漫画っ子

February 28 [Mon], 2011, 17:43
久々のブログ・アップの今日は、ワタクシの「おたっこちゃん」ネタです。
この先読んでいってちんぷんかんぷんな方、たくさんいらっしゃるかと思います。
しかしなぜ、一か月以上も放置しておいてこのネタなのか・・・。
そう、書きたいことが見つかったのですが、
その前にどうしてもお話しておきたかったのですッ。
これは長ーーーーーーい前置きで、次に繋げるエピソードだということを
どうぞご理解ください


ワタクシは昔から漫画が大好きでした。
子供の時は漫画ばっか読んでました。(今もか)
そうして漫画家になりたいと本気で思ってました。
初めて買ってもらった漫画は小学校1年生の時、
7歳の子供らしく「ドラえもん」
それから「おはよう!姫子」(髪型に憧れた)
以来「りぼん」と「なかよし」の二冊、毎月欠かさず買うようになりました。
母もよく漫画を買ってくれました。
自分が読みたかったっていうのもあったと思うけど。
(そんな母は「伊賀のカバ丸」が好きだった)
ある日、家で買い揃えて置いておけるような続きものが読みたいと母が言いだし、
二人で本屋に行ってあれこれ物色し、出会ってしまったのが
「ガラスの仮面」でした。あれは小学校4年生?5年生?だったか。。。
ちょっと年齢は定かじゃないんですが。
あれから二十数年・・・。
今では「ガラかめ」がなくてはならない暮らしに。(そんなに?!)
だけど、母は最初これいいんじゃない?と指さしたのは
あしべゆうほ先生「悪魔(デイモス)の花嫁」だったのです。
ワタクシはそれは断固抗議しました。友達に借りたことがあって
怖いことを知っていたからです。
細川智栄子先生の「王家の紋章」も挙がったんだけど、他の友達が
持っていたのでいいか、ということになりました。
それにしても今でもホラー、心霊モノ、スプラッタ類はあんまり好きになれません。
とは言っても怖いものみたさで、見たり読んだりしちゃうんですけどね〜。
(今はとくにグログロなサブカルコーナー)
かと言って、ガラかめの美内すずえ先生も結構怖い漫画描いてらっしゃるんですけどね。
「白い影法師」なんて授業中読んでて、あまりの恐ろしさに悲鳴上げてしまいましたもん。
まあそれは、好奇心には勝てないってことで。
それから次に出会ったのが、山岸凉子先生です。
ワタクシは小学校1年生から高校を卒業するまでモダンバレエを習っていたのですが、
またしても勉強熱心?!な母は、あらゆるバレエに関する書を大人買い。
当時、日本のバレエ界きってのプリマドンナ森下洋子さんの自伝書から
月刊太陽のバレリーナ、ソリストのグラビア特集からそれはいろいろ。
その中にいくつかのバレエ漫画もあって、特にワタクシたち親子にビビットに映ったのが、
山岸先生の「アラベスク」だったのです。
内容は主人公ノンナのバレエ試練とイケメン師匠・ミロノフ先生との恋と成長物語なのですが、
どう考えても他のバレエ漫画に比べて、
登場するキャラクターたちも、内容も色めいてました。(特に第二部)
ノンナの最初のライバル、のちに女優に転身、天才ラーラ嬢、
パリ、オペラ座の秘蔵っ子、病弱貧乏のクレア(だったかな?)嬢、
どんな動きも機械のごとく完璧にこなしてしまう田舎娘、ヴェーダ。
ベルギーに亡命してしまう妖しい魅力(ジョニー。ウィアー似)のエーディク(♂)。
ドイツからきた美人ビアン・エロピアニスト、カレン・ルービツ。
ざっと書いていても、個性的で色気満載のキャラクター目白押しで目が離せませんでした。
以来、そんな山岸先生の魅力にどっぷりハマった親子は
「妖精王」「日出処の天子」その他短編集など、次々に買いあさってゆきました。
そうしてぶち当たって行く先は「(昭和)24年組」なのです。
萩尾望都先生、大島弓子先生、そして竹宮恵子先生、
と素晴らしい歴史に名を残す巨匠たちとの出会い。
特に竹宮先生の「風と木の詩」に衝撃を受けました。
だけど竹宮先生を皮切りにジュネ界、B・B(ボーイズ・ラブ)界にはいかなかったですね。
なんでだろ。やっぱり「男女」が好きなのかな。
しかし先ほどのアラベスク、カレンのレズビアンキャラといい、
世の中には「男と男」、「女と女」の世界がある。。。
当時小学校6年生のワタシは大事なことは全て漫画から教えてもらったような気がします(笑)


この後、小学校高学年から中学生以降は少年漫画の世界にも進出。
今度は父が買ってきた「北斗の拳」、小林よしのり先生のギャグ漫画から、
江口寿史先生「ストップ!ひばりくん」、高橋留美子先生漫画いろいろ、
あの頃のほとんどの男子を熱狂させたきうちかずひろ先生「BE BOP HIGH SCHOOL」。
はたまたHなことが知りたくて知りたくて弓月光先生「みんなあげちゃう」
あ、中学生は途中アニメにも片足突っ込むんだった(笑)
アニメディア、アニメージュとかおこづかいで買っていたもの。
いのまたむつみ先生のイラストが好きでした。
でも運命の出会いは魔法モノ、
そこで「クリィミーマミ」ですよ!!!
以来マミは大大大好物。ずーーーーーっと好きです。
あとそうそう、忘れてならないのはやっぱり、「ホット・ロード」紡木たく先生。

高校生は高校生でやることいっぱい。見るものいっぱい。
DCブランド、宝島、ブルーハーツ、イカ天・・・、
時代はバンド・ブーム。ワタクシも便乗してバンド組んで歌ったり。
でもやっぱり漫画もいっぱい。
内田春菊先生をはじめに、岡崎京子先生、桜沢エリカ先生、
それから「ガロ」漫画にハマった時もありました。
蛭子能収先生、しりあがり寿先生、近藤よう子先生、やまだ紫先生、
ちょっと、サンデー、マガジン系に戻って、上條淳士先生「TOY・トーイ」、
あだち充先生「タッチ」は高校ん時読みました、
そして愛してやまない安達哲先生「キラキラ」
怖いのキライといいつつ、日野日出志先生、さがみゆき先生、犬木加奈子先生、
御茶漬海苔先生、のちに山咲トオル先生。

そして高校卒業してこっちにきて、それからそれから・・・、


って、もーーーーーーー、
こうやって書いていくとキリがないなぁ、止まらなくなります!
だからそろそろこの辺にしておこう。

で、続きは次回です。
いよいよ本題があきらかにーーーーーーーーぃっ?!

え?

書くよ。書く書く。すぐ書く!ちゃんと書く!!





  • URL:http://yaplog.jp/bon-blo/archive/331
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鈴木砂羽
読者になる
生年月日/1972年9月20日
出身地/静岡県
血液型/A型
趣味/占い、お風呂
特技/マンガを描くこと

夜露死苦!
つぶやきはここだぜ!
http://twitter.com/bombon_sawa
キャラクター紹介
ボンちゃん
ボンちゃん
好奇心旺盛のお調子モン
つまりスズキサワ

トビィくん
トビイくん
クールなつっこみ担当
ボンちゃんの良きアドバイザー

パピィ
パピィ
寡黙だがホットな一面も。
好物は氷。