薬局と薬剤師の在り方

December 13 [Tue], 2011, 12:45

これからの時代、新しい社会発展パラダイムに合わせて既存薬剤師らにも良質の保守教育機会を提供、単純に患者の調剤投薬および服用指示に留まらないで新しい価値創造に出られるように教育を強化しなければならないだろう。


薬局訪問患者を通した正確な保健医療統計生産はもちろん患者の要求事項も幅広く確保して薬局、薬剤師が保健医療産業出発地になることができるように変身が必要だ。


合わせて国家が集中支援しているバイオクラスターに薬局の役割を探す努力が必要だ。


薬局は低炭素緑色成長の尖兵役割をする十分な能力と条件になっている。


バイオ強国へ行く町角で地域住民の健康番人の薬局、薬剤師の役割を新しく光を当ててみるべきではないだろうか?私たち自ら先に変化しなければ変化の速度について行きにくい時代だ。


また、過去とは違いますます保健医療専門家に対する消費者の要求が高まっていきつつある。


多くの薬剤師が薬局経営しにくい時代という。


避けられないことならばいっそその困難を楽しみながら薬局を経営する方法と方向を消費者要求のとおり変化してみる知恵が必要であろう。


薬剤師の転職と知識

薬剤師はこの分野の最も核心の中枢専門家たちだ

December 08 [Thu], 2011, 12:43

よくおわかりの通り薬学学問の特徴は独自的純粋学問よりは色々な学問を統合、融合発展させていく基盤を置いている。


新しく脚光を浴びる学問分野もユング複合を経て新しい技術革新を創造することだ。


したがって予測するに先端科学技術分野のユング複合分野に薬剤師の需要課要求がもっと増えると確信している。


65才の人口が10%を越える、人口10人中一人は老人であり2026年には20%を越える展望だ。


名実共に世界最高の高齢国家として指定されている。


こういう変化に薬局の進化はどんな方向へ行かなければならないか?薬局の多少費薬品も若年層の要求が多い抗生剤、消火器薬品で今は老人性疾患薬品でみな頻度の多い薬品パターンも早く転換されている。


新しい環境、パラダイムの変化に合わせて老人健康および福祉要求に対する対応、薬剤師の持続成長可能基盤提供、国民の健康と安全のために何をどのようにしなければならないのか薬局で提供するサービス パターンも変わらなければならない。


すでに去る3月から薬科大6年制が本格的に施行されていて最近薬科大定員拡大方案に対して議論されていて優秀人力輩出が増える展望だ。


薬剤師転職に必要な糖尿病の知識

緩和薬物療法認定薬剤師

December 02 [Fri], 2011, 12:42

緩和薬物療法認定薬剤師とは、日本緩和医療薬学会が認定している資格で、2010年1月に、第1回目の認定試験が行なわれたばかりの新しい資格です。


これは、末期医療を含めた緩和医療において、薬剤師の活動が社会から認められるよう、作られた資格です。


この資格の取得のためには、日本緩和医療薬学会の会員であり、薬剤師としての実務経験が5年以上、緩和ケアの従事経験は3年以上であり、関連する学会などで行なわれている講習を100単位以上取得していなければなりません。


また、5年ごとに更新をしていく必要のある資格です。


プライマリ・ケア認定薬剤師


プライマリ・ケア認定薬剤師とは、日本プライマリ・ケア学会が創設する予定の認定制度で、プライマリ・ケアにおいて果たす薬剤師の役割や能力を高める狙いがあります。


この資格取得のためには研修を4年間で50単位以上取得することや、レポートの作成、認定試験での合格などが必要です。


現在は、研修が開催されているところで、2?3年後には第1号のプライマリ・ケア認定薬剤師が誕生する予定でいます。


認定指導者(認定指導薬剤師)


これは、日本禁煙学会に認定を受けている認定指導薬剤師のことで、日本禁煙学会の会員で、禁煙指導歴3年以上が必要です。


また、5年ごとの更新が必要とします。


在宅療法支援薬剤師


在宅療法支援薬剤師とは、一般社団法人在宅療法支援薬局研究会が認定している資格で、薬剤師の職能や薬局の機能拡張を通じて、高齢化社会において新しい地域医療システムを構築し、薬剤師がその役割の一端を担うことを目的に、設立された資格です。


スポーツファーマシスト


日本アンチ・ドーピング気候により認定される資格制度で、ドーピング防止規則に関する知識や情報を持ち、薬の正しい使い方や健康教育などを行なうことで、スポーツにおけるドーピング防止を目的としている資格です。


薬剤師転職・病院で働く先輩の言葉