泣きました

May 10 [Sat], 2014, 3:44
久々過ぎる投稿になってしまった。

でもって久々なだけあってかなり痛いこと書きたい。

阿賀直己さんという作家さんの「神さまはこの恋をわらう」という本を読みました。

ネタバレしますが、



ハッピーエンドじゃありません。

書店で見かけて気になって、尼さんで検索してレビューを見て買ったので、それは読む前からわかってました。
それでも皆さんの評価が高いのが気になって買いました。



男性同士の恋愛って実際自分の周りでもあるのかもしれないけど、そんなの全然遭遇したことがないのが現実で、だからBLっていうちょっと自分的に夢物語のようなジャンルにときめいて(ズバリ言えば萌えて)いるわけです。

だから基本的に紆余曲折あったとしても、結局はラブラブイチャイチャ終わるのが好きなわけです。

実際くっつくまでにゴタつくストーリーのがツボです。
ものすごく細かくいえば、ノンケ攻に恋しちゃった受くんがとっても切ない想いをするストーリーが、定番ですが大好きです。

夢物語では最後まで夢みたい!っていうのが基本姿勢といいますか。
でもたまにこういう作品に心揺さぶられちゃうんですよね。


物語は、喫茶店で働く美大生の拓海と、その店の前をほぼ毎日赤いマウンテンバイクで通り過ぎていく洸介の恋のお話。

軍神マルスを思わせる洸介に、喫茶店のガラス越しに憧れを抱いていた拓海。でもそれは、あくまでも絵のモチーフにしたくて…。強い雨の日、突然洸介が来店したことで2人の関係が動き出します。

洸介には彼女がいた。
でも強く惹かれあってしまった2人。

文章から、2人の溢れんばかりの恋心が伝わってきて涙が出ました。

このまま結ばれることを願いましたが、ある事件がきっかけで2人は別離を選びます。

もうこのあたりからボロボロ泣いてました。

お互い好きで好きで仕方がないのに離れなくちゃいけない。

こんなに想い合ってるのになんでダメなの!と、腹まで立ってくるくらい切なかったです。


夢物語だから最後まで夢みたいって冒頭書きましたが、実際問題、同性同士の恋愛って難しいことが沢山あるんだろうな…って感想しか言えないのが本当に頭悪い感想で嫌ですが、そうだと思います。

マイノリティって言うのか、世の中からしたら少数派ってすごく生にくいのが日本ですよね。

なんかすごく失礼なことを沢山言っているかと思います。すみません。

だから、この物語のような結末を迎える人達って沢山いるんだろうな、と。

好きだけじゃどうにもできないこと。

それって同性異性に限らずでしょうが、2人で生きていくって選択が難しくなるのはどうしたって前者なのかなと、私個人思ってます。
好き勝手言ってごめんなさい。



なんか全然気持ちまとまらないけど、でも何だか読後感はいいんです。

ただただ2人の未来が繋がることを祈りたい気持ちです。


こんなに人を好きになれることってあるのかな…と考えてしまった。
というか、なりたい。

なんだか本当に恥ずかしい言葉ですが、恋がしたい、と思いました。

いつかこの本の続きに出会ったらそれだけで泣きそうです。

感想文とか書いたことないから、何書いてんのか訳わかんなくなっちゃったけど、思いの丈はぶつけたので満足です。

こんな作品に出会えちゃうから、やっぱりBLはやめられないですはい。

近くまたこんな作品に出会えることを祈って寝ます。
明日目ぇ腫れるな〜。
最新コメント
アイコン画像コットン
» 検索ワード (2011年09月10日)
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:梨
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:型
  • アイコン画像 趣味:
    ・漫画
    ・アニメ
    ・音楽
読者になる
Yapme!一覧
読者になる