長財布の発展

April 07 [Mon], 2014, 15:50
財布の発生は、おそらく貨幣経済の発生・発展と同義だと見ることができる。貴重な物品を落とさないために袋に一まとめにして持ち歩き、また売買をする際に内容物の出し入れが容易いようなものが利用されたのだろう。しかし貨幣経済が多発的なものでもあるためその原点には不明な点も多く、財布の発生もまた不明である。

「貨幣#貨幣の歴史」も参照

欧米では17世紀に紙幣が登場するのと時を合わせて登場した。それ以前は紐付きの小さな袋が硬貨をいれて財布として使われていた。これらの初期の財布は牛革や馬革をなめしたものが使われていた。日本では江戸時代に、藩紙が使われるようになって広まり、懐紙入れの技術を応用して作られた。紙幣が流通する以前は、中央に穴があけられた硬貨が使われており、穴に紐を通して持ち運ばれていた。中国では青銅銭や鉄銭などの発達に伴い、これの穴に紐を通して束ねる様式であったが、これは貨幣鋳造の段階で紐を通すための穴としてあけられ、最初から形状が扱われ方や持ち運び方を想定したものもあった。ただ硬貨は、無造作にポケットなど衣服の袋状になった部分に放り込まれることも多く、この事情は20世紀以降の現代社会でもあまり変わっていない。

現在広く使われている、複数のカード用のポケットつきの二つ折りの財布は、1951年にクレジットカードが発明されて以後広まり、1950年代初期にほぼ現在のものと変わらないデザインのものが完成した。1970年代にマジックテープ(面ファスナー)を使用した財布が広まった。メンズ長財布は何かと便利です
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たけしbo1ywrux
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bo1ywrux/index1_0.rdf