* 

March 20 [Sun], 2005, 19:37
もう知らない。
どうでも良い。

* 

March 10 [Thu], 2005, 22:01
捨てられた。

* 

March 10 [Thu], 2005, 21:56
何にも考えなかった。
手首から流れる血。
ぽたぽたと床に落ちた。
ずっと立ち尽くしたけれど。
涙は一滴も落ちなかった。

* 

March 10 [Thu], 2005, 18:19
久々に切った。
血が滲み出る。
息を殺しては、泣いた。
全ては自分の為。
逃れることはできない。

* 

January 15 [Sat], 2005, 22:00
何にも考えなかった。
痛みも感じない。
血が流れては、笑う。
そんな毎日が続く。

* 

December 28 [Tue], 2004, 21:11
人の事を考える余裕が無かったあの頃。
自分の事で精一杯だった。
今思えば滑稽な姿。
部屋の片隅で只管泣き続けた。
苦し紛れに寝ようと思ったけど。
涙は止むことを知らない雨の様に流れた。
流した涙は、感情と共に何処かへ消えた。
零れ落ちた涙。戻らない感情。
後悔をしたってもう遅い。

* 

December 25 [Sat], 2004, 18:34
限界だった。
死にたいと何度も思った。
腕に傷を付けては、泣いた。
泣くことに意味はなかった。
ただ単に涙が零れ落ちてきた。
そこに感情は無い。

退屈な毎日が僕を殺した。
人前で無理に笑い、楽しそうに話す。
思ったことを声で殺し、我慢してた。
何を言われても。何をされても。

毎日が苦痛の日々だった。
自分の部屋に入っては切った。
誰にもばれないように。
気付かれないように。
その腕の傷に、僕は想いを託した。
1つ1つの傷に僕の想いが込められている。
腕の傷は、僕が生きている証。
僕の感情が生きている。
2005年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:boku-kodoku
読者になる
Yapme!一覧
読者になる