親方が大垣

March 17 [Fri], 2017, 11:03
アルバイトをしたことがあるというのは、就職活動において有利になることは多いと思われます。

私が人事部の担当者だったときに面接で思ったことは、バイト経験を持つ人の方が受け答えもできているし、好印象を抱いたということです。

社会経験があるかないかの差はこういう時にも出てしまうんだなと痛感しました。
大学を卒業する見込みのある人が就活を開始するのは、いくら遅くても大学3年の後期から始めるべきです。

また、既に卒業済みの人でまだ就職できていない方は、早めに就職できるように、応募しようと決めた会社が求人を募集した時から早めに活動するのがいいです。



こうすれば一番だと思われる転職の仕方は、会社を辞めてしまう前に転職先を見つけて、決定したら、そこで初めて辞表を提出する、ということです。

退職した後に仕事探しを始めると、なかなか採用通知がもらえなかったら焦り始めます。


あるいは、経済的にやっていけない不安がでてくるかもしれません。

だから会社を辞める前に転職先を探しておくのが一番です。

あと、探すのは自分の力だけでなく人にアドバイスを求めてもよいかもしれません。


大手企業への転職に成功すれば、高収入となるのでしょうか?一般に、給料は高くなるので、手取額にこだわるのなら大手企業への転職を目指すのがよいでしょう。



大手の企業に至っては年収700万円以上もそれほど珍しいことではないといえます。中には、年収1000万円という方もいるので、明らかに大企業のほうが給料が高いといえるでしょう。転職時の自己PRが不得意だという人も多数いることでしょう。
自分自身の主張すべき長所や得意分野がわからなくて、上手に主張できない人も結構います。

転職用サイトの性格診断テストを使ってみたり、周りの人に頼んで教えてもらうという方法も良いでしょう。
そして、その会社に転職することができた場合、どのように役に立てるのかを考えるのも重要です。



中小企業は色々な経営上の課題を持っているので、中小企業診断士の資格を持っていれば、転職する場合にも役に立つことは間違いないといえます。中小企業診断士は、中小企業が有している問題を診断、解決したり、経営に関してアドバイスする専門家ですから、経営コンサルタントに類似した役割だと思って間違いありません。転職活動の際は、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を持っていれば役立ってくれることもあるかもしれません。
このMOSとは、マイクロソフト社公認のPCスキルが一定レベルにあることを証明するとても有益な資格です。



この資格を得るということは、つまり、ほとんどの企業で当たり前に使われているマイクロソフト社のワードやエクセルなどに必要な知識やスキルが一定レベル以上にあると認められるわけです。


転職に関わる活動は今の仕事をしながら行い、転職する先が決まってから辞めるのが理想です。仕事を辞めてからの方が自由な時間が増えますし、すぐにでも働き始めることができますが、転職する先がなかなか決まらないということもありえます。


無職の期間が半年を超えてくると就職する先が見つけにくくなりますから勢いで現在の仕事を退職することのないようにしましょう。面接時の身だしなみには重ねて注意しましょう。汚く見えない服装で面接を行うところが気をつけるところです。肩に力が入ってしまうと思われますが、きちんとシミュレーションしておき、本番までに用意してください。

面接にて質問されることは統一されていますから、前もって回答を思考しておくことが大事です。


就活で必要なことの一つがメールによるコミュニケーションです。秘訣めいたものは特にないのですが、「お世話になっています」とか「よろしくお願いします」などお決まりの言い回しを使用することになりますので、単語を打てば文が出るよう登録しておくのが便利です。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuki
読者になる
2017年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる