イギリス生まれのアメリカ育ちで、ドイツに住んでいるミニ

November 27 [Fri], 2015, 10:30
かつてのメルセデス・ベンツは「最善か、無か」をスローガンに掲げ、高品質かつ質実剛健なクルマ作りが行われていましたが、一時は営業利益を優先にしたコスト意識の高まりによって過去のような過剰なまでの高品質さが失われ、古くからのオーナーを買換え時に失望させる事態に陥りました。

しかし現在では徹底した品質の改善が実施され、かつての輝きを取り戻しています。

またメルセデス・ベンツは安全性にも力を強く入れていることでも知られていて、現在では販売されている自動車の大半に採用されている「エアバック」やオートマチック(AT)車の誤操作を防ぐジグザグ構造をした「ゲート式AT」、横滑り防止装置・シートベルトテンショナーなど数多くの発明が存在します。

このようにメルセデス・ベンツは自動車黎明期から自動車業界を牽引し、技術革新と高品質化にて現在では世界中に名を知られるブランドへと成長を遂げており、これからも自動車業界の雄として活躍が期待されています。
このようにメルセデス・ベンツはどの時代でも自動車のリーディングカンパニーなのです。

そして、BMWミニ。

この車も数奇な運命の中にいます。

BMWミニはイギリスで出来ました。イギリスでは右ハンドルです。ドイツは左ハンドルです。

今はドイツのBMWに買収されましたが、右ハンドルの設定が普通にあります。その辺が日本でも受け入れられているところかもしれません。
BMWミニ 買取
またBMWミニはアメリカで作られたエンジンを載せていました。そしてミッションは日本のアイシン製です。

イギリス生まれのBMWミニはエンジンはアメリカで、ミッションは日本でドイツ車として売られることになりました。

今はエンジンもミッションもBMW製となりました。しかし、先代を超えるのは大変です。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミニマニア
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/bmwmini/index1_0.rdf