好き嫌い

October 11 [Tue], 2011, 17:38
ちょっと前の話。

お散歩中、父親と、小学校2〜3年生くらいの娘さんが、ぼーちゃんに声をかけてくれました。

お父様はちょっと酔ってた御様子。

急にぼーちゃんに近づき、ワシワシ触り、娘さんに「ほれ!触ってみろ!犬だぞ!」、と…

ぼーちゃんは人見知りしない子なので、笑顔でしっぽふり。

あたしはしっかり抱っこして、父親からガードしつつ、女の子に少し近づいて「触ってみる?」と、笑顔で話しかけた。

女の子は、恐る恐る頭を撫でてくれた。
その途端に、
父親は満足したのか、「犬っころ、さわったかあ!」と言って、娘より先に歩きだした。
あたしは、女の子に、「撫でてくれてありがとう」と、声をかけた。
女の子は、少しはにかんで、父親のあとを走って追いかけていった…


犬って、動物にあまり馴染みのない方にとっては、ある意味「物」なのかもしれないと感じた。
そして、やっぱり、人間性なんだと思った。

あたしは咄嗟に牡丹を守ると同時に、女の子に、動物との接し方や、誰かとの接し方をちゃんと学んで欲しいと思った。


犬が苦手な人、
犬嫌いの人、
尊大な態度の人、
犬を迫害する人、
可愛くなくなったから、犬が病気したから、引っ越しで飼えなくなくなったから…と、何の対処もなく、道や保健所に捨てにいく人。


なんていうか、
やっぱり、「人間性」だ。
ちゃんと、自分以外の存在に敬意と思いやりを持って、接する事が出来るか、だ。


犬を飼ってみて見えてきた世界…
彼女に教えられる、愛を学ぶ毎日に、感謝したい。

あたしの家に来てくれて、ありがとうね

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぼーちゃんママ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
毛深い娘を産んだ。と、錯覚するほどの溺愛ぶり(笑)
犬と暮らすって、こんなに幸せなんだと驚く毎日。
親バカ上等の日々に感謝を綴っていこう。。。

このBLOGに掲載している全ての画像、テキスト等は、当BLOG管理人が著作権を保有し、許可なき転載を禁じます。

2011年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる