担当、変わりました / 2010年04月12日(月)
Biz.ID Weekly Access:というわけで新年度初めてのアクセスランキング、タカキが書くのも実に久々であります――。

 1位はWYSIWYGで使えるCMS「Jimdo」の記事。今週の永田豊志さんの連載でもカスタマイズ編を掲載してますので、併せてご覧いただければと。2位はDropboxが無料で10Gバイトまで利用できるようになった記事、3位はアーロンチェアの廉価版の記事で、いずれもお得な感じの記事でした。

 さて、アクセスランキングをご愛読の皆さまはすでにご存じかと思いますが、これまでアクセスランキングを担当していたS記者が異動になり、タカキが書くのも実に久々であります。これとかこれとかこれとかこれとかこれとか、ネタになったのは数知れずですが……。

 直近だと、ポメラ DM20の記事について補足したのは2009年12月15日のアクセスランキングでしたが、それをのぞくと2008年5月までさかのぼります。この年の5月28日、5月2日に書いた以来、定期的にアクセスランキングを書くことはありませんでした。いやあ、2年も前のことだったんですねえ。

 去る者もいれば、来る者もいるわけで、4月からO記者が記事を書いてくれています。@ITから来た、頼りになるお兄さんであります(ぐらい書いておけば、もっと働いてくれるかも?)。実はO記者とは以前の会社で職場が一緒だったこともあり、旧知の仲でして、すでにいくつか企画も動いています。生まれ変わった誠 Biz.IDに今後ともご期待下さい!

●ITmedia Biz.ID Weekly Access Top10(2010年03月30日〜2010年04月05日)

1. カッコいいまとめサイトを30分以内に完成! 面倒くさがり屋にピッタリのCMS「Jimdo」
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1003/29/news027.html

2. 「Dropbox」が無料で10Gバイトまで拡張可能に
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1003/31/news036.html

3. アーロンチェアに8万円の廉価版、ハーマンミラーが期間限定で販売
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1004/01/news078.html

※ランキングTop10
→http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1004/06/news076.html

【4月10日11時56分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100410-00000005-zdn_b-sci
 
   
Posted at 02:50/ この記事のURL
iPadの購入準備はできましたか? / 2010年04月12日(月)
 約240人のブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は「iPad」「電子書籍」「Twitter」「スマートフォン」をテーマに紹介しよう。

 新年度がスタートした。進学、就職、転勤、異動など環境に変化が訪れる時期、新天地への移動手段に自転車を検討している人も多いだろう。しかし、中村昭典氏「中村昭典の、気ままな数値解析」の 【1.8人】 自転車通勤はヘルシーだエコだと、手放しでは喜べないいくつかの理由(http://blogs.itmedia.co.jp/akinori/2010/03/18-38e9.html)にもあるように、自転車通勤・通学は手放しで喜べるものではないようだ。歩道を乱暴に突進してきたり暗がりで点灯しないで走行するなど、歩行者のことを考えない自転車乗りが多いことも問題だ。携帯電話で話しながら走行するなどの危険な運転も多い。

 大里真理子氏「マリコ駆ける!」の 自転車通勤を再開しようかなぁ:一番のネックは事故対策、そして駐輪場の確保(http://blogs.itmedia.co.jp/arc/2010/03/post-0e6d.html)のように、駐輪場を考慮してくれれば良いが、実態はそこらへんに駐車する人が多いように感じる。自転車通勤している読者は、どうか周囲にも気を配ってほしい。

 それでは年度末の3月25〜31日に、オルタナブロガーがどのような話題に注目したのか、振り返ってみたい。

●iPadの購入準備はできましたか?

 4月3日、アメリカでiPadが発売された。発売初日で30万台を販売したというから、その人気の高さがうかがえる。オルタナブロガーも発売を前に、思いをはせていた。大木豊成氏「走れ!プロジェクトマネージャー!」の iPad発売まで1週間、準備はいいですか?(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/ipad1-f488.html)や、市川朝之氏「Touch and Go」の iPad購入前準備としてPocket WiFiをGet!(http://blogs.itmedia.co.jp/touch_and_go/2010/03/ipadpocket-wifi.html)は、購入前の準備を行なった。

 使い方についても、さまざまなアイデアが提案された。面白かったのは、佐藤比呂志氏「隠れた財産」の アップル、「iPad」商標を富士通より取得(http://blogs.itmedia.co.jp/satohiroshi/2010/03/ipad-1e4b.html)という情報だ。最近中国絡みで商標問題が話題となることが多いが、これはすんなりいったようだ。

●企業向け書籍の電子化

 電子書籍リーダーとしても注目されているiPad。佐藤由紀子氏「海外速報部ログ」は iPad、大手書店だけじゃなく自費出版サイトとも提携(http://blogs.itmedia.co.jp/burstlog/2010/03/ipad-e752.html)という興味深いエントリーをアップした。林雅之氏「『ビジネス2.0』の視点」の 今週の電子書籍ニュース(2010.3.22〜3.27)(http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2010/03/2010322327-a6a6.html)でも紹介されているように、電子書籍に関するニュースが日々増えている。もちろん既存の出版社も黙ってはいない。

 面白い提案は、山口陽平氏「一般システムエンジニアの刻苦勉励」の 企業向けの書籍の電子化は出版社にとってもメリットがあるのでは(http://blogs.itmedia.co.jp/yohei/2010/03/post-ec83.html)だ。社内情報共有の観点からも有益なアイデアだろう。自著をフリーダウンロード公開した永井孝尚氏「永井孝尚のMM21」は、【フリーミアム実験結果】 有料版/無償版比率=5%ではなく0.32%でした(http://blogs.itmedia.co.jp/mm21/2010/03/5-8415.html)という実験結果を公開した。そして、「電子書籍時代のビジネスパーソン出版戦略」の本を企画しています(http://blogs.itmedia.co.jp/mm21/2010/03/post-8438.html)という話も進行しているそうで、楽しみだ。

 iPhoneにはKindleアプリがあるが、Androidにはない。続々と登場するAndroid携帯を買いたいがKindleがないと……と思っていた人に朗報だ。佐藤由紀子氏「海外速報部ログ」の Android版Kindleも出そうなんで、ソフトバンクのDesire買おうかなっと(http://blogs.itmedia.co.jp/burstlog/2010/03/androidkindlede.html)によると、時期は未定ながらも「Kindle for Android」が準備されているらしい。現状iPhone1人勝ちのスマートフォン市場が変わる一因となるかもしれない。

 4月に入ってから話題沸騰なのが、日本経済新聞の電子版だ。詳しくは次回取り上げるが、大木豊成氏「走れ!プロジェクトマネージャー!」の 日経新聞Web刊で考える電子版ニュースの有償化(http://blogs.itmedia.co.jp/tooki/2010/03/web-ab1f.html)では、大木豊成氏が取ったアンケート結果から、とある分析を行なっている。そして、大野元久氏「IT's my business」のDK(UK)の 「出版の未来」が凄い(なので訳してみました)(http://blogs.itmedia.co.jp/mohno/2010/03/dkuk-99a0.html)。「出版の未来」とは何なのか。読者自身の目で確認してほしい。そして考えてみよう。

●Twitterの"つぶやきポリシー"

 相変わらずTwitterが盛り上がっている。テレビやラジオなどのメディアでTwitterが特集されたり、書店ではTwitter本コーナーが設置されている。そんなTwitter本の中から、今泉大輔氏「シリアルイノベーション」が 書籍メモ:「ツイッターノミクス」 - フォロワーが増える、増えないのヒント(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/post-ec63.html)と 「ツイッターノミクス」のタラ・ハントが言う「市場は対話である」とはどんなこと?(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/post-917a.html)を紹介した。

 今泉大輔氏の Twitterのゆるさはまんま、グラノベッターの「弱い紐帯」(Weak Ties)の"Weak"だった(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/twitterweak-tie.html)、Twitter+リアルイベントで起こっている「リワイヤリング」が幸運を運んでくる背景(http://blogs.itmedia.co.jp/serial/2010/03/twitter-3a68.html)は、Twitterの特徴がよくまとまっている。併せて読んでほしいのが、岩永慎一氏「THE SHOW MUST GO ON」の 脊髄反射のできるTwitterが内包するソーシャルメディアの一つの側面(http://blogs.itmedia.co.jp/showbiz/2010/03/twitter-97ca.html)と、【ちょっと言い訳】 TLに見えた「Twitterに入れ込みすぎてブログのエントリーが全然上がらない人がいるらしい」に素直に「呼びました?」と答えるの巻(http://blogs.itmedia.co.jp/showbiz/2010/03/tltwitter-43b9.html)だ。Twitterが抱える問題点も、浮き彫りにされた。

 企業のTwitter活用についても、さまざまな意見が発信されている。興味深い調査結果を紹介してくれたのは、青山航氏「Nothing is lost for asking」の 「基本的に見るだけ」が圧倒的なTwitterとその成長ポテンシャルについて(http://blogs.itmedia.co.jp/waoyama/2010/03/twitter-9543.html)。筆者もどちらかというと“見るだけ”かもしれない。また、Twitterやブログは自分にパーソナルタグを付ける行為だと説くのは、林雅之氏「『ビジネス2.0』の視点」の ソーシャルメディア時代のパーソナルタグ(http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2010/03/post-2909.html)だ。自身の活動例も紹介している。Twitterをどのような立場で使うのかによって、気を付けるべき点がある。ビジネスパーソンがTwitterを利用する場合は、どのようなことを念頭に入れておくといいのだろうか。林雅之氏の 私のTwitterでの"つぶやきポリシー"(http://blogs.itmedia.co.jp/business20/2010/03/twitter-ff11.html)では、林雅之氏の“つぶやきポリシー”が公開されている。ビジネスパーソン諸氏の参考になるだろう。

●スマートフォン戦争勃発!

 佐々木康彦氏「平凡でもフルーツでもなく、、、」の 電車内での携帯電話使用ルールとか、社会的合意形成ってやっぱり大変なのですね(汗(http://blogs.itmedia.co.jp/yasusasaki/2010/03/post-8c38.html)には、いろいろ考えさせられた。電車内に限らず、携帯電話のマナーは利用者個々人が考えるべき問題だ。

 現在の携帯電話の旬は、何と言ってもiPhoneを始めとするスマートフォンだ。斉藤徹氏「in the looop」の iPhone/Androidが圧倒。最新スマートフォン,多機能携帯電話のシェア動向(http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2010/03/325-cc42.html)といったデータも公開されている。しかし、これからリリースされる新機種によっては、シェアに変化が生まれる可能性もある。いまオススメのスマートフォンはと問われても、松尾公也氏「CloseBox and OpenPod」の Androidは「iPhoneにできること全部」カバーする必要ないのでは(http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2010/03/androidiphone-0.html)にあるように、答えはなかなか出ないようだ。今すぐ購入するならiPhoneがいいだろうし、もう少し待てるのならば、次世代iPhoneやほかのスマートフォンといった選択肢が生まれるようなのだ。

 前回も取り上げたradikoは、iPhoneでは聞くことができない。しかしミニFMを受信できるiPhoneアプリが発売されたと、谷川耕一氏「むささびの視線」の ラジオがいま来そうな予感(http://blogs.itmedia.co.jp/musasabi/2010/03/post-6d84.html)で紹介された。iPhoneアプリでは、青山航氏「Nothing is lost for asking」の 孤独な戦いとはオサラバ。Runkeeperで自分の走りを記録しながらみんなにみてもらおう(http://blogs.itmedia.co.jp/waoyama/2010/03/runkeeper-bbbd.html)が、なかなか面白そうだ。

 さて、4月1日に発売されたソニー・エリクソンのXperia。発売を前にして、オルタナブロガーも注目していた。Xperiaを始めとしたAndroid携帯がNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルと勢ぞろいすると、その主導権争いにも拍車が掛かってくる。これは面白いと思ったのが、松尾公也氏「CloseBox and OpenPod」の ロスト・シンボルを読み終えてAndroidの今後を考える(http://blogs.itmedia.co.jp/closebox/2010/03/android-8ab6.html)。昨今の携帯電話の発達スピードを考えると、10年後も読まれる可能性のある小説に、特定の携帯電話の機種を登場させるのは難しいと思った。開発の速度が上がれば上がるだけ、最新の機種がすぐに古いものになってしまうからだ。

 以上、3月25〜31日にかけてオルタナティブ・ブログへ投稿されたエントリーの中から紹介させていただいた。本稿からオルタナティブ・ブログに興味を持たれたならば、ぜひほかのエントリーも読んでほしい。【森川拓男】 4月12日1時13分配信 ITmedia エンタープライズ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100412-00000002-zdn_ep-sci
 
   
Posted at 02:49/ この記事のURL
平塚哲二が10打差の大勝! アジアンツアー初勝利 / 2010年04月12日(月)
ミャンマーのヤンゴンで開催されていたアジアンツアー「ミャンマーオープン」(4月8日〜)の最終日が11日(日)に行われ、通算18アンダーの単独首位からスタートした平塚哲二が「66」とスコアを伸ばし、通算24アンダーで同ツアー初勝利を飾った。

【関連リンク】 平塚哲二のスイングをスーパースローで見る

平塚が3日目を終えた時点では2位と3打差。優勝争いの緊迫した空気の中、スタートホールの1番から5連続バーディをマークし、一気に後続との差を開いた。終わってみれば、2位に10ストロークの大差。「正直なところ、この大会に来るまでは勝つことを予想していませんでした。こんな大差で勝つなんて驚きです」と、平塚自身もビックリの大勝となった。

他の日本人選手では、通算11アンダーの6位タイに谷原秀人。通算8アンダーの12位タイに久保谷健一、通算5アンダーの32位タイに矢野東らが続いている。


【関連リンク】
人気選手を続々アップ! 画像満載のフォトギャラリーはこちら
村上がトップ通過!矢野、久保谷らも出場権獲得!/アジアンツアーファイナルQT最終日
アジアンツアーファイナルQTレポート 4月11日22時1分配信 ゴルフダイジェスト・オンライン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000010-gdo-golf
 
   
Posted at 02:48/ この記事のURL
「足」と「おっぱい」どちらがイケてる? 美脚が武器の5人組『美脚戦隊スレンダー』がCDデビュー / 2010年04月12日(月)
 『爆乳戦隊パイレンジャー』『爆乳三国志』に対抗し、美脚グラドル5人によって結成されたアイドルユニット『美脚戦隊スレンダー』が、1stシングル「パンティーストッキング〜!」の発売記念イベントを11日、秋葉原、石丸ソフト本店で開催した。

 美脚戦隊スレンダーは、緑川静香(レッド)、黒沢美怜(ブルー)、三島ゆかり(グリーン)、美浜紗来(イエロー)、神咲みゆ(ピンク)の5人で、昨年12月に結成されたアイドルユニット。『爆乳戦隊パイレンジャー』『爆乳三国志』『爆乳ヤンキー』『爆乳甲子園』などのセクシー美女軍団に対抗し、“美脚”をキーワードに集められたアイドル集団だ。この日も取材の前に、脚を強調した振付でデビュー曲の「パンティーストッキング〜!」を披露した。

 美脚がウリの5人だが、その武器の磨き方もメンバーそれぞれ。
「いつも仕事場まで全力疾走しています」(イエロー/美浜紗来)
「家から出ないでひきこもることです」(ブルー/黒沢美怜)
「半身浴のときにマッサージをしています」(レッド/緑川静香)
「半身浴と、お風呂から上がった時に脚にボディクリームを塗っています。腕にも塗ってるんですけど」(グリーン/三島ゆかり)
「実際美脚には自信がないので、お風呂上りにイチゴのボディクリームをつけて、ライブ前はイチゴの香水つけてます! 匂いで勝負してます」(ピンク/神咲みゆ)

 シングルのカップリング曲「美脚戦隊スレンダー」に「おっぱいよりも イケている」という歌詞があるように、爆乳アイドルには対抗意識を燃やしているようだが、「上(胸)がないので…下(脚)で頑張ろうと…」と、バスト79センチのレッド・緑川静香は本音を吐露。また、ブルーの黒沢美怜は「Aカップなんですけど、これから大きくなるように『爆乳戦隊パイレンジャー』の手島優ちゃんの胸を揉みしだいてます」といい、グリーン・三島ゆかりは「女の子なので、大きくなりたい願望はあります。スレンダーも実はみんなサイズがバラバラでA〜Eまでいるんです」とコンプレックスを告白するなど、自信満々の爆乳に対してやや旗色が悪い感じに。

 しかし、プロモーションビデオは「何回も何回もラインダンスを踊ったので、脚が後半上がらなくなって、湿布しまくりで…。普段サバサバしてるのに、涙を流しました」(グリーン)というほど気迫のダンスを見せた5人。その甲斐あってか、携帯サイト「レコチョク」に配信された着ムービーが初登場1・2位を独占。4月7日に配信したビデオクリップが初登場1位を記録し、AKB48、アヴリル・ラヴィーンを抑え、1位をキープしているという。

 今後は「アイドル界ではAKB48さんがスゴイので、ヤバイと思われるように頑張りたい」(ピンク)、「戦隊ヒーローとも戦いたい」(グリーン)と意気込むメンバーたち。バスト至上主義のグラドル界に一石を投じる『美脚戦隊スレンダー』の活躍(?)に乞うご期待。

【関連】
身長172cmGカップのスーパーボディ・松本さゆき! 峰不二子が目標も「中身が月とスッポン…」 (10年03月28日)
スレンダーなのに108cmKカップ!春菜はなが月刊シリーズに登場!「初Tバックは食い込み具合がヘンな感じ」 (10年03月07日)
突然現れたバスト95cmの“未完の大器”。春野恵っていったい誰? (09年11月09日)
手島優、助川まりえ、MAOの爆乳ユニットがメジャーデビュー!「落ち込んでるときに触ると癒されます」 (09年10月24日)
クビレすぎるGカップ・杉原杏璃、ウエストサイズの逆サバ読みを告白 (09年07月05日) 4月11日21時3分配信 デビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000006-devi-ent
 
   
Posted at 02:47/ この記事のURL
ネットで露出しないと生き残れない SMAPや嵐「ジャニーズ動画」開始 / 2010年04月12日(月)
 ネット上で露出規制をしていたジャニーズ事務所が、公式サイトで所属タレントの動画配信を始めた。そこでは、SMAPや嵐など看板グループのメッセージ動画が見られるのだ。どんなきっかけで方針転換したのか。

 「嵐で〜〜〜す」。5人固まって、こぶしを振り上げる「嵐」のメンバーたち。櫻井翔さん(28)が「29枚目の嵐シングル出ます!」と宣言し、リーダーの大野智さん(29)がシングル名「Troublemaker」と告げると、メンバーらが「やったー」と叫んで、パチパチと手を叩いた。

■無料なのは冒頭部分だけ

 これは、ジャニーズ事務所の公式サイトで始まった「メッセージ動画」の嵐バージョンだ。

 メッセージ動画のサイトでは、嵐のほか、SMAP、Hey! Say! JUMP、V6、 NEWS、滝沢秀明、近藤真彦といったグループ、タレントの動画がある。ただし、無料なのは冒頭部分だけで、全編は有料会員にならなければ見られない仕組みになっている。このほか、CD、コンサートなどの情報があり、シングルなどのジャケット写真も小さく載っている。

 ジャニーズ事務所は肖像権に厳しく、テレビの番組宣伝サイトでさえ、所属タレントの写真が御法度になっていた。それが最初に変わったのが2008年ごろ。番組サイトでは、タレントの写真を加工したイラストなどが使われるようになった。

 そして、10年に入ると、嵐らも出演したNHK紅白歌合戦の動画がNHKサイトで有料配信された。その後、櫻井さん主演のTBSドラマ「特上カバチ!! 」など民放各局の番組サイトなどでも次々にジャニタレの写真が解禁になった。

 今回のメッセージ動画配信は、ジャニーズ事務所自らも「解禁」し始めた形だ。公式サイトによると、今後は特定の場所で公開していた写真やポスターを紹介したり、インタビューの内容を伝えたりするというのだ。これまでのネット対策を考えると、手のひらを返したようなサービスぶりなのだ。

■「ジャニーズの独占・寡占が崩れている」

 写真・動画解禁の背景には、コピー防止などセキュリティー技術の進歩ももちろんある。しかし、ジャニーズタレントといえども、ネットでも露出しなければ生き残りが厳しくなった事情もあるようだ。

 ジャニタレ出演のドラマは、視聴率が10%を切るものが出るなど低迷も指摘されている。テレビに出過ぎてやや飽きられ、高齢化が進んでいることもあるらしい。それが続けば、出演機会がどんどん減っていくことになる。

 芸能評論家の肥留間正明さんは、こう言う。

  「テレビでは、韓流グループの東方神起のメンバーやNHK『龍馬伝』に出ている若手俳優の佐藤健ら、ジャニタレのライバルがたくさん現れてきました。こうしたライバルたちは、ネット上でも、写真や動画などをどんどん配信して人気が出てきています。ウェブで見せていく時代では、それを無視してはタレントが成り立たなくなっているのですよ」

 いわば、ネット上でも露出の機会を増やさないと生き残れないということだ。

 さらに、広告収入の激減で、テレビ局が高いギャラを払えなくなってきている事情もあると指摘する。

  「テレビ不況で、ギャラの高いジャニタレは使えなくなってきています。最近よく使われる嵐は、ギャラがSMAPの半分という話もあります。ライバルが増えていますので、テレビ局も、かっこいい新人を使おうと考えています。いわば、ジャニーズの独占・寡占が崩れて、芸能プロが競合しているわけです」

 ただ、ジャニーズ事務所が、今後も写真や動画をネット解禁するサービスをどの程度続けるのかはまだ不透明だ。動画の画質が十分でなく写真が小さいほか、公式サイトでは、こんな但し書きが付いている。

  「不正な二次使用や、他の動画配信サイトへの掲載等が発覚した際には、新サービスの提供を停止する可能性があります」


■4月9日20時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000006-jct-ent
 
   
Posted at 02:46/ この記事のURL
ウン・ジウォン20日に挙式 出会いの地ハワイで / 2010年04月12日(月)
【ソウル7日聯合ニュース】歌手のウン・ジウォンさん(32)が、2歳上の初恋の女性と20日に米ハワイで挙式する。所属事務所が7日に明らかにした。ウンさんは先月29日に挙式準備のためすでに出国している。

 挙式は家族と親せきだけを招待する。事務所関係者によると、2人は新婚旅行は特に考えておらず、ハワイでゆっくり過ごす計画だという。番組出演などのスケジュールのため、挙式後はすぐに韓国に戻る。

 新婦となるのは、サッカーのイ・ドングク選手の妻の姉にあたる女性。ウンさんとはハワイにいたころ同じ店でアルバイトした仲で、高校時代のウンさんの初恋相手。

 ウンさんは昨年、5枚目のアルバムをリリースした当時のインタビューで、恋人は年上で自分よりも一歩先を考えている尊敬できる人、友人のようであり母親のようだと紹介。早く子どもをもうけ、結婚してからも恋人同士のように過ごしたいと話していた。



【4月8日12時9分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100408-00000000-yonh-musi
 
   
Posted at 02:44/ この記事のURL
自転車で京都を巡る! 「京の夏の自然を五感で感じる 嵐山・嵯峨野」 / 2010年04月12日(月)
 美しい花々と新緑に彩られた初夏の京都を楽しむためのツアーが、ハイアット リージェンシー 京都に登場。ホテルがある東山地区には、平安時代から室町時代に建立された寺院が数多く並び、その聖域として守られてきた林には豊かな自然が残っている。

【詳細画像または表】

 この風情あふれる京都の魅力を存分に感じてもらおうと、同ホテルが「古都・京都 悠久の四季を五感で感じる」として提案するのが「ウォーキング」や「自転車」で巡る京都だ。

 自転車派向けには、エコスタイルのライドツアーを2008年よりスタート。定期的に開催しており、今年で3周年を迎える。京都の自然や森林、地図に載っていないような小路を走り抜け、知られざる穴場を探検するライドツアーは、クロスバイクだからこそ体験できる醍醐味にあふれている。次回は2010年6月19日(土)に『第2回ライドツアー「京の夏の自然を五感で感じる 嵐山・嵯峨野」』を開催。なお、ツアー参加費の5%を森林に由来するカーボンオフセットに取り組む「more trees(モア・トゥリーズ)」に寄付するそうで、今回は10名参加で6000円が寄付される予定だ。参加費は1人1万2000円。レンタルバイク、保険料、ランチ、RIRAKU スパ アンド フィットネス利用料などを含む。

 ライドツアー以外でも、レンタル自転車が1日1500円で用意されているので、こちらも利用したい。

 また、ウォーキング派には、京都の魅力を知りつくしたコンシェルジュがお薦めするウォーキングコースを記載したマップも用意(無料)。iPhoneアプリ「花ナビ」を使えば、GPS機能で近隣の花情報がわかったり、「マップ+コンパス」で現在地の確認や目的地までの経路案内なども利用できる。iPhoneはレンタルもしており、1泊2日4000円〜(インターネット通信費込み)。

(文/山田真弓=日経トレンディネット)

【4月10日3時32分配信 nikkei TRENDYnet
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100410-00000001-nkbp_tren-ind
 
   
Posted at 02:41/ この記事のURL
拘留中の男性「洗顔中に死亡」不自然な死に“不信感”―中国報道 / 2010年04月12日(月)
 中国ではこのほど、湖北省荊州市公安県の拘置所内で発生した、男性被告人の変死理由を指す言葉「洗瞼死(洗顔死)」が注目されている。

 拘置所内で「謎の死」を遂げた男性は、同県内のスーパーマーケットで自転車を盗んだ罪で同県内の拘置所に拘留中だった。しかし7日午前6時40分、洗面台前で発見され、死亡が確認された。同県の公安、検察当局などは、調査の結果、男性の死を「洗面台に張った水による溺死(できし)」だったとして事故死を強調、他殺の可能性を否定した。同被告人の遺体は8日午後、遺族の“意思”で火葬された。

 しかし、多くのメディアは、死亡理由の不自然さや、遺体を早々に火葬処分したこと、拘置所内での同被告への暴行疑惑、当局から遺族に支給されたとうわさされる金銭譲渡などから、当局の発表した「洗顔死」に、疑いの目を向けている。中国検索サイト大手の百度も、同事件を示す「洗瞼死(洗顔死)」をキーワードに挙げるなど、世間の関心が高まっている様子を伝えている。

 人民網では、中国でこれまでに発表された「白湯(さゆ)を飲んで死亡」、「悪夢を見て死亡」、「寝相が悪すぎて死亡」など、拘置所などの施設内での“変死”事例を挙げ、「一体、死因をいくつ“発明”するつもりだ?」などと関係当局の対応を痛烈に批判。また、今回の「洗顔死」についても、同様に疑問視する姿勢を示した。

 また、新浪網などでも、「洗顔は危険、一人で行うなかれ」と、事件をやゆする記事を掲載。男性の死因には納得できないながらも、「遺族の“意思”を尊重して『洗顔死』の再発防止に努めるべき」などと、当局の対応を皮肉った。(編集担当:金田知子)

【4月11日19時32分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000011-scn-cn
 
   
Posted at 02:40/ この記事のURL
土地購入者ゼロで市が15%値下げ 分譲条件も緩和 / 2010年04月12日(月)
 福知山市は、戸田地区で分譲中の宅地22区画の価格を4月から約15%下げた。農業とのかかわりが必要としていた一部の分譲条件も緩和しており、実質上は誰でも購入できるようになった。14日まで申し込みを募り、重複した場合は19日に抽選する。

 由良川改修事業に伴う戸田地区の集落移転先用地として造成した分譲地で、移転が落ち着いた08年11月から一般向けに販売している。
 
 市街化調整区域で、原則として農家しか家を建てることが出来ないが、購買層の広がりを狙い、農業に興味がある人や就農希望者でも良いとして広く募った。しかし、反応は鈍く、加えて昨年12月まで抵当権の設定が出来なかったことも購買意欲を抑え、3月末までに1区画も売れていない。
 
 市は、分譲地を含む市営土地改良事業地区の遷喬地区が、09年度農業農村整備事業優良地区コンクールで農林水産省農村振興局長賞をこのほど受けたことを追い風に、価格の見直しと条件緩和で売却促進を図る。
 
 農業にかかわりがない人が購入する場合の「地元の農事組合法人遷喬ふぁーむの準構成員になる」との条件は変わらないが、これまであった農業体験や草引きをするなどの加入要件がなくなっている。市農林管理課は「準構成員になったから何かをしなければいけないということではなく、一帯が農業地域ということを理解していただき、周囲の生活から逸脱しない限りはどなたでも申し込みいただけます」としている。
 
 宅地は約220平方メートル(約620万円)−約660平方メートル(約1850万円)。
 
 市街化調整区域のため建築物の高さ制限などの注意点がある。募集期間終了後に残区画がある場合は先着順で受け付ける。 4月11日16時15分配信 両丹日日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100411-00000302-rtn-l26
 
   
Posted at 02:38/ この記事のURL
ロックオン、「アドエビス」と「Salesforce」のマッシュアップサービス「EBiSforce」リリース / 2010年04月12日(月)
 広告効果測定サービス「アドエビス」とオンデマンドCRM「Salesforce」を組み合わせた「EBiSforce」では、Salesforceが保有する顧客情報に、アドエビスが保有するユーザーが経由してきたインターネット広告情報を自動的に取り込むことができる。これによって、ウェブでの見込み顧客獲得後の営業活動で発生する「収益獲得に必要な広告コスト」を適正に評価・分析することが可能になる。

 「EBiSforce」の利用には、事前に「アドエビス」と「Salesforce」の利用が必要になる。利用料金はアドエビスおよびSalesforceの月額利用料とは別に、利用料金として月額3万円が必要となる。

【4月9日12時45分配信 MarkeZine
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100409-00000003-sh_mar-sci
 
   
Posted at 02:36/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!