ひいじいちゃんとの約束 

2009年09月15日(火) 1時39分
四日前、バイトの休憩中にサンマルクで一人
コーヒー飲んでたら二番目のにいちゃん(将人)から電話がかかってきて
ひいじいさんが亡くなったことを知りました。

最後に逢ってからまだ10日くらいだったから
いまいち信じられなくて、でも手が震えてて
とりあえずサンマルクからでて泣いた。

ひいじいさんひいばあさん夫婦の家はすごい近かったんだけど
おとんとおかんが離婚して、あたしはおかんについてったから
じいさんばあさんにはお盆と正月の年に二回くらいしか
会いに行くことはなかったんだよね。

なんか気まずくて、一人じゃ家に寄れなくて
今年はお盆からずいぶん遅れて
将人の嫁さん(菜摘ちゃん)についてきてもらった。

菜摘ちゃんはその一時間前に一回じいさんばあさんの家行ってたみたいなんだけど
無理行ってついてきてもらった。

じいさん、正月はめっちゃ広いリビングにあるソファーに座ってて
けたけた笑ってたはずなのに、この間はベッドの上でしか
話できなかった。

しかも、1時間前に逢った人のこと忘れてんの。

じい「ん、おまえはよつばの友達か?」

菜摘「えw将人の奥さんだよー!!じいちゃん、さっきも会ったやん!!w」

じい「そうやったかの?ヘッヘッヘッ」

って具合に。

でも、じいちゃん、あたしのことは忘れてなかった。
数年前にした約束の話するのね。

何年か前にふと思い立ってじいちゃんに
「結婚式は呼んであげるけん、それまで元気でおりよ!!」
って話したことがあった。

一時間前にあったことはうろ覚えなのに
なんでそんないつになるかわかんないような
くだらない約束覚えてんの…

「よつばが結婚するまでは、がんばらなの。」
って、ニヤニヤしながら言ってた。
「早めに結婚するわ!!」ってあたし今
候補もいねーのに言っちゃったwww

で、一昨日一番上の兄ちゃん(雄太)と
お通夜行ったんだけど
母方についてったうちの兄弟は
おとん側の一族の視線が痛かったわけだけど
そんなことは気にしねーって感じで突撃。

八か月ぶりにおとんに再会。
おとん、あたしが誰かわかってないのww
「あ、雄太の彼女ですか?」って
お前の娘だよ!!!!!!!wwww
じいさんよりたちわりぃしww

まあそんなおとんはあたしと雄太に
「来てくれてありがとう」って言いながら
じいちゃんのお棺開けてくれるの。

じいちゃん笑ってんの。
死んでるはずなのにめっちゃ笑ってんの。
どう見ても笑ってんの。

絶対泣くって思ってたのに
なんつーか、死んでるように見えなくて
涙出なくて、むしろ笑顔になっちゃって
空気読めないひ孫でごめん。

おとんが語りだすの。

おとん「死ぬ間際まで、よつばが結婚式に
呼んでくれたんじゃっていよったんぞ。
それまで頑張らないかんっていよったんぞ。」

ってそんなこと言ったってもう死んでんじゃん。
でも死んでるように見えないもんだから涙出ないの。
まだよくわかんなくて、だってじいちゃんココにいるじゃん。

しかもあたしあほだから帰る間際に
「じいちゃん、またね」とか言っちゃってんの。
だってじいちゃんそこに居るし。

明日で灰になるとか言われてもピンとこないし

で、昨日葬式。
着る服なくて普通のスーツで言っちゃうあたし。
冠婚葬祭?よくわからん!!
そして一族の視線にダメージを受ける覚悟で
葬式に出ることを決めたおかんと出かける。

あまりにも一族の視線が痛くて
焼香だけ済ませて
おかんと早々に立ち去ろうとするも
ばあちゃんに手まねきされ、家に入る。

一族の前を横切って
おかん、ばあちゃんの前へ土下座。

ばあちゃん、もう一族でもなんでもないあたしらに
「最後に顔見てやってくれ」って。

昔からこの性の悪い一族の中で
あたしや、おかんに優しくしてくれたのは
ばあちゃんとじいちゃんだけだった。

なんのつながりもなくなったおかんに
最後にじいちゃんの顔を見せてくれるばあちゃんの優しさに
顔がくしゃってなったけど泣くのは我慢。

相変わらずじいちゃん寝てんの。
んで、やっぱり笑ってんの。
今にも「ヘッヘッヘッ」って言いそうなの。

で、居づらいあたしらは帰宅して
あたしは普通の日常にかえって
バイトして家帰って。

今日もバイトして、家帰って。
でも、ふと考えてしまった。

あたしが生まれた時にはすでにあの家にいた
じいちゃんは今はあの家には居なくて
「ヘッヘッヘッ」って笑うこともなくて
あのデカイ家にはばあちゃんが一人になって

結婚式にじいちゃんがくる可能性はゼロになったんだって。

そしたら無性に泣けてしまうんだ。
たった、年に二回しか逢いに行ってなかったじいちゃんだったのに。
自分じゃわかってなかったけど大好きだったんだって。
もっと一緒に居たかったんだって。

ごめんね、じいちゃん。
ドレス見せてあげる予定だったのに。
あたしの子供も見せてあげたかったよ。
もっともっと笑ってほしかったよ。
もっともっと会いに行けばよかった。

じいちゃん
行くたびにみかんくれてありがとw
それから

約束覚えててくれてありがとね。
プロフィール
2009年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント