子供の時の恐怖ってA 

December 03 [Thu], 2009, 10:34
あの時の友達の母親が言った

「ガムを飲み込むと心臓に貯まっていくよ」

と発言は、僕を脅かすつもりだったのか?

それとも無知がゆえに本気でそう認識していて

言ったのか? 今となってはわかりません。

ただあの時に僕は人生で初めて

【死】について向き合ったと思います。

子供から見た、大人の発言たるや

絶対的なものであり、そこには疑う

要素なんてないのであるから。


何でこんな話になったかというと・・・・

僕のもうすぐ5歳になる子供が

最近ガムにハマッってまして

飲み込むんですよ(遺伝かな?)

何て言ってやめさせようかな〜って

考えていまして・・・・。

子供の時の恐怖って@ 

November 28 [Sat], 2009, 20:44
もうすぐ31歳を迎えるこの私は

いまだに美味しいガムは飲み込んでいます

小さな頃、周りの色々な大人はそんな僕に

色んなことを言いました。

ガムを飲み込むと

「糞詰まりになるよ」

「胃が痛くなるよ」

「お腹に虫が湧くよ」


それでも僕は気にしませんでした。

そんな僕が小学生の時にガムを飲み込まなくなった

時期がありました

友達の母親にこう言われたからです

「ガムを飲むと心臓に貯まっていくよ」

さすがにこれに僕は幼いながらに  を

意識してしまいました。

これまで飲み込んできたガムがどれくらい

心臓に貯まっているのか?

飲み込まなくなればそれは消えていくのか?

日々、恐怖に打ち震えていたのを覚えています。

3年後、そういう事実が無いことを塾の先生に

教えてもらうまでその恐怖は消えることは

ありませんでした。

                     つ づ く

プリズンブレイクについて 

November 28 [Sat], 2009, 1:37
10年以上前、あの宮崎 駿先生はこう言っていました。

「死ぬことで物語を完結させることは私は卑怯だと思う」

先日、プリズンブレイクのファイナルシーズンを観終わりました。

シーズン1の衝撃的な出会いから何年も楽しみに観てきました。

だからこそ、あの終わり方には納得いかない・・・。

何か急ぎ足だったし。

板尾さん 

November 23 [Mon], 2009, 21:43
昨日ガキの使いに板尾さんがでてた。

ついこの間、娘さんを病気で亡くしたばかりで悲しいはずなのに

板尾さんはきっちりと仕事をこなしていました。

僕にも3歳と4歳の男の子がいる。

僕がこの子達を病気や事故で失うことになったとしたら

多分立ち直れないと思う。

仕事も行かなくなるだろうし、何年かは笑うこともなくなるだろう。

弱いとか強いとかの問題ではなく、それは自分が死ぬことより

ずっーーーと辛いこと。 

板尾さんに僕は自分より遥かに大人の男を感じた。

あっ、そういえば、板尾の嫁っていつから変わりました?

今年もアイツがやってきた 

November 22 [Sun], 2009, 19:02
世間様に毎年のようにクリスマスやお正月が来るように、

僕にとっての年一回の一大イベントがやってきた。

ベンジーこと浅井健一さんのLiveである。






ここ何年かはNewアルバムをリリースするたびに

毎回宮崎にも来てくれているのでありがたい。

ああいうカッコイイおじさんになれたらいいものだ。

最近仕事に悩んでてて、1年半ぶりに転職を考えている。

嫁と子二人を抱える身で非常に厳しい選択ではあるのだが・・・。

浅井さんのLiveの間はそんな事も忘れることができました。

サリンジャーとライラックも聞けたしね。

客の中にはバッグに女子高生フィギュアをジャラジャラつけた

50ぐらいのハゲたおいちゃんもいました。

http://www.youtube.com/watch?v=0AGwMC_2Lj4  ← ライラック
http://www.youtube.com/watch?v=iwchi7Jc550    ← サリンジャー
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:bobo323
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像六兵衛
» 子供の時の恐怖ってA (2010年06月06日)
Yapme!一覧
読者になる