたという音楽
レゲエを世界中に広めた、カリスマ的なスーパー・スターである。
レゲエは米のR&Bなどを取り入れてできたダンス音楽のスカ、
さらにそれを洗練させた音楽のロック・ステディを元にして、より
スピード感を内在させ、尖った感覚と独特の世界観を内包する
音楽(世俗的権威に反逆する音楽)へと進化をしたものである。
そうして、生きる哀しみそして生きる希望を歌い続けたマーリイ
はチェ・ゲバラと共に今も第三世界の最大の英雄的人気を誇る。
本ライブ盤は熱いのにやすらぐもので、いつまでも色褪せない。

ワールド音楽への誘い

May 11 [Fri], 2007, 7:37
「楽しい音楽を聴く♪」
http://music-review.info/

☆楽しくなければ音楽じゃない。しかし、
 巷にはいかに楽しくない音楽が溢れていることか。
 そして、世界には楽しい音楽が埋もれていることか。
 今こそ聴くべき世界の音源を厳選してお届け。
 ワールドミュージックを中心に新旧の重要音源を
 効率良く聴く為のレビュー専門サイトを目指すもの。
※その志しやよし。ただまだまだ内容の幅や奥行に
 物足りなさを覚える。これからどんどん充実を図って
 タワレコのワールドミュージック小冊子のウェブ版と
 いえる位までになってほしいと思う。伸びしろ大もよし。

キューバ音楽への賛歌

May 07 [Mon], 2007, 8:23
「キューバ音楽大好き!」
http://sky-ap.teacup.com/cuba1945/

☆ラテン音楽好き、集まれ、と謳う。
 曰く、キューバ音楽に魅せられたのは40年くらい前で、
 当時22歳でした。ラジオから流れてきたラテン系音楽は、
 それはもう、この世にこんなに素晴らしい音楽があったなんて、
 感動し、それ以来キューバ音楽の”とりこ”になってしまいました。

※キューバ音楽好きの先達の方の想いは熱い。
 旧き良き時代のレコード盤もの中心にした紹介記事が
 セピア色の輝きを放っているようで、なんとも渋いと思う。

ドミニカ的な動画集

May 01 [Tue], 2007, 8:13
「ヲタク DE アミーゴ」
http://otakuamigo.livedoor.biz/

☆ラテンカルチャー情報発信基地と銘打つもの。
 ラテン音楽やセクシー系ネタなどの動画まとめで、
 その切口あるいは視点が独特でなかなかオモロい。
 個人的にはサルサ&ティンパとラテンロック&ポップが
 ストライクゾーンで、他の項目は守備範囲外といえるが、
 知らないものを見て聴いて感じるのもわるくないと思った。
 そういう風に各自がそれぞれの好みに従い、各動画を
 取捨選択しながら楽しむことが出来るので便利だと思う。
2007年05月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ボン 大塚
» 謹賀新年 (2017年01月09日)
アイコン画像ジャム
» 謹賀新年 (2017年01月03日)
アイコン画像ボン 大塚
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ジャム
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月26日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月25日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ボン 大塚
» 人の見方についての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ジャム
» 人の見方についての会話 (2016年02月23日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月23日)
月別アーカイブ