ジョン・レノンの魂

October 01 [Wed], 2014, 8:42
☆「イマジン〜想像してごらん」 ジョン・レノン

  想像してごらん 天国はないと

  あなたも楽に やれば出来ること

  わたし達の真下に 地獄はなく

  わたし達の真上に 空があるだけと

  想像してごらん すべての人々が

  今日のために 生きている姿をーーー

パーソナル・ソング

September 05 [Fri], 2014, 8:50
☆「クラッキング(ヒビ割れ))」 スザンヌ・ベガ

  私の心は壊れている 破れて膝に届くほど

  耳を覆って聴いて 目を覆って見つめて

  私の壊れた心は 冷凍庫にぶつかって

  そしてなにかが ヒビ割れている

  どこかわからない 歩道に張った氷

  樹の枝先が 張り裂けた 空の中

フォークソングの時代

September 01 [Mon], 2014, 7:17
☆「風に吹かれて」 ボブ・ディラン
 ※60年代の代弁者によるプロテストソングの代表曲。

  どれだけ多くの 道を歩いたら

  人が人から 見下されなくなるの

  どれだけ多くの 海を渡ったら

  白いハトは 砂浜で遊べるの

  どれだけ多くの 弾が飛んだら

  武器弾薬は 禁止されるの

  その答えは 友よ 風の中なのさ

  その答えは 風に 吹かれてるのさ  

リズム&ブルースの名曲

June 24 [Tue], 2014, 6:03
☆「Only You」 (オンリー・ユー) 歌 ザ・プラターズ
  ※プラターズはアメリカを代表するコーラス・グループ。
   1955年このオンリー・ユーが大ヒットし世界的に知られる。

  あなただけが

  この世界を正しいと思わせてくれる

  あなただけが

  この暗闇を照らし出してくれる

  あなただけ あなたひとりだけが

  同じように私を熱くさせてくれる

  そして私の心を満たしてくれる

  あなただけの愛で

サザン・ゴスペルの名曲

June 09 [Mon], 2014, 0:08
☆「I'll fly away」(アイル・フライ・アウェイ)
 
 ※これは1929年 アルバート・ブラムリーによって
  作られたサザン・ゴスペル(賛美歌)の名曲であり
  さまざまなジャンルの人々によって歌い継がれている。
  もっともポピュラーなものを意訳で汲み取ってみると。

  人生が終わる幸せな朝に 私は飛んでいく

  神様の岸辺のほとりの家へ 私は飛んでいく

  人生の影がなくなったら 私は飛んでいく

  鳥のようにこの世の牢獄から 私は飛んでいく

  辛い日々はもうすぐ終わり 私は飛んでいく

  歓びがなくならない土地へ 私は飛んでいく
  

米のルーツ音楽の祭典

March 25 [Tue], 2014, 0:04
☆「 LAST HURRAH 2・0 」
  http://lasthurrah.cocolog-nifty.com/

 こちら音楽ライターの山口智男さんのブログで、

 SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)という

 テキサス州オースティン界隈で開催されている

 全米最大のルーツ音楽の祭典・見本市の模様を

 写真速報の形の記事でもってレポートされている。

 ルーツ音楽が風土・文化と共に伝わってくるようだ。

 こういう空気感に浸ってみたいとうらやましく思った。

米のフォークの父 天に

February 01 [Sat], 2014, 7:01
※アメリカン・フォークの父 ピート・シーガーが
 天に召された。享年94歳。安らかに眠れと祈るばかり。

☆「花はどこへ行った」(作詞・作曲・唄 ピート・シーガー)

 野に咲く花はどこへ行った あの花はどこへ行った
 どこへ行った娘たちが摘んだ いつになったらわかるのだろう

 若者たちはどこへ行った あの若者はどこへ行った
 どこへ行った戦争に行った いつになったらわかるのだろう

 兵士たちはどこへ行った あの兵士はどこへ行った
 どこへ行ったあの墓の下に いつになったらわかるのだろう

 兵士たちの墓はどこへ行った あの墓はどこへ行った
 どこへ行った野辺の花になった いつになったらわかるのだろう


ラストダンスは私に

December 07 [Sat], 2013, 9:17
☆「セイブ・ザ・ラストダンス・フォー・ミー」(ラストダンスは私に)
    (ザ・ドリフターズ、エミル―・ハリス、越路吹雪・歌)

   あなたの好きな人と 踊ってらしていいわ

   優しいほほえみも その方におあげなさい

   けれども私がここにいることだけ どうぞ忘れないで

   最後の踊りだけは あなたに夢中なの

   いつか二人で誰も来ないとこへ 旅に出るのよ

   きっと私のため残しておいて 最後の踊りだけは

   胸に抱かれて踊るラストダンス どうぞ忘れないで

忍冬の花のように

December 01 [Sun], 2013, 9:00
☆「オン・ザ・ロード・アゲイン」(ウィリー・ネルソン・歌)

       また旅に出る

       旅に出るのが待ちきれない

       これが俺の好きな暮らし

       友達と音楽を作り出すのが

       また旅に出る

       一度も行ったことがない土地へ

       また旅に出る

       旅に出るのが待ちきれない

希望の鐘の響き

January 09 [Wed], 2013, 0:03
☆「自由の鐘」(ボブ・ディラン)の一節

  漠然とした不安にとらわれてから

  何もできないまま音を聞き

  ただ眺めて時を過ごし響きがやむまで

  虚ろな心で口を噤んでいた

  癒えない傷の痛みにたえる人たち

  裏切られ虐げられ忘れられて

  酷い状況に追い込まれた人たち

  そんな人たちのために鳴っている

  苦境に立つ世界中の人のために鳴っている

  そして私たちはその自由の鐘が

  眩しく光を放つのをしっかりと見つめていた

2014年10月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ボン 大塚
» 謹賀新年 (2017年01月09日)
アイコン画像ジャム
» 謹賀新年 (2017年01月03日)
アイコン画像ボン 大塚
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ジャム
» 衆愚についての講話 (2016年04月13日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月26日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月25日)
アイコン画像ボン 大塚
» 良し悪しについての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ボン 大塚
» 人の見方についての会話 (2016年02月24日)
アイコン画像ジャム
» 人の見方についての会話 (2016年02月23日)
アイコン画像ジャム
» 良し悪しについての会話 (2016年02月23日)
月別アーカイブ