遥かなる景色

June 24 [Sun], 2012, 0:15
世界!弾丸トラベラーいかがでしたか?

ワタクシ個人的にはですね、あんな苦労して行ったんだから
もっと一時間とかで放送してよ!
わはは〜、、、なんてねっ奥様っ!




たくさんたくさん写真を撮りました。
少しでもこの絵画のような風景を切り取って帰りたくて、
夢中でシャッターをきりました。

















一見、雪原。
しかしとにかく塩。

すぐさま味見。

どこまでも
ずーーーーっと

塩だーーーー。

でもここは
天空の鏡では
ないね。





そして
雨が降って
水の溜まった
場所が
まだあるというので、
車で
向かいました。

ドキドキ。







ついにその場所はありました。
雨の季節ではないこの時期、それはまるで奇跡のようでした。





なんという
ことでしょう!



見たことの
ない景色が
広がって
いました。





地平線が
どこなのか
知りたくて
歩き出しました。

吸いこまれ
そうでした。






夜、壁や床、ベッドも塩で出来たホテルに戻るとワタクシの部屋に
ボリビアンニャンコが突如遊びに来ました。
なかなかの美形な上にツンデレ。
たまりまへんな〜。

















翌朝は
昨日と同じ
水の張ってる
ポイントへ、
朝焼けを
映す鏡を見に!
なので
4時起きす。







どこを
撮っても
幻想的。










湖の塩を
グラスの
ふちに付けた
ソルティドッグ
を超早朝から
飲みながら(笑)
朝日を
待ってます。





そしてついに・・・、

















昇ったーーー!!!



あまりの
神々しさに
息を飲んだ
瞬間でした。





朝日と共に
フラミンゴの
群れまで
飛んできた!

興奮の連続!

はるばる
来たかいが
あった!









それからはご存じのように、
タイム・リミットがやってきまして、本当にあっという間に
空港に連れてかれ、またまた約40時間かけて日本に帰ることになりました。



うわ〜。

なんだったんだ、あれ・・・。

夢、あれは夢だったのかな、、、

と帰りの飛行機の中で何度も思いましたよ。



でも弾丸だろうが何だろうが、行ってきて本当によかったです。
例え28時間しか現地に滞在できなくとも、
十分に目に、心に焼きつきました。
今でも目を閉じると、あの時の景色が瞼の裏に広がります。
朝焼けに飛ぶフラミンゴも一生忘れないだろうなぁ。。。




持ってる女?


ありがたい!

日頃の行いがいいからじゃあないのかなぁ〜〜〜〜。
なんちて〜。


でもこれからは南米担当で、、、っていうのは、、、ちょっと、、、
どうかなぁ〜〜〜〜〜^^;








ウユニーーーーーー!!!

June 22 [Fri], 2012, 23:11

それはまさに弾丸。

一泊五日の旅。ガチ弾丸。

世界!弾丸トラベラー、ワタクシが鉄砲玉のごとく行ったその先は、、、





南米大陸、ボリビア、ラパス!!

そしてワタクシの目的はというと、

超絶景、天空の鏡と言われる、ウユニ塩湖を見に行く!
というものでした。



正直最初、番組のスタッフさんからウユニ塩湖に行きます、と言われても
ピンとこなかったんですよ。
それよりも一泊五日の旅なんて初めて聞いたよ、
弾丸トラベラーって本気でガチでなんだな、と番組のスケジューリングを聞いて
慄いていたワタクシ。
だって南米よ?しかもボリビア。知ってた奥さん?

でもいろいろ資料を見ているうちに、
人々からいかに素晴らしい所かを聞かされるうちに、
これは例え予想外にハードな旅だとしても、絶対行っとくべき!
ええ、思いましたとも!!


そして、移動時間約40時間、飛行機乗り替え4回、

着いてワタクシの目の前に広がっていたその景色は・・・、



ここは天国なの・・・?




明日、6月23日(土)よる23時45分〜

あなたもその目でぜひお確かめください








12歳の夢

January 30 [Mon], 2012, 1:46
子供の頃「なるほど!ザ・ワールド」という番組が好きだった。
きんきんこと愛川欽也氏と楠田枝里子氏が司会だった頃の、
世界のあれこれをクエスチョンにしたクイズ番組である。
今でもおぼろげにエンディング・テーマが頭によぎることがあります。
「もしもフランス〜にたぬきがいた〜ら♪」
いや、ホント。
「ボンジュ〜ル、ボンジュ〜ルたぬきさん、首都はど〜こ?♪」
たまに口ずさんじゃうもん。

なんて、歌はいいとして、
なるほど!ザ・ワールドの何がいいかって、
ワタクシは海外リポーターの「ひょうきん由美ちゃん」こと
益田由美さんの大ファンだったのだ。
由美ちゃんが出てくるたびに、もうTVに釘づけ。
彼女の体当たりな突撃リポーターぶりに子供のワタクシは夢中になったし
とても憧れました。

そして小学校の卒業文集「わたしの将来の夢」コーナーでは
こう綴るのです。

「私は将来まんが家コンクールで優勝して50万円をかくとくし、
まんが家デビューし、その後海外リポーターになって世界をとびまわり、
その後コメディアンとしてかつやくする」




あれ?女優のじょの字もないですね。
たぶんあの頃思いつかなかっただけだと思うけど。
しかしなんて欲張りなんでショ。
ていうかワタクシ、漫画家はともかく、
コメディアン?え?芸人になりたかったの?(笑)

でもこれらの夢は全部「ひょうきん由美ちゃん」の影響と思われます。
由美ちゃんのようにみんなを笑わせるいつも楽しい人になりたい、
そう思ってました。
そうして月日は流れ流れ・・・。


「俳優」という仕事を始めて約19年。わ、もうすぐ20年?!
い、意外とキャリアあるね?!自分でも驚きですな〜。
驚きだけど、そんなもんかも。
ずーっと突っ走ってきたら、あっという間だった。
ワタクシはこの20年近い歳月を、
俳優という職業に心血を注いできたつもりです。


そして現在。


ここんとこバラエティーのお仕事がぐ〜〜〜〜〜んと増えました。
昨年思い切って、今まで敬遠していたトーク番組や旅番組に出たのが
キッカケだったと思うんだけど、
自分でも「あれ?」って思うくらいとっても楽しかったんです。
それは特にこれまで自分で「女優とはこうでないといけない」イメージに
よって制していたテンションのリミッターみたいなもんを
半ばやけっぱち気味に、かつ居直ってちょいと外してみたんですよ。
すると驚くほど普段通りに喋れるようになってました。
そうしてこれまでワタクシのことを知らなかった皆さまにも
お顔を覚えていただき、お仕事の場がぐんと広くなりました。
それはとてもありがたいことです。
出演番組をご覧になってくださる皆々様、本当に感謝いたします。


「自然体」と人は言います。
それはいい言葉ね。なんかそんなふうに言っていただいて嬉しいです。
確かにそんなに無理はしてない 。
ああしてても自らチャキチャキをアピールしているわけでもない。
でもTVだから多少オーバーな時もままありますな。
ちょっと普段よりおちゃらけ度をアップさせてないと逆に恥ずかしいのかも。
するとだいたい「酔っ払ってます?」って言われちゃうけど。
じゃいつものワタクシはというと、、、
やっぱり友達や仕事仲間の前でもお調子モンで、
特に調子に乗り度は母そっくりで(笑)
サービス過剰で、 さらに根拠のない自信も過剰で
いい歳こいてハッスル(死語)したがりで、
いつもなにかしら刺激的なことを探してて、時々気分屋で、わがままで、
自分にあまりブレーキをかけずに生きてます。これは昔から変わらず。
「ノー・ブレーキの女」
いやいや、これまたそんな言い方カッコ良すぎだろう。
そうじゃなくて言いたいことは、自分の気持ちに正直に生きることは、
若い頃案外(本当に案外)難しかったのに、
現在のワタクシは年齢と共に自由を手に入れて、
今、のびのびと伸びをしているのかもしれない。そう思ってます。
それはだんだん40歳近くになって、
これまで自分が拘っていた頑固な思いこみや考えが、
ある時とても幼稚に思えて、なんかもっと自由になろうと思った矢先でした。
それからまもなく結婚が決まって、旦那さんと過ごすうちに
ワタクシはますます解放されていったような気がします。
だからね、今は楽になれて心からよかったなって思ってます。
「ヤーネ、オバサンて居直ってずうずしくて」
うーんキビシイネ。でもそうかも。ちょっぴりそんな心境。
でもあんまり居直りすぎないように気をつけよう、
・・・とは一応は思っているけど(笑)。



そしたらワタクシはあの頃の夢を今叶えてるのかな。
楽しかった、大好きだった「ひょうきん由美ちゃん」のお姿が浮かびます。
ワタクシもいつか由美ちゃんみたいに、
象にまたがって池に落っこってみたり(ひょうきんなイメージです)、
ピラミッドん中で頭ぶつけてみたり(ひょうきんなイメージです)したい。。。か?!
でもホントにこれからも楽しいこと、感動体験、
どんどん自身や演技に活かして、感じて発信してゆきたいです。



小学6年生のワタクシよ、夢をありがとう






あけまして〜

January 01 [Sun], 2012, 20:30




お〜め〜で〜と〜うございます〜〜〜




2012年の抱負か。。。

そうねぇ。

やっぱり


とにかくやるしかないのよ




ワタシの前には一本の道がある。
ワタシはこの道をのんびり歩いたり、時には駈けたり、たまには
立ち止まってうんこ座りしてみたり。



ワタシはワタシの道をゆく。

すっかりガガ様。
ワハハ〜。



皆さま、本年もよろしくお願いいたします


2012年 1月1日    鈴木砂羽








今年後期をやや乱暴気味に振り返る その3

December 31 [Sat], 2011, 23:32
続いてるわよ!


まさかの
黄金伝説参戦。
与那国島に
上陸!
チュートの
福ちゃんと
タッグを
組ませて
もらいました〜。

自分の
「とったどーーー!!」
に感動。



ほんとにほんきで
がんばったよ?

徳井センセ、福ちゃん
楽しかったぜーーー。

ありがとぅ!


でもね・・・、
次の日
ほんとに
函館で
ドラマロケが
ありまして、
お先に
与那国島を
失礼しましたん

27度〜1度へ。
この日函館市に初雪
気温差に泣く。






でも
東京に帰ったら
ドラえもんが
待ってて
くれたよ〜ん。







さて大阪。
法善寺横町。

熟女まだまだ
頑張るえ?


グラビアにも
ちゃれんじ。

どひ〜。









さー大詰めよ。
最後は
再び台湾に舞い戻って
グルメに精を
出すのよ。







だいぶ疲れたわね。
そんな一年の締めくくりに
○○鍋を食べたわよーーーーーー





なんと駆け足に写真を次々にあっぷ



なんとか年越しに間に合ったわ。


皆様、一年お疲れ様でした。
来年もさらなる飛躍を!


2012年もよろしくお願いします



それでは行く年来る年〜(←うちは必ずこちら
良いお年を〜〜〜〜〜












今年後期をやや乱暴気味に振り返る その2

December 31 [Sat], 2011, 22:50
続きよ!



今年はなんと言っても2009年に
盛岡で撮影した「しあわせカモン」
が、尾道で行われた「お蔵出し映画祭」で
グランプリをとれたことが一番嬉しかったです



それから滋賀県に移動しまして、長浜きもの園遊会。
着物姿の乙女たちが大集合!
みんなと記念撮影。



翌日大津に移動してトークショー。
今年は「江」関連のイベントにもたくさん行かせて
もらいました。

京極龍子Forever!!





そしたらば、台湾に渡りまして、、、



フライ・ハイ

まさか空に打ち上げられるとはな〜
思ってなかったわよ〜。




鹿児島でイケメン馬にも
のさせていただきましたし、


















東京都の神秘の田舎
檜原村では
村人専用トロッコで
山にも
登りましたん。











村の暮らしでは
野菜も引っこ抜いて
自給自足生活。












ああ・・・、また空に。
気づけば空の景色が私の癒しに。





自給自足といえば・・・




その3に続く



今年後期をやや乱暴気味に振り返る その1

December 31 [Sat], 2011, 20:10
2011年はワタクシにとって忘れられない年となりました。
仕事もプライベートも、、、それはなんだか夢のような一年。
それは流星の如し!
このまま流れていかぬよう、
どうかホールド・ミー!(なんのこっちゃ!)



というわけで、はい!
じゃんじゃんいってみよ〜〜〜〜〜!!!




夏は
温泉卓球に
明け暮れ・・・
ではな〜く

NHK
「ビターシュガー」
の撮影の日々。







和久井映見さま、
12〜3年前のTBSの
ドラマ「フレンズ」
以来の共演でっす。


映見タン、ラビュッ








「頬をさす〜
朝の山手通り〜♪」

そう、
ここは
明け方5時の
山手通り
(早稲田あたり)










この頃は
昼間ドラマ
撮って
深夜から
〜明け方
映画の撮影
してました。







香川照之氏
明け方、
ベテラン俳優の
余裕の後姿。

今回は二人は
恋人?!








ドラマと
映画の間にも
なんか
ひっつかまって
回ってみたり〜









「サワー・ガガ」




なんつってぇ〜








寿司も
握っちゃうしな〜




あの鮨屋さんも
「鈴木」さん
だったな〜。





コントも初体験
しましたよ。


「ナックル恭子」
いい役名だわ〜。



そして初登山
体験。
長野県
白馬山。



TBS系の
ドラマですが
放送は
来年?!
お楽しみに〜








え〜、
長くなって
まいりましたので、
パート2に
続く







宴☆2011.11.28

December 05 [Mon], 2011, 3:23
今回も宴ネタです。
愛すべき友たちが、ワタクシたち夫婦のために、
祝いのパーティを開いてくれました。
めでたい続きで、ここんとこたいてい
気分は、、、ファンキー


祝いの宴は、ワタクシたち夫婦も馴染みのお店
恵比寿横町にあります「だるまてんぐ」さんで行われました。
宴には日本の演劇界を牽引する、個性豊かな俳優の皆さんが勢ぞろい。
集まるだけで、それはそれは大盛り上がりなのでございました。
まずはその「だるまてんぐ」さんに届いた
サプライズ・プレゼントがこちら

なんということでしょう


祝いのラヴラヴ似顔絵ケーキ

ワタクシはどことなく
ビール飲んでお調子モンな
感じがよく出ていますね!

旦那ちゃんは、、、
昭和歌謡の歌手みたくてステキ。
髪型とか、特に唇のマッタリ感じが
彼の年の割に落ち着いたカンジを
表現しているかのようです(笑)






演劇界の妖怪・・・
じゃなかった
妖精たち・・・
(みんなとっても強い

平田敦子様
猫背椿嬢
峯村リエ様
高山のえみ嬢






愛してやまない
ステキングな
女優たち

鈴木杏嬢
片岡礼子嬢

そして
小泉今日子ねぇさま






旦那ちゃんのお顔は
すでにい〜いお色に。。。
旦那ちゃんの奥は
安藤聖チャン

そして
村岡希美様
玉置考匡氏
中山祐一郎氏





(片岡)礼子はね、
ワタシのデビュー作
「愛の新世界」からの
ずーーーーーーっと
朋友なの。

その奥には
トミーこと富岡晃一郎氏。
なんかiフォンいぢってるし。






キョンねぇちゃまから
おめでとう
愛のキッス
いただきました〜〜〜〜〜。


デヘデヘ
照れるやんけっ





みんなが飲んでるのは
かの有名な?!
「鈴木サワー」
焼酎炭酸割りに
アセロラと
グレープフルーツの
シャーベットがON
見た目、飲み口とは
うらはらな
飲めば必ず酔っ払う
ヘビー級なお酒





ヤッターーーー
ワタクシたちのアツアツぶりに
「家でやれーコール」が出たけど
みんな大好きよ

幹事してくれた
トミー(♂)&トモコ(♂)に
大感謝。





これからも楽しいこと、いっぱいいっぱい企画しよう!





ワタクシたち夫婦はしあわせもんです。
みんな本当にありがとよっ



宴☆2011・9・20

November 11 [Fri], 2011, 0:03
だいぶ遅くなってしまいましたが、今年、9月20日に行われた
「鈴木砂羽生誕祭☆サンキュー・サンキュー・39です!!」の
パーティの模様をなぜか、なーぜーか、今時期にアップいたします。


思い立ったら・・・すぐに!すばやく!迅速に・・・!


そうしないとまたいつ、アップするのやらになってしまうからネ!
ハハハ!



宴・2011・9・20、オープニングは
チーム☆サワ
「ポリリズム」から
賑々しく
スタート



マネージャーM
TK山田
スネオ

・・・オープニングがこれで、
皆さまのお目汚しになってしまったこと
この場を借りてお詫びします。。。





今年のパーティも
お忙しい中、
たくさんの方々が
駆けつけてくださり
感激でした


みんな、ありがとうよぅっ!






今年は余興も盛り沢山!
まずはあの、顔田顔彦氏による
「顔田ジャパン・マジックイリュージョン」
からスタート。

「ね、ね、このどんぶりの
紙テープがナ・・・これがナ」

まるで近所のおっちゃんが
そこらの人に語りかけているような
親近感溢れる
ご近所マジックの数々!




「ほーらするとどーですか、
紙テープがぁ・・・?」




ええ〜〜〜?!
ラーメンになっちゃった

やるな〜顔田ジャパン!




「借り物競走・ファイト」

左から
ムロツヨシ氏
片岡礼子嬢
そして今は
旦那ちゃんの
吉川純広くん。


なんだか
珍しい3ショットだわ〜。




この方も
お忙しい中、
駆けつけてくださいました。



内田春菊氏

今年もいろいろと
お世話になりました〜




そして、
飛び入りスペシャル・ゲスト登場
capsuleのヴォーカル
こっしーこと、
こしじまとしこサマ
であります

こっしーとワタクシの不思議な縁。
取り持ってくださった
W氏に感謝です!






そして
パーティも大詰め・・・、







まぁ
ワタクシも相変わらずなカンジで
歌ったりなんかしてネ・・・、





パーティ会場となった
「サラヴァ東京」の
スタッフの皆さんの
心づくしの即興生バンドと
またまた歌って、

ここでは
花嫁ドレス姿の?!
旦那ちゃんも
登場して、、、





一足早く
親しい皆さまに
結婚の報告をしました。
(花婿の花嫁ドレス姿は
自粛とさせていただきます)

こんなアホアホ
おバカ夫婦ですが
皆さま、今後も
どうか!どうか!

末永くよろしくお願いいたします。。。




最後に、
このパーティのために
なんともステキすぎるゼリーを
送ってくださった
「ゼリーのイエ」さまに
http://www.zerry-house.com/
感謝をささげます。







今年の夏の号の
「婦人画報」でその
記事を見て以来
ハートを打ち抜かれ、
あこがれ続けた
宝石のようなゼリーたち。


みんなでほっぺを
落っことしながらいただきました(笑)

本当にありがとうございました





大事に大切に、


ずっと感謝の気持ちを。


ワタクシ39歳、これからも走り続けます。


いつもいつも


サンキューです!!









夏色の景色A

November 10 [Thu], 2011, 20:36



こんばんは。
入籍から約一カ月、
永遠に新妻気分でいたい
ピュアー・ハート・エンジェル
スズキサワでっす。

ナハッ







季節はすっかり秋、
秋色なのですが
今日は断固として「夏色」の
景色をお届けします。











ここは・・・、
そう、ハンガリー。


九月にオンエアされた番組
「アナザー・スカイ」で
行かせていただいた
ハンガリーです。

だって〜たくさんたくさん
写真撮ったんだものぉ。
お蔵入りしてちゃ
もったいない!




7月下旬、4泊6日と
とても短い滞在でしたが、
滞在中は
ずーっとお天気に
恵まれ快適な
ロケでございました。

どこまでも広がる青空。
これが「アナザー・スカイ」
なのだわ、、、
といちいち感じ入る
ワタクシ。



きっかけは、
温泉好きのワタクシとしましては、
「海外の温泉に入りたい」という
ものでした。
だけどまさかハンガリーが
ヨーロッパいちの
温泉大国?!なんてちっとも
知らなかったさ〜。

ここは広大な温泉湖、
「ヘーヴィーズ」
湖全体が丸ごと温泉!
こんなの初めてよ〜ぅ!





この後、この浮輪が突然分解して
あわや、溺れそうに。
水深38メートルっすよ。
あっぶね〜のっす。


行かれる方は要浮輪よ






どんどん温泉ショット。
ここはブタペストから
ちょっと郊外に行った
「エゲル・サローク」

なんだかとしまえんの
プールみたいだけど
ちゃんと温泉よ。

後ろに見える白い山は
全部石灰なんだって。






もういっちょ。
ヨーロッパいち有名な?!
「セーチェニ温泉」

老若男女、みんな温泉大好き。
おばあちゃまたちのビキニ姿が
眩しかったわ!







そして温泉で火照った体を
クールダウンさせるのには、
やっぱアイスに限るね。
(ビールって思ったっしょ?それもいいけど〜)

特にこのライムとバニラのスパイラルアイスが
ワタクシのお気に入り。
ロンドンでもこればっか食べてた。


ヨーロッパのどっかに
売ってマス






「美女の谷」と言われる
ワインセラーで、テイスティングに
チャレンジ

ここのワインがあんまりにもおいしくって
ティスティングなのに
飲みすぎちゃったわよ〜。
だって〜、この家族の皆さんが
「この人は味がわかる」って
言って、どいどい
いろんな種類飲ませるんよ。

ここのお母さん(真ん中)に
「嫁に欲しいわ〜」って
言われちゃったわよ。
一歩遅かったわ〜、お母さん〜。







ほら〜もう
こんなアホになっちゃってさ〜。

ここのセラーの息子さんのダニエルに
23歳とか言われて
浮かれてんのよ、この女。
おバカね〜。



でもほんとワインおいしかった。

ハンガリーワイン、おすすめです!






ワハ!
ということで、「夏色の景色」というより「ハンガリーの思い出」でしたね。。。
けどハンガリー、温泉に入りにまた行きたいなぁ


最後に恒例?!、飛行機からスカイ写真。






ハンガリーの上空・・・ではたぶんないのだけど、
空の景色はいつだって大きくて、美しいね。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:鈴木砂羽
読者になる
生年月日/1972年9月20日
出身地/静岡県
血液型/A型
趣味/占い、お風呂
特技/マンガを描くこと

夜露死苦!
つぶやきはここだぜ!
http://twitter.com/bombon_sawa
キャラクター紹介
ボンちゃん
ボンちゃん
好奇心旺盛のお調子モン
つまりスズキサワ

トビィくん
トビイくん
クールなつっこみ担当
ボンちゃんの良きアドバイザー

パピィ
パピィ
寡黙だがホットな一面も。
好物は氷。