トラブルに負けない看護師のメンタル

March 05 [Wed], 2014, 16:40
私のアドバイスをもとにそれを知り合いの看護師に相談すると、新人研修は仕事の一環であり、時間外に行われれば超過勤務になると教えられたそうです。
トラブルは下手に処理すると後で大きな問題になります。
食事トラブルを防ぐためにも、患者さんの病状・身体機能状況を踏まえた上で安全確認は不十分だったか疑うこと、誤嚥を引き起こしやすい患者さんに対応した食事形態であったのか、口に含んだ食材は完全に飲みきれたかと確認しながら、食事介助を行なっていくのです。
そんな伯母も今は落ち着いた職場へ移り、友人の従兄弟もうれしそうにしているということです。
それだけでなく患者さんからの苦情などのトラブル対応も休憩時間関係なく私にまわってくるようになりました。
業務量が多いことから、時間内に仕事が終了しないことへのいらだちが強まっていって、肉体的や精神的な疲労が感じられるようになるのです。
彼も今は看護師のためのトラブルと法的知識を十分に意識し、情報の管理には細心の注意を払っています。
この事例については、いろいろな争点で裁判が行われました。
看護師のためのトラブルと法的知識がわかっていなければ、どうなったかがわかりません。
看護師には、どのようなリスクがあるかを予見する義務があります。
看護師として長く働き続けるためには、様々な職場や勤務体制、福利厚生などを上手く使って、ワークライフ・バランスの整った生活スタイルの確立が必要です。
新人でなくても、法的知識についてよくわからなければ、研修を受けてはいかがでしょうか。
幸い転倒しないで済みましたが、もしかしたら転んで骨折していたかもしれないと思ったらぞっとしました。
看護師のためのトラブルと法的知識では、労働安全衛生法や労働基準法などによって規定されているものに反する場合もあるため、上司に早めに報告しなければいけません。
新しい薬の調合や点滴薬の変更がうまくいかずに起きた問題であり、しばらくは要注意ということで夜間の見回りも強化されました。
栄養源や水分量が適切な量でない場合には、大量な水分が下痢、少ないのであれば脱水状態や栄養失調を引き起こしかねないのです。
ただしクレームも過剰になると犯罪ですし、病院としてはスタッフや他の患者の安全を守ることが大前提です。
看護師は日々トラブルに巻き込まれやすいです。
看護師のためのトラブルと法的知識のうんちくを語る
看護師のためのトラブルと法的知識何でもござれ
看護師のためのトラブルと法的知識ならお任せ!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bokttgku
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bokttgku/index1_0.rdf