★干しブドウの栄養 

2010年09月07日(火) 18時30分
大盛り デカ盛りブログ
大盛り デカ盛りブログ


★干しブドウの栄養

干しブドウに含まれるアルギニンが成長ホルモンを
分泌させて、新しい細胞が生まれ、古い細胞が押し出される
働きがあるそうです。夕食前に20粒ほど食べるのがお薦め。
免疫力を上げる事でインフルエンザの予防にも。
他に糖質をすぐにエネルギーに変えることができたり、
疲れを取ってくれるので、スポーツ選手は試合の4時間前に
レーズンパンを食べるそう。また、不妊症の治療にも使われるとか。

里芋の栄養 

2010年09月07日(火) 18時28分
★るうカフェ
★るうカフェ



里芋の栄養

私達の体に溜まるコレステロールは食品による
ものよりも肝臓で合成されるほうが多く、食品選びも
さることながら、体内での合成を抑えることも重要だとか。
最近の研究で里芋にコレステロールの合成を抑える成分が
あることが分かっています。
ぬめりよりも実の部分に多いので、水煮や冷凍里芋でも
効果が期待できます。コレステロール合成抑制酵素は
アシタバや菊の花、セリなどにも含まれますが、
里芋がずば抜けて高いそう。

★カリフラワーの栄養 

2009年03月05日(木) 22時12分
★カリフラワーの栄養

ビタミンCが含まれる量は淡色野菜の中では
トップクラスになっています。カリフラワーに
含まれるビタミンCは、熱に強く火を通しても
破壊されにくいのが特徴です。タンパク質も
どちらかというと多めなので、栄養バランスを
補強する上で重宝します。


★オクラの栄養 

2009年03月03日(火) 22時28分
★オクラの栄養

オクラの特徴の粘り成分であるムチンはタンパク質(消化酵素)と
多糖類が結合した糖タンパク質です。体の粘膜部分を強化し、抵抗力を
つけてくれます。風邪の予防にも効果大。他にも食物繊維のペクチンは
ブドウ糖の吸収阻害やコレステロールの体外排出の促進などにより
糖尿病や高脂血しょうの予防に役立ち、また整腸作用もあります。
比較的多く必須アミノ酸が含有されています。カルシウム、カリウム、
鉄などのミネラルを含有しています。


★アスパラガスの選び方 

2009年02月27日(金) 22時38分
★アスパラガスの選び方

穂先がかたくしまっているもの。
茎が太く、まっすぐのび、緑色が濃く、ツヤがあるもの。
茎の切り口に変色がなく、乾燥していないもの。
細い品種のものは別として、あまり細くないほうがよい。


★オクラの栄養 

2009年02月26日(木) 22時01分
★オクラの栄養

オクラの特徴の粘り成分であるムチンはタンパク質(消化酵素)と
多糖類が結合した糖タンパク質です。体の粘膜部分を強化し、抵抗力を
つけてくれます。風邪の予防にも効果大。他にも食物繊維のペクチンは
ブドウ糖の吸収阻害やコレステロールの体外排出の促進などにより
糖尿病や高脂血しょうの予防に役立ち、また整腸作用もあります。
比較的多く必須アミノ酸が含有されています。カルシウム、カリウム、
鉄などのミネラルを含有しています。



★ナスの栄養 

2009年02月22日(日) 23時37分
★ナスの栄養

低たんぱく、低カロリーで、栄養価は高くありま せん。
主成分は糖質で、ビタミンはA、B1、B2、Cを
ごく少量含んでいるだけです。
比較的多いのがカルシウム、ほかに鉄が含まれていま す。
昔から高血圧やのぼせ症になすを食べるといいといわれ、
常食していれば体を冷やし、のぼせを防ぎます。
逆に妊婦などは、食べすぎると体が冷えて害をおよぼすので、
量を控えた方がよい。


★きのこの栄養 

2009年02月22日(日) 1時09分
★きのこの栄養

きのこ類は低カロリーであり、
食物繊維は、腸の働きに必要となる
バクテリアを増加させるとともに、
コレステロールなどの不用な物質を吸着して
排出を速めるなどの働きをしていると言われています。


★パイナップルの栄養 

2009年02月19日(木) 22時38分
★パイナップル

パイナップルに含まれる酵素ブロメリンは肉類を
柔らかくする性質のほかに咽頭炎、気管支炎などの
呼吸器系感染を予防、風邪を引きにくくする働きも
あるそうです。体内のガン攻撃物質の働きを活性化し、
ガン予防にも。ガン予防・カゼ予防の酵素は完熟した
もののほうが多いので、生で食べたほうがいいそう。
よく熟したものでないと消化不良を起こすことがあり、
また、食べ過ぎには気を付けましょう。


★お茶の効果的な飲み方 

2009年02月17日(火) 22時27分
★お茶の効果的な飲み方


お茶を飲むという形では、お茶の有効成分の
20〜30%しか取れず、後は茶殻に残ってしまいます。
良質の緑茶を粉末にした抹茶を飲むことは、お茶を
全部食べることと同じことになり、有効成分を充分に活用。
また、抹茶には食物繊維、ビタミンA、ビタミンE等が豊富です。
高い抹茶も安い抹茶も有効成分は同じ。そこで抹茶小さじ
1杯を水150ccで溶かした抹茶水がオススメ。毎朝、食事前の
1杯が健康維持に効果的です。


2010年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像タイラノ清盛
» ★小松菜の栄養 (2008年10月17日)
アイコン画像ついに200人切り達成!!!
» ★小松菜の栄養 (2008年10月05日)
アイコン画像かず吉
» ★ピーマンの栄養 (2008年10月03日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bokuboku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる