今日からストップ!老化を早める悪い習慣とは?!

December 26 [Wed], 2012, 11:33
誰でも歳は取りたくないもの。特に女性はその関心がとても高いです。しかし、いくらアンチエイジングの努力をしていても悪い習慣が付いていては台なしです。
ストレスや食品添加物なども完全になくすのは難しいですが、できるたけ体内に溜めないように気をつけましょう。
体の老化を進める習慣とは?!

◆喫煙
タバコのニコチンは毛細血管を収縮させる作用があるため、肌が呼吸を出来ません。皮膚に栄養が行き渡らず老化を進めてしまいます。また、ビタミンCをどんどん破壊するため、シミが出来やすくなります。タバコに関しては老化を進めるたけでなく健康面でも悪影響を及ぼすので吸っていてメリットはないものと考えてよいでしょう。

◆ストレス
私たちは体にストレスがかかると、体内でコルチゾールというホルモンが過剰になります。コルチゾールは、女性ホルモンを減少させたりとホルモンバランスと崩すため、肌荒れやシミが出来やすくなったりと老化を促します。
ストレスを全くのゼロにするのは難しいものですが、深く考えすぎない、まぁいいか!と開き直るのも時にはいいものです。また、自分の好きなことを取り入れたり、よく笑ったりなどをし、まめにストレス解消をしコルチゾールを減らすことが大切です。

◆アルコール
記憶があやふやになるまで飲んでしまう!という方は注意。
お酒を飲むとアルコールが分解される際に活性酸素が発生し、ビタミンなどの栄養素が消費されてしまいます。飲酒は楽しんで嗜む程度であれば代謝が上がったりと健康面には良い影響がありますが、飲み過ぎには気をつけましょう。

◆運動不足
老化は成長ホルモンの減少によっても進行することをご存知でしたか?
運動不足では使わないホルモンがもう働かなくてもいいんだ!と減少する一方。適度な運動をすることで、ホルモン分泌を促し、老化を遅らせることが出来ます。仕事で朝から晩まで忙しく運動する体力なんて残っていない!という方は、日頃の生活で駅ではエスカレーターではなく階段を使う。会社ではエレベーターではなく階段を使う。など日常の中で動き回るようにしましょう。

◆食品添加物
毎日口にする食事は朝昼晩とご飯を作っていますか?一人暮らしに多いコンビニなどの市販の弁当で済ませてしまうかたは注意!
日頃、口にするものの中に、含まれている食品添加物。添加物を摂ると、分解する際に体内の酵素が使われていくため、体の老化を進めてしまいます。長年市販の弁当と、長年手作りご飯では見た目にも明らかな差が出てくるでしょう。
忙しくても食事は老化防止の他に自身の健康のためにも手作りのものを心掛けましょう。
今日から悪い習慣をストップ!

あなたが当て嵌まっていた悪い習慣はありましたか?
アンチエイジングとしてのスキンケアや外見・身なりのケアだけでなく日頃の生活習慣にも沢山老化の原因は潜んでいます。習慣は『慣れ』が一番なので日頃の心掛けが大切です。いつまでも若々しい体でいるために悪い習慣を改善してみませんか?

マイナビニュースより
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/googirl/2012/12/post-2157.html


酵素をうまく摂り入れるようにすれば、アンチエイジング効果が期待できるというわけですね。
もっと若々しく、とお考えの方は酵素飲料というものを飲むといいかも知れません。



酵素飲料口コミ比較サイト
ダイエット口コミ情報サイト

パパイヤ由来の酵素「パパイン」

September 08 [Sat], 2012, 11:31
システインプロテアーゼというタンパク質分解酵素の中の一つであるパパインは、パパイヤに含まれていることで知られる酵素です。
しかし、熟してしまったパパイヤにはこの酵素が含まれておらず、パパイヤが自家熟成するための酵素であることが伺える。
このパパインはパイナップルの果実にも含まれており、肉を柔らかくさせる効果から酢豚などの材料として時折利用される。
ただし、缶詰にされているパイナップルは熱処理されており、このパパインは熱変性を起こしてしまっていることから肉を柔らかくする効果は期待できない。

よく似た酵素に、キウイフルーツに含まれている「アクチニジン」やイチジクに含まれている「フィシン」などがある。


ファスティングプレミアム 口コミ
酵水素328選 口コミ
青パパイヤダイエット

酵素と発酵の関係

September 04 [Tue], 2012, 16:07
酵素が作られるのは生物が生命活動をし、生命活動をする上で必要となる「分解や合成などの化学反応」を手助けするための物質として有用だからである。
発酵とは、イースト菌や乳酸菌などがエネルギーを得るために有機化合物を酸化することによって、アルコール、有機酸、二酸化炭素などを生成する過程である。
食品を発酵させることで、イースト菌や乳酸菌などが生み出すものの副産物の一つが酵素なのである。

こちらもどうぞ
大高酵素 口コミ
毎日酵素 口コミ
メタバリア 口コミ

酵素のウンチク

September 01 [Sat], 2012, 10:29
世界で初めて発見された酵素は、唾液などにも含まれるアミラーゼという酵素である。
このアミラーゼという酵素は、1833年(1832年?)、フランスの生化学者、アンセルム・ペイアン (Anselme Payen) とジャン・ペルソー (Jean F. Persoz) が大麦の芽から取り出された。
「切り離す」を意味するギリシア語の「διαστασις」より「ジ(ヂ)アスターゼ」と命名された。
それぞれの酵素の名前の語尾が「〜ターゼ」とか「〜ラーゼ」とかになっているのはこれが語源である。
現在、酵素の名前は国際生化学連合の酵素委員会によって命名され、同時にEC番号が与えられる。

アミノ酸から生成される酵素を作り出す設計図は、遺伝子DNAが持っている。
しかし、この遺伝子DNAを作り出すのには、酵素が必要である。
このため、「遺伝子DNAが先か、酵素が先か」というパラドックスが出来上がってしまい、
現在でもその謎は完全には解明されていない。

以上


こちらもどうぞ
酵素ドリンク ランキング
酵素 人気口コミランキング
毎日酵素 口コミ

酵素の元となる物質

August 28 [Tue], 2012, 12:06
酵素を化学的な観点から見ていこう。

酵素はどういった物質でできているかというと、タンパク質から出来ている。
さらにこのタンパク質は、20種類のアミノ酸がネックレスのように繋がって出来ている。
その一般的なアミノ酸20種類は以下の様になる。

アラニン
アルギニン
アスパラギン
アスパラギン酸
システイン
グルタミン
グルタミン酸
グリシン
ヒスチジン
イソロイシン
ロイシン
リシン
メチオニン
フェニルアラニン
プロリン
セリン
トレオニン
トリプトファン
チロシン
バリン

上記20種類のアミノ酸を元に、遺伝情報に基づいてタンパク質へと連結される。

タンパク質は生物に固有の物質である。その合成は生きた細胞の中で行われ、合成されたものは生物の構造そのものとなり、あるいは酵素などとして生命現象の発現に利用される。また、類似のタンパク質であっても、生物の種が異なれば一次構造が異なることは普通である。タンパク質はアミノ酸が多数結合した高分子化合物であるが、人工的な高分子のように単純な繰り返しではなく、順番がきっちりと決定されている。これは、そのアミノ酸の種と順番がDNAに暗号で記述されていることによる。遺伝子暗号は往々にしてその形質に関係するタンパク質の設計図であると考えられる(一遺伝子一酵素説)。エンゲルスは「生命はタンパク質の存在様式である」と言ったが、故のないことではない。


以上


こちらもどうぞ
暁酵素 スタンダードの詳細と口コミ・効果の評価
生酵素 口コミ
おいしい酵素チキンコンソメスープ 口コミ

酵素の働きを活性化させる物質(補酵素)まとめ

August 23 [Thu], 2012, 11:35
補酵素とは、酵素反応の『化学基の授受』に機能する低分子量の有機化合物のことで、酵素のタンパク質部分と強い結合を行わず可逆的に解離して遊離型になり、一般的に「ビタミン」などとしてよく知られている物質である。
補酵素を必要とする(補酵素がなければ酵素としての働きができない)酵素のことを「アポ酵素」といい、アポ酵素と補酵素が結合して酵素として働ける状態になった酵素のことを「ホロ酵素」という。
全ての酵素が補酵素を必要とするわけではなく、単体でホロ酵素となる酵素もある。
この他にも、複数のタンパク質分子が複合体を形成して初めて活性を示すような酵素についてもホロ酵素と呼び、一部のサブユニットを失って活性を失った状態のタンパク質分子の複合体をアポ酵素と呼ぶ。

まとめると、酵素としての働きができる状態の酵素のことを「ホロ酵素」できない一部が欠けたものを「アポ酵素」といい、アポ酵素にくっつくことでアポ酵素がホロ酵素に変化するための補助的な物質を「補酵素」という。


--以下引用--

● アデノシン三リン酸 (Adenosine triphosphate, ATP)
高エネルギー化合物の代表である。吸エルゴン反応と共役してエネルギーを供給する。 ATP + H2O → ADP + Pi + 30.5 kJ
ATP + H2O → AMP + PPi + 32.2 kJ 
 (この場合は,ATP 2モルが消費されたことに相当する)
また基質としても働き、キナーゼの補酵素としてリン酸基転移やAMP基転移に関与する。
ATPは次のようにしてつくられる。 1. 基質レベルのリン酸化(解糖) 2. 酸化的リン酸化(呼吸鎖) 3. 光リン酸化(光合成)

● ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (Nicotinamide adenine dinucleotide, NAD+)
デヒドロゲナーゼの補酵素の代表である。アルコール,アルデヒドなどの酸化還元反応の際の水素の授受に広く関与する(下図を参照)。異種 原子間の2つの水素を同時に引きぬく点がFADと異なる。NADH + H+をNADH2 +と表すことがある(本サイトではスペースの関係でこの表記法 をとっている)。NADH2 +は呼吸鎖に入り,3 ATPを生成する。
 特殊な例として,NAD+のニコチンアミド部分が切り離され,残りのADP-リボースがタンパク質のArg残基に結合する反応(ADP-リボシル 化)の基質となることがある。

● ニコチンアミドアデニンジヌクレオチドリン酸 (Nicotinamide adenine dinucleotide phosphate, NADP+)
NADPH2は脂肪酸合成、コレステロール合成、光合成などに必須の補酵素であり、生体内での需要が多い。動物ではホスホグルコン酸回路) で大部分が合成される。  酸化還元反応において水素の授受に関与する。構造的にはNAD+とはリン酸基が付 いただけの違いで,ともにデヒドロゲナーゼの補酵素となる。しかし、NAD+とは異 なり、異化代謝ではなく、通常,脂肪酸合成や光合成のような同化代謝で利用され る。

● フラビンアデニンジヌクレオチド (Flavin adenine dinucleotide, FAD)
酸化還元反応の際の水素の授受に関与する(下図を参照)。NAD+と共に、デヒドロゲナーゼの補酵素として働くが,炭素原子上の2つの水素を1 つずつ引きぬく点でNAD+と異なる。酵素結合型の場合もあり、フラビン環のCH3基がCH2になって,酵素のHisやCys残基に共有結合する。  (例) コハク酸 + FAD → フマル酸 + FADH2; アシル-CoA + FAD → 2,3-トランスエノイル-CoA + FADH 2

● 補酵素A (Coenzyme A, CoA)
アセチル基をはじめとして、種々のアシル基の転移反応に関与する。アシル基は末端のSH基にチオエステル結合で結合するため、アシル- CoAは高エネルギー化合物の一つである。  アセチルCoAは、例えば脂肪酸のb-酸化など多くの代謝過程で生じ、TCA回路の入口として重要な代謝中間体であると共に、ケトン体、 脂肪酸の合成など、多くの化合物の原料としても利用される。補酵素AのAはAcetylationの意味。

● リポ酸 (a-Lipoic acid)
ピルビン酸デヒドロゲナーゼ複合体や2-オキソグルタル酸デヒドロゲナーゼ複合体の補酵素の一つとして用いら れ、アシル基転移に関与する。

● 補酵素Q (Coenzyme Q, CoQ)
電子伝達系の電子伝達体として用いられ,2Hの転移反応に関与する。 すべての生物に普遍的(ubiquitous)に存在するので,ユビキチンとも呼ば れる。

引用元:http://mh.rgr.jp/memo/mz0172.htm

その他:ブロッコリースプラウト(新芽)やキャベツなど、アブラナ科の野菜に多く含まれるスルフォラファンという物質が代謝酵素の一種である解毒酵素を活性化


以上


こちらもどうぞ
エンザフェロン NEOの詳細と口コミ・効果の評価
ファストザイム 口コミ
ニュースリム 口コミ

体外酵素(食物酵素)まとめ

August 23 [Thu], 2012, 11:31
体外酵素(食物酵素)まとめ
体の外にある酵素、つまり体内で作られるもの以外の酵素のことで、あらゆる食べ物に含まれている。

キュウリ・・・脂質分解酵素の「ホスホリパーゼ」が含まれる
ニンニクやタマネギなど・・・草食動物によるダメージを受けると、刺激性の高い生成物の合成を行う酵素である「アリナーゼ」が含まれる
パイナップル・・・肉などを柔らかくする(つまりタンパク質を分解する)酵素「ブロメライン」が含まれる
納豆・・・納豆菌が大豆に作用し生成する「ナットウキナーゼ」が含まれる


以上


こちらもどうぞ
ココナッツ酵素ドリンク

代謝酵素まとめ

August 21 [Tue], 2012, 11:37
代謝酵素まとめ
人は口から食べたものを消化吸収し、体内で必要なエネルギーに変えて利用し、不要な物質を排泄する。
その代謝の過程で様々な代謝酵素が体内で働く。

代謝酵素の主な働き
@吸収された食べものをエネルギーに変え体中の細胞にとどける際に、その手助けをする。(新陳代謝の向上)
A体内の不要な物質や毒素を体外に排出する際に、その手助けをする。(有害物質除去機能の向上)
B体の壊れた部分を修復したり、傷を癒したりする際に、その手助けをする(自然治癒力の向上)
C体の外から入ってきた有害物質を攻撃し無力化する際に、その手助けをする(免疫機能の向上)


@新陳代謝の向上に関わる酵素
ATP合成酵素
グルタミン酸デヒドロゲナーゼ
シンターゼ
カルボキシラーゼ

A有害物質除去機能の向上に関わる酵素
シトクロムP450
アセトアルデヒド脱水素酵素

B自然治癒力の向上に関わる酵素
・・・・

C免疫機能の向上に関わる酵素
アルコールデヒドロゲナーゼ


その他
クレアチンキナーゼ・・・筋肉の収縮の際にエネルギー代謝に関与している
アスパラギンシンテターゼ・・・L-アスパラギン酸とアンモニアからL-アスパラギンを生合成する酵素
アスパラギン酸アミノ基転移酵素・・・主にミトコンドリア内で働く m-AST と細胞質基質で働く s-AST に分類される。
カスパーゼ・・・細胞にアポトーシスを起こさせるシグナル伝達経路を構成する、一群のシステインプロテアーゼである。


以上


こちらもどうぞ
酵素とは
酵素ドリンク一覧

消化酵素まとめ

August 20 [Mon], 2012, 12:30
消化酵素まとめ
人は口から食べたものを消化吸収し、体内で必要なエネルギーに変えて利用し、不要な物質を排泄する。
その消化の過程で様々な消化酵素が体内で働く。

上から順に 口→胃→十二指腸(膵液)→小腸・大腸の順にまとめる。


・口(唾液に含まれる酵素)
アミラーゼ(プチアリン)(炭水化物(デンプン)をマルトースに分解)

・胃(胃液に含まれる酵素)
ペプシン(タンパク質をペプトンまで分解)
リパーゼ(脂肪(トリグリセリド)をモノグリセリドと脂肪酸まで分解)

・十二指腸(膵液に含まれる酵素)
アミラーゼ(アミロプシン)(炭水化物(デンプン)をマルトースに分解)
サッカラーゼ(スクロース(ショ糖、蔗糖)を単糖であるグルコース(ブドウ糖)とフルクトース(果糖)に分解)
マルターゼ(マルトースを単糖であるグルコースに分解)
ラクターゼ(ラクトース(乳糖)を単糖であるグルコースとガラクトースに分解)
リパーゼ(脂肪(トリグリセリド)をモノグリセリドと脂肪酸まで分解)
トリプシン(タンパク質やペプトンをポリペプチドやオリゴペプチドに分解)
キモトリプシン(タンパク質やペプトンをポリペプチドやオリゴペプチドに分解)
エラスターゼ(タンパク質やペプトンをポリペプチドやオリゴペプチドに分解)
カルボキシペプチダーゼA(タンパク質のカルボキシル末端のペプチド結合を切断して中性、酸性アミノ酸を遊離させ分解)
カルボキシペプチダーゼB(タンパク質のカルボキシル末端のペプチド結合を切断して塩基性アミノ酸を遊離させ分解)

・小腸・大腸(腸液)
アミノペプチダーゼN(タンパク質のアミノ末端のペプチド結合を切断してアミノ酸を遊離させ分解)

※タンパク質を分解する酵素を総称してプロテアーゼという。


まとめ
炭水化物を消化する酵素の代表としてアミラーゼ、タンパク質を分解する酵素の代表としてペプシンとトリプシンがあり、脂肪を分解するのはリパーゼ。この四つの酵素を覚えておけば常識として問題なし。
炭水化物とタンパク質は消化するのにたくさんの酵素を利用するのに対し、脂肪を分解する酵素はリパーゼのみである。
炭水化物は唾液〜膵液と早い段階で消化してしまうのに対し、タンパク質は胃液〜腸液と遅い段階で消化する。脂肪は胃〜膵液で真ん中。


その他
糖の分解に重要な働きをする酵素
UDP-グルコース-ヘキソース-1-リン酸ウリジリルトランスフェラーゼ・・・ルロワール経路において重要な酵素


以上


こちらもどうぞ
エンザイムガイド 酵素とは
酵素ダイエットとは