葉酸の摂取期間についてお話しします。

December 31 [Sat], 2016, 12:57
葉酸の摂取期間についてお話しします。

みんなご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期にくらべて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、それは違います。

お腹の中の赤ちゃんに対して、先天的な異常が発症してしまう確率を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠3ヶ月までの期間が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。

妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。

この妊活は女性側が実践するものがよく紹介されています。
しかし、男性側が実践できる妊活もあるのです。

それが、葉酸を積極的に摂るという習慣です。流産や不妊の原因因子として、母体に限らず、男性側の問題だというケースもあります。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。

これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を作るという働きがあります。そのため、男性も、葉酸の摂取という妊活をはじめてみて頂戴。2人目が欲しかったので早いうちから産婦人科に通いました。



できれば夫婦そろって病院で診て貰いたかったものの、くどく言うと怒られ沿うな気がしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。


月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、即、妊娠できるというわけでもなく、姉に勧められた葉酸サプリを飲みはじめました(すごく高いらしいです)。それが功を奏したのか、全部飲み切らないうちに、二人目の赤ちゃんに恵まれ、経過も順調です。
いわゆる胎児期に、赤ちゃんは母体から100%の栄養を貰いながら細胞分裂を繰り返し成長していきます。

葉酸は、この時に重要な働きをします。


必要不可欠な葉酸ですが、葉酸単体での吸収率はあまり高くありません。ですので、さまざまな栄養素を含有した、総合サプリメントによる栄養補給がおすすめですね。とはいえ、妊婦にとって不足しがちな栄養素は様々ですから、葉酸以外にどのような成分が入ったものを選べばよいのか分からないですね。総合サプリの選び方で悩まれている方は、粉ミルクの成分を参考に、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。

みんなご存知のように、葉酸はお腹の中の赤ちゃんが健やかに成長するために、最も重要な栄養素のひとつであると言われています。


葉酸はビタミンの一種ですから、普段のご飯にもふくまれてはいるのですが、簡単に適切な量を摂取しようと考えるならば、葉酸サプリを飲むのが良いと思います。



実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。妊娠前から授乳期を完了するまでサプリを活用するのが良いでしょう。妊婦にとって、葉酸が一番必要となるのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。

とはいえ、母体の健康を維持するためにも欠かせない栄養素なんですね。
こうした点から、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲みはじめて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。妊娠することによる体の変化と、必要な栄養素の効果を考えた時、妊娠中はもちろん、妊娠を計画している段階から、積極的な摂取が求められる葉酸ですが、忙しさから継続的な摂取を怠ってしまうといったケースも出てくることもありますよね。
そんな不安を解消してくれるのが葉酸サプリを飲む事なんです。


普段の食生活を気にかけることなく、簡単に葉酸を摂れますので、ご飯での葉酸摂取に不安がある方も心配の必要が無くなります。



妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することでお腹の中の赤ちゃんの先天的な神経管障害が発症しにくくなることが判明しました。ですから、妊婦に対して葉酸の積極的な摂取を厚生省が認めており、妊婦に対して摂取を呼びかけています。

実際に葉酸のサプリメントや補助食品も多く売られていますし、そのうち特定保健用食品指定のものがあります。こうした食品は妊婦が利用しているケースも多い沿うなんです。不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的にも大きな負担があることは明らかです。
居住地の公的な助成金制度も活用出来ますけど、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされるケースが多いです。
治療をはじめた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、給付回数は減らすべきでないと思うんです。



今年で40歳になる私ですが、さまざまなものに追い詰められているようで、ストレスも限界です。

今、妊活中なのですが、気をつけなければいけないことがたくさんある事を実感しています。
例えば、妊娠前から十分に葉酸を摂取しましょうと、雑誌に掲載されていました。

葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる必要不可欠な栄養素だと書いてありました。野菜を十分に摂れない時は、葉酸サプリにサポートしてもらうのもおすすめだ沿うです。安全性が高く、自分に合ったサプリを調べて、妊活をつづけていきたいと思っています。私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療をつづけていました。
不安に思いはじめたのは結婚から2年目くらいですね。
タイミングを見計らって努力しても、ぜんぜん妊娠できなくて、親戚に子供ができたことを聴かされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに基礎体温表をつけていたのもあり、比較的早く赤ちゃんを授かることができました。原因がわからないときは早めに受診したほうがいいということでしょう。

妊活中の話ですが、産み分けについてママ友から教えて貰い、本で詳細を知りました。一人目に男の子を産んでいたので、次の子は女の子が欲しいと考えていたからです。
本には排卵日の特定法や、タイミングの合わせ方についてのアドバイスが掲載されていたので、それを見ながら産み分けに挑戦してみました。



その後、無事に妊娠し、性別が判明するまで期待アリ、不安アリ、という感じで緊張して生活しまいました。

結果は赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。

産み分けのおかげだと思っています。

妊娠を願望する女性や妊娠中の女性など、妊娠に関わる方が一番気にする栄養素と言えば、葉酸ですね。
葉酸は胎児の正常な発達に寄与する栄養素なのですが、幾ら必要不可欠な栄養素だと言っても、適切な摂取が必要です。なかでも、サプリによって葉酸の摂取をしている方は特に注意が必要です。なぜならサプリは食品にふくまれる葉酸量の数倍もの葉酸が含有していますから、決められた用法と容量を必ず守って頂戴。


葉酸を摂りすぎると、胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますので、注意して頂戴。
また、赤ちゃんへの影響はどうかと言いますと、喘息になりやすいといったケースがあります。


妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。

具体的な一日の葉酸摂取量の推奨値として、厚生労働省は一日に0.4mgの葉酸を摂ることが好ましいと定めています。


胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、是非、葉酸を意識して摂取してみて頂戴ね。
葉酸は、適切な摂取によって胎児の先天性神経管異常などの発症リスクを下げることが判明し、沿うした目的から妊娠を望む方、あるいは妊娠初期の方に摂取が望まれる栄養素であるとご存知ですか?日常の食生活で十分な葉酸を摂れるのならば問題ありませんが、つわり等で体調が優れない時には、ご飯自体が難しくなりますから、それに伴って十分に葉酸を摂取するのも難しくなりますが、そんな時には体調を第一に考えて、無理に食べない方が良いです。

葉酸は葉酸サプリメントに切り替えることで理想的な量の葉酸を摂取できるという訳ですね。

葉酸はどのように摂るのが一番良いのでしょうか?やはりご飯の中で十分な葉酸を摂る事だと言えます。



葉酸の含有量が多い食材は、モロヘイヤ、小松菜、菜の花などが有名ですし、それ以外では納豆や枝豆、ホタテも沿うです。

ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが難しいということもあるでしょう。

特に妊娠初期は、つわりなど体調が不安定になりがちですので、ご飯自体がつらいという時もありますね。沿うした時には是非、サプリメントを利用してみて頂戴。

サプリメントであれば簡単に摂取できますから、おススメです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ソウタ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる